search

close
2018-08-18

【山梨】勝沼ワイナリー巡りならココは外せない! 景色も楽しめる「シャトー・メルシャン」

見渡す限り葡萄畑が広がる山梨県甲州市「勝沼ぶどう郷駅」周辺は、日本有数のワインの産地。多数のワイナリーが点在しており、徒歩やタクシーでワイナリー巡りが楽しめます。

新宿から直通バスなら片道1時間半ほど(1,650円)と、都内からの日帰り旅にもぴったり!

そんな勝沼でワイナリー巡りをするならぜひ寄りたい、「シャトー・メルシャン」のワインギャラリーをご紹介します!




ランチにもおすすめ!「シャトー・メルシャン ワインギャラリー」

「シャトー・メルシャン」は、日本ワインの原点とも言えるブランド。1877年に誕生した日本初の民間ワイン会社「大日本山梨葡萄酒会社」をルーツに持つ、長い歴史のあるブランドなんです。

今回訪れたのはワイナリーではなく、ショップやカフェのある「ワインギャラリー」。アクセスは、勝沼ぶどう郷駅やJR塩山駅からタクシーで10分ほど。(私は他のワイナリーから歩いて向かいました!)

▲ 入り口からもう素敵。

▲ カフェではワインに合うフードメニューが揃っています。

ワインのテイスティングだけでなく、軽めのおつまみからがっつりパスタまでフードメニューが充実しているので、ランチに訪れるのもおすすめ。

友人と「ベーコン薫る 和風しょうゆパスタ(フランスパン付き・1,200円)」と「3種のお肉盛り合わせ(1,000円)」をシェアしました。ワインによく合う!




まるで貴族! 素敵なお庭でワインを

シャトー・メルシャン ワインギャラリーの魅力は何と言っても、この広々とした素敵なお庭でワインがいただけること! 貴族みたいじゃないですか??笑

この日は猛暑だったため、冷房の効いた室内で。お庭で優雅なひとときを過ごすなら、もう少し涼しくなってからが良さそうです!

上の写真は、「シャトー・メルシャン ワイナリー限定品セット(700円)」。生産数が少なく、ここだけで販売されている限定品が3種類セットになっています。
他にも、ワインコンクールで受賞したワインがセットになったものや、シャトー・メルシャンの代表銘柄がセットになったものなど、ワイン初心者でも注文しやすいセットメニューが用意されていますよ!

お庭には、見本ぶどう園もあります。
ツアー以外では立ち入りが禁止ですが、背景の山々も美しく、眺めているだけでものどかな雰囲気が楽しめました。




「ワイン資料館」も覗いてみて!

カフェとショップの向かいにある立派な建物は、シャトー・メルシャンの「ワイン資料館」。山梨県の指定有形文化財に登録されている「旧宮崎第二醸造所」(明治37年築)が、日本ワイン黎明期の歴史を伝える資料館として残されています。

“資料館” っていう響きだけでつまらなそうだな〜と思ってしまったのですが、入ってみるとなかなか見ごたえがあって面白い場所でした!

映画に出てきそうな地下セラーや、ワイン造りに使われてきた道具、“現存する日本最古のワイン” も展示されています。ワインギャラリーを訪れたら、ぜひ資料館も見学してみてくださいね!


ワイン造りについてもっと深く知りたい!という方は、ワイナリーツアー(※要予約)も開催されていますので、シャトー・メルシャン公式サイトから詳細をチェックしてください。

次の休日は、勝沼で優雅なひとときを過ごしてみませんか?



*関連記事

>>【山梨】東京から日帰りで、勝沼ワイナリー巡りの旅! バスでのんびり行こう。(ライター:nak)

>> 駅ナカの観光案内所にワインサーバー!? 地元産ワインが「ちょい飲み」できる石和温泉駅(ライター:ちゃんちか)


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり