search

close

九州地方には、豊かな自然を肌で感じられるスポットがたくさん!

今回は ittaライターの旅のしおりから、九州地方のドライブにおすすめなスポットをピックアップしました! 気になる場所があれば写真下のリンクから、実際にその地を訪れたittaライターの旅のしおりもチェックしてみてくださいね。


※お出かけの際は各自治体や施設の公式サイトにて、新型コロナウイルスに関する最新情報をご確認ください。また、こまめな手洗いや咳エチケットの徹底など、引き続き感染症対策を心がけましょう。




桜井二見ヶ浦(福岡)

写真:「美しい自然と海の幸がいっぱい! 福岡旅行で寄るべき『糸島』の魅力」(ライター:ひかる)より

福岡県の「糸島」は、海辺の景色を楽しみながらドライブするのにぴったりな注目エリア。なかでも「桜井二見ヶ浦」は、夫婦岩と白い鳥居が織りなす神秘的な風景が見られることで人気のスポットです。「日本の夕陽百選」にも選ばれており、美しいサンセットを見に多くの観光客が訪れます。


写真:「【福岡】写真を撮りたくなるスポット多数! 糸島ドライブ」(ライター:saya)より

二見ヶ浦にあるカフェ「Beach Cafe SUNSET(ビーチカフェサンセット)」も人気のスポット! 開放的なテラス席で、目の前に広がる海を眺めながら贅沢なひとときを過ごしてみては。




ヤシの木ブランコ(福岡)

写真:「【福岡】写真を撮りたくなるスポット多数! 糸島ドライブ」(ライター:saya)より

南国風の映える写真を撮りたいならココ! 2本のヤシの木を利用して作られたこのブランコは、海鮮料理のお店「ざうお 糸島本店」の敷地内にあります。砂浜でのバーベキューも楽しめますよ。ぜひ食事も兼ねて訪れてみてください。




虹の松原(佐賀)

写真:「日本の絶対領域・佐賀をめぐる旅路 〜虹の松原編〜」(ライター:numata)より

佐賀県の唐津湾沿岸に虹の弧のように広がる「虹の松原」は、国の特別名勝に指定されている景勝地。三保松原(静岡)・気比の松原(福井)とともに、日本三大松原に数えられています。鏡山の山頂にある「鏡山展望台」からは、美しい虹の松原を一望できますよ。




七ツ釜(佐賀)

写真:「佐賀をめぐる旅路 ~天然記念物・七ツ釜編~」(ライター:numata)より

佐賀県北部の海岸にある「七ツ釜」は、玄界灘の荒波にさらされ浸食されてできた景勝地。遊覧船に乗って海から観察することもできますが、陸から観察するなら、玄海国定公園「七ツ釜園地」の展望台へ。自然が作り上げた迫力の造形美を、間近で見ることができます!




九十九島(長崎)

写真:「【長崎】隠れたハートを探そう! デートにもおすすめのスポットはココ!」(ライター:baya)より

長崎県の佐世保〜平戸の間の海域には200以上の島々が浮かんでおり、「九十九島(くじゅうくしま)」と呼ばれています。島の密度は日本一と言われているのだそう! 展望所から美しい自然景観が楽しめるほか、「九十九島パールシーリゾート」から出ている遊覧船に乗って間近で眺めることもできますよ。




稲佐山(長崎)

写真:「インスタ女子必見!長崎のフォトジェニックスポットを巡る旅」(ライター:ちゃんりさ)より

「稲佐山」は長崎市のランドマーク的存在。標高333メートルの山頂からの景色は市街を望む360度パノラマで、晴れた日の昼間には、雲仙、天草、五島列島まで眺めることができます。ロマンチックな夜景スポットとしても大人気!




雲仙地獄(長崎)

写真:「【長崎】雲仙方面へドライブ! 立ち寄りたいおすすめスポット」(ライター:ひかる)より

長崎県の「雲仙地獄(うんぜんじごく)」は、あちこちからモクモクと湯けむりが立ち、まさに地獄を連想させる光景! 足を置くと地熱を感じることができる「雲仙地獄足蒸し」などで、自然の神秘を体感することができます。




鍋ヶ滝(熊本)

写真:「【熊本】ノスタルジックな温泉街と、絶景スポット『鍋ヶ滝』を楽しむ旅」(ライター:baya)より

熊本県阿蘇郡小国町の「鍋ヶ滝(なべがたき)」は、CMのロケ地となったことでも有名なスポット。裏側にまわって間近で眺めることができる珍しい滝で、カーテンのように流れ落ちる水に癒されること間違いなし!




大観峰(熊本)

写真:「【熊本】阿蘇の自然を感じる旅! カメラを持って行きたいおすすめスポット5選」(ライター:baya)より

阿蘇北外輪山の最高峰である「大観峰(だいかんぼう)」は、ドライブやツーリングで人気の絶景スポット。標高936mにある展望所からは、360度の大パノラマを楽しむことができます!




上色見熊野座神社(熊本)

写真:「【熊本】阿蘇の自然を感じる旅! カメラを持って行きたいおすすめスポット5選」(ライター:baya)より

熊本県阿蘇郡高森町の「上色見熊野座神社(かみしきみくまのいますじんじゃ)」は、合格・必勝のご利益があるとされているパワースポット。まるで異世界への入り口のような雰囲気が話題となっています。緑豊かな境内は、歩いているだけでリフレッシュできそう。




白川水源(熊本)

写真:「【熊本】阿蘇の自然を感じる旅! カメラを持って行きたいおすすめスポット5選」(ライター:baya)より

湧水地が豊富にある南阿蘇。「白川水源(しらかわすいげん)」は、熊本市内を流れる一級河川「白川」の最上流部に位置する水源で、環境庁の名水百選にも選ばれています。水源の水は持ち帰ることも可能です。




九重“夢”大吊橋(大分)

写真:「1泊2日で『大分』を大満喫! 女子旅で訪れたスポット」(ライター:baya)より

大分県「九重“夢”大吊橋」は、長さ390m・高さ173mの日本一高い歩行者専用吊橋。吊り橋の上からは、日本の滝百選にも選ばれた震動の滝や、鳴子川渓谷の原生林、くじゅう連山といった雄大な自然を、360度の大パノラマで楽しめます。四季を通じてさまざまな景色が楽しめますが、山々が燃えるように色づく紅葉シーズンは特に多くの人で賑わいますよ。




かまど地獄(大分)

写真:「おんせん県大分! 6種類の地獄がいっぺんに見られる『かまど地獄』」(ライター:オルカ)より

大分県別府市には、噴気や熱泥が噴出している温泉の噴気口「地獄」が点在しており、それらを巡る「地獄めぐり」は定番の観光コース。時間の都合上どこか一箇所に絞って立ち寄りたいときは、短時間でいっぺんに6つの地獄が見られる「かまど地獄」がおすすめです。別府I.C.より車で約5分、無料駐車場があります。




高千穂峡(宮崎)

写真:「【宮崎】絶景スポット7カ所を巡る、2泊3日欲張り旅プラン」(ライター:suminofu)より

宮崎県の「高千穂峡」は、阿蘇火山活動で噴出した火砕流が急激に冷却されてできた峡谷。平均80mの断崖が7kmにわたって続く、国の名勝地です。見どころの一つ、日本の滝百選にも選ばれた名瀑「真名井の滝」は、貸しボートに乗って間近で見上げれば迫力満点!




天安河原(宮崎)

写真:「【高千穂】神秘のパワーを求めて、神の住む街 高千穂へ」(ライター:BLUE)より

天岩戸伝説で、天照大神が姿を隠した際に八百万の神々が集まって神議されたと伝えられる、宮崎県の「天安河原(あまのやすかわら)」。天岩戸神社駐車場に車をとめて10分ほど歩くと、間口40m、奥行き30mの大きな洞窟が見えてきます。滑りやすいところがありますので、靴は歩きやすいものがおすすめです。




日向岬・馬ヶ背(宮崎)

写真:「【宮崎】サーフタウン日向へ日帰り一人旅!現地のタクシー運転手さんと巡った観光スポット5つ」(ライター:オルカ)より

宮崎県北部の日豊海岸は、複雑で美しいリアス海岸が連なる絶景スポット。なかでも、高さ70メートルの柱状節理の絶壁「馬ヶ背」は圧巻の光景です。馬ヶ背へは、日向I.C.から車で約15分。駐車場から10分ほど歩きます。


写真:「【宮崎】サーフタウン日向へ日帰り一人旅!現地のタクシー運転手さんと巡った観光スポット5つ」(ライター:オルカ)より

馬ヶ背の展望スポットからさらに3分ほど歩いて進んだ先には、雄大な自然を360度見渡せる「日向岬展望台」があり、地平線まで続く真っ青な太平洋とリアス海岸の眺望を楽しめます。




クルスの海(宮崎)

写真:「【宮崎】絶景スポット7カ所を巡る、2泊3日欲張り旅プラン」(ライター:suminofu)より

馬ヶ背から車で約3分の「クルスの海」は、変わった形の岩礁が見られる絶景スポット。「クルス」とはポルトガル語で「十字」という意味で、波によって侵食された岩礁が十字の海を形づくっていることから、その名がついたのだそう。近くにある岩場と合わせると「叶」という文字にも見えることから、「願いが叶うクルスの海」ともいわれています。




青島神社(宮崎)

写真:「【宮崎】絶景スポット7カ所を巡る、2泊3日欲張り旅プラン」(ライター:suminofu)より

周囲1.5kmの小さな島全体が境内となっている「青島神社」へは、宮崎I.C.から車で約15分の青島参道入口から、歩いて10分ほど。車では入ることができないので、参道入口周辺の駐車場を利用しましょう。島に生い茂る亜熱帯植物や、南国らしい青い空と海に、真っ赤な鳥居がよく映えます。「鬼の洗濯岩」と呼ばれる奇岩の景色も必見!




鵜戸神宮(宮崎)

写真:「【宮崎】絶景スポット7カ所を巡る、2泊3日欲張り旅プラン」(ライター:suminofu)より

青島神社から車で約1時間の「鵜戸神宮」は、日向灘に面した洞窟の中に、朱塗りの色あざやかな本殿が鎮座する神社。神社の周囲をとりまく自然の美しさは、まさに絶景です。

青島神社や鵜戸神宮の近くを走る「日南フェニックスロード」には、数多くのヤシの木が植えられており、ドライブしながらリゾート気分を味わうことができます。




えびの高原(宮崎)

写真:「【宮崎】絶景スポット7カ所を巡る、2泊3日欲張り旅プラン」(ライター:suminofu)より

「えびの高原」は、宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島錦江湾国立公園内に位置する、標高約1,200mの高原。大小20以上の火山や美しい火山湖など、火山地帯ならではのダイナミックな景観が見られます。




以上、ittaライターの旅のしおりから、九州のドライブスポットをご紹介しました!
車でお出かけする際にはぜひ立ち寄って、自然を満喫してみてください。

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり