search

close
2018-06-14

【静岡】三島へ日帰りトリップ! 富士山の水が湧き出る「柿田川公園」って?


街中でも川のせせらぎが聞こえる “水の都”、静岡県三島市。至る所で涼を感じられ、これからの暑い季節にうってつけの旅先です。

今回は三島駅からバスで13分の、“富士山の水が湧き出る公園” をご紹介します。




アクセス

車や高速バスという選択肢もありますが、東京や横浜から最速で三島へ行く方法は新幹線(ひかり・こだま)。東京駅→三島駅は片道45〜55分、料金は自由席4,000円です。

三島駅から “富士山の水が湧き出る公園” へのバスは、三島駅南口バスターミナルの4番乗り場から出ています。沼津箱根登山東海バス 沼商・藤井原行き(サントムーン経由)に乗車し、「柿田川湧水公園前」下車。バス停から徒歩約1分で公園に着きます。

ちなみに、三島スカイウォークなど他の観光スポットへもバスで行く場合は、東海バスの「みしまるきっぷ」の購入がおすすめ! 大人900円、子供450円で指定区間内路線バスが1日乗り放題になります。三島駅〜三島スカイウォークを1往復するだけで元が取れますよ!

>> 乗車券類のご案内(東海バス公式サイト)




富士山の水が湧き出る?「柿田川湧水群」とは

こちらが、富士山の水が湧き出る公園「柿田川公園」の入り口。

富士山周辺の地域には、水の湧き出る場所が何箇所かあります。富士山など上流に降った雪や雨が土壌に染み込み、地下水となって流下し、湧き水となって地表に現れるんだそう。

その中で最も水量が多いのがこの場所で、「柿田川湧水群(かきたがわゆうすいぐん)」と呼ばれています。柿田川湧水群には、1日におよそ100万トンもの水が湧き出るのだとか! 水質も非常に良く、名水百選に選定されています。

この柿田川湧水群の周辺が「柿田川公園」として整備され、人々の憩いの場になっているのです。




川の始まりが見られる「第一展望台」

国道1号のすぐ横とは思えないほど、自然いっぱいの公園内。まずは、第一展望台へ向かいましょう!

第一展望台からの眺め。
ここが柿田川の最上流、つまり “川の始まり” の地点です。(そういえば、川の始点って今まで見たことがなかったかも・・・!)

上の写真左側をご覧ください。川底の色が少し違う場所が分かるでしょうか?
これが「湧き間」と言って、地下水が湧き出ている場所。この第一展望台から見渡せる範囲に、大小数十箇所もの湧き間があるそう!

こちらは、ひょうたんのような形の湧き間。

まるで生き物が水中で息を吐いているように、川底の砂を舞い上げながらゴポゴポと水が湧き出ています。

ここを訪れるまでてっきり、湧き水はチョロチョロと流れ出てくるものだと思っていました。こんなにも勢いよく湧き出ているとは・・・!




神秘的なコバルトブルー!「第二展望台」

続いて第二展望台へ。
こちらでは、かつて紡織工場が井戸として使用していた跡を見ることができます。

下を覗いて、想像以上の美しさにびっくり!
綺麗なコバルトブルーの水の底から、絶え間なく水が湧き出てくる様子がはっきりと分かります。こちらの湧き水は飲料水として利用されるため、コインなどを投げ入れるのは禁止されているようです。

水の流れる音に耳を澄ませながら、ぼーっと眺めているだけで癒されるスポットでした。




公園内には他にも、湧き水の中で水遊びができる広場や、「とうふアイスクリーム」が食べられるお店、湧き水を汲んで持ち帰ることのできる「水汲み場」もあります。

綺麗な水が湧き出る自然いっぱいの公園へ行けば、都会の喧騒を忘れてリフレッシュできること間違いなし!





あわせて寄りたい、周辺のおすすめスポット

「柿田川公園」へ行くならココも見逃せない! 定番スポットや必ず食べたい三島グルメをご紹介します。


● 源兵衛川

新幹線の停まる三島駅から、徒歩わずか5分。ホタルの棲む美しい川「源兵衛川」が流れています。川の中には飛び石や木で作られた道があり、冷たい水にときどき足をつけながら散策できるのが魅力。お子さん連れでのお出かけにも良さそうです。



● 三島スカイウォーク

2015年にオープンした、日本一長い歩行者用吊り橋「三島スカイウォーク」。富士山や駿河湾の絶景を眺めながら、空中散歩を楽しめます。お土産ショップ「スカイガーデン」は、天井が色とりどりの花で埋め尽くされていてフォトジェニックでした。ぜひそちらも寄ってみてください。



● みしまコロッケ

三島には複数の “みしまコロッケ認定店” があります。「みしまコロッケ」とは、三島特産のメークイン「三島馬鈴薯」を使用して作られたコロッケで、三島馬鈴薯以外の具はそれぞれのお店の自由! そのため、お店によって様々な味が楽しめます。
おすすめは「セルコバーガー」というハンバーガーショップの、イカのゲソ入り「いかくんコロッケ」(120円)!



● うなぎ

三島グルメと言えば、やっぱり「うなぎ」! 三島の綺麗な湧き水にうなぎをさらすことによって臭みが消え、美味しいうなぎが出来上がるんだそう。
写真は、三島駅から徒歩3分の「むさし」でいただいたうな重。うなぎはもちろん、他の海鮮料理も美味しいと評判のお店です。




豊富な湧き水に恵まれ、自然もグルメも楽しめる三島エリア。歩いて見つけた気になるスポットが多数あるので、近いうちにまた訪れたいなあと思っています。
都会の喧騒に疲れたとき、パワーをチャージしたいとき、ぜひ三島へふらっと遊びに行ってみてください。


*関連記事
>>【三島】史跡と日本一の吊り橋へ!〆はもちろん、う・な・ぎ!(ライター:BLUE)
>>「湧水の都・三島市」源兵衛川でせせらぎ散歩!三島駅からわずか5分のロケーション!(ライター:Bremen)



store紹介した場所

柿田川公園(柿田川湧水群)

place

静岡県駿東郡清水町伏見71-7
(GoogleMapで見るopen_in_new)
directions_bus
三島駅からバスで約13分、「柿田川湧水公園前」バス停下車

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり