search

close


美しい自然が作り出す景観も良いですが、人の手によって生み出される美しい景観もまた素晴らしいですよね。いくつかの色を組み合わせて作られたカラフルスポットは見る人の印象に残ることでしょう。今回はそんな世界のカラフルなスポットを紹介していきます。


①サントシャペル / フランス
②キャデラック ランチ / アメリカ
③八坂庚申堂 / 日本
④カカアコ / ハワイ
⑤ローテンブルク / ドイツ
⑥サンメッセ日南 / 日本
⑦モンサンミッシェル / フランス
⑧ピピ島 / タイ
⑨彫刻の森美術館 / 日本
⑩リトルインディア / シンガポール



サントシャペル / フランス

フランスのパリの1区に位置し、シテ駅から徒歩4分。ノートルダム大聖堂を背に歩いていくとあるのが、聖なる礼拝堂、サントシャペル。見た目からは分からない、素敵なステンドグラスがその中にはあります。ステンドグラスの綺麗さは圧巻で他に類を見ません。

中に入るまでに順番待ちは必至。でも安心してください。待つ価値は大いにあります。一度見たらきっと忘れられない素敵な思い出になります。



キャデラック ランチ / アメリカ

アメリカ テキサスの国道、ルート66。広大な土地をひたすら走っていると見えてくる物体。それはなんと地面にささった車。車はアメリカの自動車メーカーであるゼネラルモーターズが展開している高級車ブランド、キャデラック。車の名前からこの観光スポットは、キャデラック ランチと呼ばれています。

車の色鮮やかな色彩は、ここへ訪れた観光客一人ひとりが作り出したもの。つまり訪れた観光客がスプレーで落書きしたものなのです。よく見ると人の名前や場所の名前などが書かれています。あなたもスプレーを持って訪れ、ぜひ落書きしてみては?



八坂庚申堂 / 日本

京都と言えば清水寺を連想される方も多いかと思いますが、その清水寺の近くにあるカラフルなお寺をご存知ですか?そのお寺とは東山にある八坂庚申堂。色鮮やかな背景はくくり猿という人形。布で作られた人形はよく見ると文字が書かれています。訪れた人が願いを書き、くくりつけた人形が作る京都のカラフルスポットです。

あなたも写真を撮った後は、くくり猿に想いを書き、くくりつけ、カラフルスポットに新たな色を付け加えてみては?



カカアコ / ハワイ

ハワイと言えば海や山といった自然が堪能できる場所ですが、今人気のフォトスポットでもあるのが、今回紹介するカカアコにあるウォールアートです。カラフルなウォールアートは色使いだけではなく、描かれているモンスターも愛着が湧く可愛さ。様々な色の様々な表情をしたモンスター。あなたはどのモンスターと写真を撮りたいですか?



ローテンブルク / ドイツ

ドイツのロマンチック街道にある街、ローテンブルク。おとぎ話に出てそうなこの街はどこを見てもかわいらしい。写真に見える家は手前からオレンジ、青、ピンクとカラフル!散歩するだけで満足できる街並みです。走っている車でさえおしゃれ。もちろんカフェやレストランもちゃんとありますよ。

ベルリン市内からは、離れているため、鉄道などを駆使して行くことも可能ですが、現地のツアーを利用するのが楽だと思います。ドイツを訪れた際にはぜひ足を延ばして、おとぎの世界に迷い込んでみては?



サンメッセ日南 / 日本

サンメッセ日南は、宮崎県日南市にある遊んで、食べて、癒される公園。公園といってもテーマパークのようにしっかり管理され、入場料もかかります。

サンメッセには、たくさんのモアイ像があります。このモアイ像は、イースター島から特別に許可を得て、世界で初めて実現したアフ・アキビ完全復刻版なんだとか。他にも縁切りモアイや縁を深める最愛(モアイ)が立っています。そんな中で本日紹介するのが、7色のカラフルなヴォワイアン。ヴォワイアンとは、フランス語で見る人という意味。見られる像ではなく、それ自体が何かを見る像なんだとか。あなたもヴォワイアンたちと海の先の何かを見てみては?

余談になりますが、ヴォワイアンの前にはブランコが設置されており、小高い丘から景色を一望できます。ハイジになった気分で自然に身をまかせ、ブランコに乗れば気分爽快まちがいなし。



モンサンミッシェル / フランス

モンサンミッシェルでレインボー!?と思った方も多いのではないでしょうか?モンサンミッシェルとは、フランス西海岸にある修道院。潮の満ち引きにより、満潮の時にはまるで海に浮かぶお城のよう。

そんな美しいモンサンミッシェルの中は、意外とがらんとしていて、何もありません。それもそのはず。モンサンミッシェルは昔、監獄として使われていました。満潮になって見える美しい景色も、囚人からしたら海の孤島。逃げることなどできない要塞だったのです。
そんなモンサンミッシェルのカラフルとは何かというと、これです。

牛です。モンサンミッシェルに渡るバスの発着所になっている、飲食店やスーパーマーケットの前には色鮮やかな牛さんが。牛の色も牛に描かれている絵もまちまちです。今回ご紹介する牛さんには、カラフルなモンサンミッシェルが描かれています。どの色でもやはりモンサンミッシェルは素敵ですね。モンサンミッシェルに行く際は、ぜひ牛さんにも目を向けてください。



ピピ島 / タイ

タイのプーケットから船で行くことができるピピ島。エメラルドグリーンの船とそびえ立つ削り取られたような山は、自然が作り出した絶景。映画「ザ・ビーチ」でもその名が知られていますよね。今回はピピ諸島の中で一番大きい島、ピピ・ドン島で見つけたカラフルを紹介。見つけたカラフルとは、ピピ島に停泊する多くの船に必ずついているカラフルな布や飾り。

航海の祈願を願っているのでしょうか?どの船にも必ずついているのです。このカラフルな布がおしゃれでかわいいですね。ちなみにピピ・ドン島では宿泊、ショッピングが楽しめますよ。



彫刻の森美術館 / 日本

神奈川県にある箱根。温泉目的に訪れる方も多い場所ですね。ですが、箱根の魅力は温泉だけではありません。箱根にはいくつも美術館があり、アートに触れることができる場所なのです。また現在の謎解きブームを取り入れ、箱根の至る所で謎解きも楽しめます。

そんな謎解きも楽しめ、アートにも触れられる美術館がここ、彫刻の森美術館。多くの美術品が展示されている中、今回紹介するのは、「幸せをよぶシンフォニー彫刻」と呼ばれるステンドグラスをはめ込んだ建物。筒状の建物の側面には一面ステンドグラスがはめ込まれており、思わずあっと声をあげてしまうような空間になっています。
箱根に訪れた際にはぜひ足を運んでみてはいかがですか?



リトルインディア / シンガポール

シンガポールにあるリトルインディアという街。有名なマリーナベイサンズがあるベイフロント駅からリトルインディア駅まで電車で移動できます。駅を降りてすぐに見えるのがこの牛の壁画。中には自転車に乗っている牛もいますね。カラフルな色彩につい目を奪われてしまいます。

余談にはなりますが、ここリトルインディアには、町中にこのようなウォールアートが描かれています。街を散策しぜひお気に入りの一枚を探してみてください。



まとめ

いかがでしたか?世界には色鮮やかなカラフルスポットがたくさん溢れていますね。カラフルスポットはあなたの感性を揺さぶり記憶に残ること間違いなしです。ぜひ足を運んでみてください。



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり