search

close

上田にある蕎麦屋さん。
柳町へ行く途中で探していたところ見つけたので食べに行きました。後日、上田出身の人に聞いたところ、地元の人がよく行く名店でした。思えば、店内にいたお客さんはご近所の人が多かった記憶があります。
作家・池波正太郎の行きつけの蕎麦屋さんだったということも知りました。

そばは黒くて太めで、たっぷりつゆにつけて食べます。
量は長野出身の人にさんざん注意されたように、東京で注文する量よりも一つ大きい。長野地域のそばの小盛、中盛、大盛が東京の並盛(というよりやや多いくらい)、大盛、特盛と考えていただくとわかりやすいかもしれません。

天ぷらそばを注文したら山盛りの天ぷらと山盛りのそばがテーブルに。戦いに挑むようにそれを平らげました。
そのあとはお腹が苦しかったけれど、また上田に行くときには行きたいお店です。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター