search

close

福岡といえば、もつ鍋や明太子、ラーメンと、おしいものがたくさん揃ったグルメな街。「自然を楽しめる場所」というイメージはあまりないかもしれませんが、美しい自然を満喫できるエリアもあるんです!

今回は、豊かな自然に恵まれた人気観光地「糸島」の、思わず写真を撮りたくなるスポットをご紹介します! また旅行を楽しめる状況になったらぜひ行ってみてください。



糸島へのアクセス方法

「糸島」は半島を含む市の名前で、離島ではありません。福岡市と陸続きになっていて、電車や車で訪れることができます。

福岡空港から向かう場合も、JR筑肥線で約45分、車で約40分と好アクセス。糸島内の観光スポットはレンタカーで巡ると便利ですよ!




#ヤシの木ブランコ

糸島には、フォトジェニックなスポットがたくさんあります。なかでも特に人気なのが、「ざうお糸島本店」の敷地内にある「ヤシの木ブランコ」。砂浜に生えた2本の大きなヤシの木にブランコが掛かっており、南国ムードが漂っています。


ヤシの木ブランコのそばには、他のブランコや大きなすべり台もあり、開放的な海を眺めながら身体を動かして遊ぶことができます。お腹が空いたら「ざうお糸島本店」で海鮮料理を楽しむのもいいですね。夏はBBQもできるようです!




#桜井二見ヶ浦

“日本の渚百選”に選定されている「桜井二見ヶ浦」は、サンセットの美しい糸島の代表的な景勝地。櫻井神社の宇良宮として、神様が祀られている神聖な場所でもあります。

透明度抜群の海にそびえるのは、縁結びのパワースポットとしても人気の夫婦岩。美しい白い鳥居と夫婦岩を背に、記念写真を撮る人々で賑わっていますよ!




#ビーチカフェサンセット

桜井二見ヶ浦から徒歩約10分のとこにある「Beach Cafe SUNSET」は、リゾート感満載のおしゃれなカフェ。道路を挟んだ向かい側には、こちらのカフェが所有する可愛らしい木の小屋が建っています。

小屋の窓からは青い空と青い海が覗いており、手前のベンチに腰かければ、こんなに素敵な写真を撮ることができるんです! 夕日の時間帯に訪れるのもよさそうですね。




#ジハングン

「Beach Cafe SUNSET」からさらに北へと海岸線を進んで行くと、駐車場の中にオブジェが点在する「#ジハングン」というフォトスポットがあります。

自動販売機に似せたオブジェや、女性の顔の形がくり抜かれた巨大な板、ハートの型をしたフレーム、流木のアーチなど、さまざまなアート作品があり、たくさん写真を撮って楽しめるのが魅力! 巨大な黄色いブランコは、遠くからでもよく見えますよ。




#ロンドンバスカフェ

野北海岸沿いの道「サンセットロード」にある「ロンドンバスカフェ」は、フォトスポットとしても人気なジェラート屋さん。真っ青な空と海に、クラシカルな赤いバスがよく映えています。

種類豊富なジェラートは、とってもおいしくてオススメ! バスの2階はイートインスペースになっているので、美しい海を眺めながら味わいましょう。




#ロイターマーケット

ジェラート好きなら、糸島市芥屋(けや)にある「Loiter Market」もおすすめ。キャンピングカーが店舗になっており、とってもおしゃれです!

こちらでいただけるのは、オーガニックを中心とした旬の食材を使っているジェラート。季節によって変わるメニューから好きなフレーバーを選び、優しい味わいを堪能できますよ!




#菜の花畑

糸島の魅力は、海辺のドライブだけじゃありません! 市の南西側にある「福ふくの里」は、新鮮な農産物・海産物が揃う直売所。毎年2月下旬〜3月下旬頃になると、「福ふくの里」の目の前には菜の花畑が広がります。穴場の絶景スポットなので、季節が合えばぜひ立ち寄ってみてください!




フォトジェニックなスポットが点在する「糸島」は、福岡旅行の際にぜひ訪れてほしいエリア。美しい自然に囲まれて、リゾート気分を味わうこともできます。事前にSNSでいいカメラアングルやポーズを調べておくと、いっそう楽しめるかもしれませんね!


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり