search

close

写真:「『ライオンキング』の世界! クルーガー国立公園のサファリで “ビッグファイブ” に会える?!」(ライター:いたりか)より

「サバンナに行きたい」と思ったことはありませんか? 大自然の中に身を置き、ライオンやゾウなど動物園でしか見たことのないような動物に出会う体験は、きっと忘れられない思い出になることでしょう。

今回は ittaライターの旅のしおりから、野生動物を間近で観察できるアフリカのサファリスポットをピックアップ! 気になる場所があれば写真下のリンクから、実際にその地を訪れたittaライターの体験談もチェックしてみてくださいね。



マサイマラ国立保護区(ケニア)

写真:「これがヌーの川渡りだ! ケニア、マサイマラ国立公園で見た『生と死の瞬間』」(ライター:きこ)より

写真:「これがヌーの川渡りだ! ケニア、マサイマラ国立公園で見た『生と死の瞬間』」(ライター:きこ)より

ケニア南西部、タンザニアとの国境近くに位置する「マサイマラ国立保護区」は、総面積1,812平方キロメートルの野生動物の楽園。「ゲームドライブ」と呼ばれるサファリツアーで、キリン、ゾウ、サイ、ライオンなどの動物たちが大自然の中で暮らす姿を見ることができます。時期を合わせて訪れれば、大迫力の「ヌーの大移動」が見られる可能性も!


写真:「【ケニア】モーニングルーティーンならぬサファリルーティーン! サバンナで叶う贅沢時間」(ライター:きこ)より

写真:「【ケニア】モーニングルーティーンならぬサファリルーティーン! サバンナで叶う贅沢時間」(ライター:きこ)より

マサイマラ国立保護区内には宿泊施設も多く、好みに合わせて選ぶことが可能。レストランで豪華な食事が提供されたり、プールが付いていたりと、大自然の中とは思えないほど設備が充実した宿泊施設も。日常を離れてサバンナでリフレッシュしましょう。



ナイロビ国立公園(ケニア)

写真:「【ケニア】高層ビル群が見える国立公園『ナイロビ国立公園』」より

「ナイロビ国立公園」は、ケニアの首都・ナイロビの中心部からわずか7キロメートルほどの距離にある国立公園。ライオンやチーター、キリン、サイなどの大型野生動物のバックに人間が暮らす街が見えるという珍しい場所で、マサイマラ国立保護区とはまた違った魅力があります。空港からも近く、便によっては帰国日の朝にでもサファリを楽しむことが可能。



クルーガー国立公園(南アフリカ)

写真:「【南アフリカ】自家用車でまわることができるサファリ!『クルーガー国立公園』」より

写真:「『ライオンキング』の世界! クルーガー国立公園のサファリで “ビッグファイブ” に会える?!」(ライター:いたりか)より

南アフリカ共和国の「クルーガー国立公園」は、19,485平方キロメートルもの面積を有する広大な国立公園。南アフリカの紙幣のデザインにも採用されている「ビッグ 5」と称される動物(ライオン、ヒョウ、ゾウ、サイ、バッファロー)をはじめ、多数の野生動物が生息しています。



ハレーン国立公園(エスワティニ)

写真:「【エスワティニ】野生のサイと記念撮影!『Hlane Royal National Park』」より

写真:「【エスワティニ】野生のサイと記念撮影!『Hlane Royal National Park』」より

エスワティニ(旧スワジランド)の「ハレーン国立公園」は、ライオン、ゾウ、キリン、サイなどが生息している国立公園。自分たちで車を運転して回ることもできますが、その場合はライオンがいるエリアに入れないため、ガイド付きのゲームドライブに参加するのがおすすめです。



チョベ国立公園(ボツワナ)

写真:「【ボツワナ】ボートクルーズを楽しめる『チョベ国立公園』」より

写真:「【ボツワナ】ボートクルーズを楽しめる『チョベ国立公園』」より

ボツワナの「チョベ国立公園」は、ザンビアやジンバブエとの国境近くに位置しており、「ヴィクトリアの滝」とセットで観光することも可能なスポット。ゲームドライブだけでなくボートでのサファリも楽しめます。アフリカゾウの生息数が多いことが特徴で、水上から間近で見るゾウは迫力満点!



写真:「【ケニア】モーニングルーティーンならぬサファリルーティーン! サバンナで叶う贅沢時間」(ライター:きこ)より

アフリカでサファリが楽しめるスポットをピックアップしました。現地に行って自分の目で見られたら、映像や写真では味わえない感動があるはず。いいなと思った場所は「行きたい場所リスト」に追加しておきましょう!

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり