search

close

2020年夏、渋谷の宮下公園跡地に「MIYASHITA PARK(ミヤシタパーク)」が誕生! 実際に行ってきたので、ミヤシタパーク内の注目カフェなどをご紹介します。



「MIYASHITA PARK(ミヤシタパーク)」とは

1953年の開設以来多くの人々に親しまれてきた、東京都渋谷区の「宮下公園」。2020年夏には、

・公園「渋谷区立宮下公園」
・商業施設「RAYARD MIYASHITA PARK」
・ホテル「sequence MIYASHITA PARK」

が一体となった新しい形の施設「MIYASHITA PARK(ミヤシタパーク)」として生まれ変わりました。 ファッションブランドや飲食店など約90店舗が出店しており、公園としての利用だけでなくさまざまな楽しみ方ができます。


ミヤシタパークは新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮して開業を延期し、2020年7月28日から段階的にオープン。混雑を避けるためオープン当初は事前予約制での入場となっていましたが、現在は事前予約不要で入場できます。マスク着用や出入口での消毒を忘れずに。




注目カフェ「パンとエスプレッソとまちあわせ」

まずは、気になっていたカフェへ。

表参道の人気ベーカリーカフェ「パンとエスプレッソと」の、のれん分けとなる新店舗「パンとエスプレッソと まちあわせ」がミヤシタパーク(South 2階)にオープンしています! 出入口に面したお店で、店名の通り “まちあわせ” スポットにも良さそう。


「パンとエスプレッソと まちあわせ」では、こだわりの卵料理や、大人気のオリジナル食パン「ムー」を使ったメニューが楽しめます。

写真は「ムーのクロックマダム」(税込 750円)。とろとろの卵がたまらない...!

朝にはお得な「モーニングセット」、夜には「パンと日本酒のペアリング」や札幌発祥の文化である「シメパフェ」なども楽しめるようなので、いろいろな時間帯に来てみたくなります。




日本限定・青いスムージーも!「Jamba」

「パンとエスプレッソと まちあわせ」と同じフロア(South 2階)にある、スムージーの人気店「Jamba(ジャンバ)」。 1990年にカリフォルニアで創業したスムージー・ジュース専門店で、世界中に870店舗以上を展開しています。今回が日本初出店!

メニューは、アメリカで人気No.1のスムージー「マンゴー・ア・ゴーゴー」や、タンパク質豊富なスムージー「ピービー・バナナプロテイン」など、気になるものばかり。


この日選んだのは、日本限定のオリジナルスムージー「ソライロ・コージー」(S 550円+税)。パッションフルーツベースで、塩こうじがアクセントになった甘じょっぱいスムージーです。

ちなみに「Jamba」のスムージーは、人工甘味料や合成着色料不使用。この青色は、食用品天然着色料“スピルリナ・ブルー”の色なのだそう。




芝生でのんびり過ごしたい。新しい「宮下公園」

ミヤシタパークの屋上(4階)は、新しい姿へと生まれ変わった「渋谷区立宮下公園」。

こちらにはスターバックスコーヒーの新店舗もあります! 珍しい真っ白なデザインで、爽やかな印象。


館内でフードやドリンクをテイクアウトして、芝生でのんびり過ごすのも良いですね。




オープンエアのテラス席で乾杯!「渋谷横丁」

ミヤシタパークの1階部分には、昭和レトロな雰囲気の「渋谷横丁」がオープン! 全国各地のご当地グルメや純喫茶など19店舗が集結しているとのこと。


席数は店内に1,200席、屋外に300席ほど設けられています。この時期、風通しの良いテラス席は重宝されそうですね。




ご紹介したほかにも、お洒落なショップの数々や、キットカット作りを体験できる「キットカット ショコラトリー」、アートギャラリーやミュージックバーとして楽しめる「or(オア)」など、気になるお店が多数!

カフェや飲食店はテイクアウトメニューも取り扱っているお店が多く、屋上の公園でのピクニックにもおすすめです。お天気の良い日にぜひ足を運んでみてください。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり