search

close

渋谷駅から徒歩10分、センター街を抜けた先は「奥渋谷(おくしぶ)」と呼ばれるエリア。
おくしぶは、109やスクランブル交差点などいわゆる渋谷の中心とは打って変わって、静かで落ち着いた雰囲気です。おしゃれなカフェやショップが多く、大人がふらっとランチしたり、散策したりするのにぴったりなエリア。

そんなおくしぶに、メニューがかつ丼だけの絶品かつ丼専門店があると聞いたので、行ってきました!



おくしぶの絶品かつ丼店「かつどん屋 瑞兆」

「かつどん屋 瑞兆」があるのは、おくしぶエリアの「パピエビル」という雑居ビルの1階。とても飲食店が入っているとは思えないようなビルなので、地図アプリを見ながら行くことをオススメします。私も地図を見ながら行ったのですが、それでも入口がわからずに店の近くをうろうろしてしまいました...。

「アベマタワーズ」という高層ビルの近くにあるので、まずはアベマタワーズを目指して歩くのがいいかも。


土曜の19時前に訪れたらすでに2組並んでいたので、お店の前の丸椅子で待ちました(平日は18時まで、日・祝は休み)。

人気店なので待つことはあると思いますが、談笑したりして長居するような雰囲気のお店ではなく、美味しいかつ丼を食べたらササっと帰るというお客さんが多いので、回転は非常にいいです。10分ほど待ったら店内に案内されました。


席はカウンターのみで8席ほど。こぢんまりとしたお店で、隠れ家って感じです。
洗練された感じがひしひしと伝ってきて、かつ丼への期待が膨らみます。



メニューはかつ丼だけ!

メニューは「かつ丼(税込 1,000円)」だけ!(ビールはあります)
席に着くとすぐにご飯の量を聞かれます。ご飯の量は “少なめ”、“並盛り”、“大盛り”の3段階。少なめでも大盛りでも値段は同じなので、私は迷わず大盛りを注文しました!

私は知らなかったのですが、あとあと調べてみたら、プラス100円で「玉子W(玉子の量が2倍)」にもできるみたいです。ご飯が大盛りだと、通常の玉子の量だとちょっと少なく感じたので、大盛りを注文する方はぜひ玉子Wにしてみてください!



ついに絶品かつ丼とご対面...!

普通のかつ丼とは一味違う、瑞兆のかつ丼。

半熟気味に焼いた玉子の上にサクサクのカツがのっけられ、最後にタレがたっぷりかけられています。出汁でカツを煮ていないので、衣のサクサク感が残っていて美味しい...!口に入れた瞬間にとても幸せな気分になりました。


▲ 一緒に行った知人が注文したご飯の量少なめのかつ丼。玉子とのバランスがいい感じ。

かつは脂身が少なめの豚ロースを使っているので、脂っこくなくペロッと食べることができます。タレは甘めの醤油ダレで、クセになります!醤油ダレだけでご飯が食べられそうなくらい美味しい。



私が人生の中で食べたかつ丼で、間違いなく一番美味しいかつ丼でした。
渋谷にきたらぜひ、瑞兆のかつ丼を食べてみてください!



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり