search

close


都心からのアクセスも良い神奈川県には、手軽にプチリゾート気分を味わえるホテルが多数!

今回は、私がこれまでに宿泊した、神奈川県内の屋外プール付きホテルを3軒ご紹介します。

少しずつ涼しくなってきましたが、この記事でご紹介する場所は水温が調整されていたりサウナが併設されていたりするので、これからの季節もまだまだ楽しめると思います。



大磯プリンスホテル

「大磯プリンスホテル」のスパ施設「THERMAL SPA S.WAVE」では、インフィニティープールやジェットバス、サウナ、温泉などが楽しめます。

ホテルに併設されているプール施設「大磯ロングビーチ」は夏の間多くの子どもたちで賑わいますが、「THERMAL SPA S.WAVE」の4階スパフロアは中学生未満利用不可となっており、静かで落ち着いた大人の空間。


インフィニティープールの水温は季節に合わせて調整されていて、夏以外でも利用できます。

まるで海に浮かんでいるような感覚を楽しみながら、のんびりリラックス。

アーリーチェックイン可能なプランで宿泊予約し、さらに会員特典を使ってレイトチェックアウトにしてもらい、人が少ない時間帯のプールを贅沢に楽しみました!




葉山ホテル音羽ノ森

「葉山ホテル音羽ノ森」の宿泊客限定で利用できる「SPA Blue Lagoon」。(小さめで、“プール”と呼んで良いのか分かりませんが、海に面したロケーションが素敵だったので紹介させてください。)

お湯は、二股ラジウム温泉の効果・効能を継承した人工温泉を採用しているのだそう。

夏に利用した際の水温は、一般的な温泉よりはぬるくプールよりは温かい、といった感じ。出てしばらくしてから、体がポカポカしているように感じました。


この日は貸し切り状態で利用することができ、プライベート感たっぷり。

サンセットタイムの絶景を贅沢に堪能できました。


こちらのホテルは、客室のバルコニーでいただく朝食も満足度が高かったです。

>> 近場でリゾート気分を。バルコニーでの朝食が最高な「葉山ホテル音羽ノ森」宿泊記




8HOTEL CHIGASAKI

「8HOTEL CHIGASAKI(エイトホテル茅ヶ崎)」は、今年7月にオープンしたばかりのカジュアルなホテル。

客室内はいたってシンプルですが、外観やプールがまるで海外のブティックホテルのようなお洒落さ!

夜はプールがライトアップされ、非日常的な空間が楽しめます。


プールの水温は冷たく、プール単体ではなくサウナとセットで楽しむのがおすすめ!

サウナ → シャワーで汗を流す → プール → プールサイドで外気浴 → サウナ... の繰り返しで、身も心もすっきりしました。




まとめ

実際に泊まって良かった、神奈川県内のプール付きホテル3軒をご紹介しました。

今は海外旅行が楽しめない分、近場で非日常的なホテルステイを楽しんでみてはいかがでしょう。

※予約前・宿泊前に、新型コロナウイルス感染拡大防止のための注意事項など、最新情報を公式サイトにてご確認ください。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり