search

close


Bremenです!
今や夏の風物詩となった、川越氷川神社縁むすび風鈴に行ってきました。
毎年何かテーマをもって撮影していますが、今年は風鈴の透き通る美しさにこだわってみました。縁むすび風鈴のギャラリーをご覧ください。




縁むすび風鈴とは

2014年からスタートした「縁むすび風鈴」は今年で6回目です。
何か所にも展開されている風鈴棚には、カラフルな手作り江戸風鈴が吊るされ、参拝者の願い事が書かれた短冊が下げられています。その様子は、夏の風情と涼感をかもしだしています。




拝殿正面の風鈴棚

一般的な入口はこちらの鳥居から。正面に見えるのは拝殿になります。

風鈴の撮影場所としてあまり注目されていないのが、この正面の風鈴棚です。しかし、きれいな風鈴やアングルをゆっくりと探せる穴場なんです。




拝殿横の風鈴棚

風鈴回廊への入口の風鈴棚です。境内をバックに撮影が可能な、一番撮影者が多い場所になります。

いろいろなアングルで風鈴の撮影を楽しめます。思いっきりローアングルも楽しいです。




風鈴回廊(メインの風鈴棚)

何と言っても縁むすび風鈴のメインはこちらの風鈴回廊です。
この風鈴回廊は朝から夜まで人でごった返します。周りの緑や空をうまく入れるのがポイントではないでしょうか。

一番多くの風鈴が吊るされている光景は圧巻です。人がいっぱいで風情を感じる余裕はありませんが、撮られた写真で風情を感じてください。




カラフルな風鈴

今年は背景のボケにもこだわり、ボケをスッキリさせて風鈴の美しさを引立てました。




赤色風鈴棚

この風鈴棚の短冊は、願い事の短冊は吊るされていません。
棚の前に座ったり自由に撮影が出来るスポットになっています。




大鳥居横の風鈴棚

巨大で有名な大鳥居の横には、透明色だけの風鈴棚があります。
風があれば風鈴の音色と涼感を味わえます。




縁むすび風鈴パネル

毎年鳥居前には縁むすび風鈴ボードが飾られています。
令和元年の文字が印象的です。




期間限定朱印符(縁むすび風鈴御朱印)

期間限定の「朱印符(しゅいんふ・書き置き・見開きサイズ)」の頒布があります。(500円)




最後に

縁むすび風鈴は長い期間見どころいっぱいです!

・恋はなび7/27(土)〜
・恋あかり7/27(土)〜8/31(土)
・光る川19:00〜21:00
・風鈴棚ライトアップ19:00〜21:00
・むすびcafe限定スイーツ

詳細は、縁むすび風鈴特設サイトをご覧ください。

※風鈴撮影ポイント
昼間の撮影の場合、朝の8時ころまでがお勧めです。
撮影は24時間可能です。
夜間の撮影の場合、夜の8時以降がお勧めです。



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり