search

close


カフェなのに“かき氷”と“ラーメン”が名物のお店が武蔵小山にあるらしい!
この一風変わったお店がどんなものなのか気になったので、先日行ってきました。




武蔵小山の喫茶店「はいむる珈琲店」

東急目黒線「武蔵小山駅」から徒歩5分ほどの場所にある「はいむる珈琲店」。
純喫茶やパン屋のような外観にラーメンの垂れ幕、メニュー表にはかき氷のメニュー、という他に類を見ない珍しいお店です!

店内はこぢんまりとしており、席数は15席ほどです。天井には「氷」と書かれた垂れ幕がたくさん吊り下げられています。

かき氷を食べると体が冷えるので、温かい麦茶があるのは嬉しいポイント!他にはかき氷シェア用のスプーンが置いてあるなど、お客さんに優しいお店でなんだかほっこりしました。




種類豊富な絶品かき氷!

はいむる珈琲店のかき氷は種類が豊富です!どれにするか迷ったら、1人で2つ食べたり、2人で複数の種類をシェアしたりするのもいいかもしれません。
時期によっては期間限定メニューも出ているので、要チェックです!私が訪れた時期はバレンタイン前だったので、バレンタイン特別メニューが3種類ありました。

可愛いピンク色のかき氷「姫(1,190円+税)」にしました!ふわふわの氷の上にはいちごのソースが溢れるほどたっぷりとかけられています。ただ甘いだけでなく、いちご本来の甘酸っぱさもしっかり残っており、絶品!

はいむる珈琲のソースは普通のものとは一味違い、ムースのような泡状の「エスプーマソース」を使用しているので、口当たりがとても柔らかい。
しかも姫に使われているソースは、微炭酸のようにシュワシュワするんです!というのも、エスプーマソースに炭酸ガスを添加し、スパークリング仕立てにしているのだそう!

かき氷の上には、大粒のいちご、ほのかにハチミツの風味がする柔らかいクリームチーズ、可愛らしいハート型のマカロンがのっています。

食べ進めていると、スプーンが何かにぶつかりました。掘ってみると中からは、いちご、とろとろのクリームチーズ、ブルーベリーソースが出てきました!




鶏と和だしの名物ラーメン!

かき氷と並ぶ名物が「ラーメン」です!かき氷と同じく、ラーメンのメニューも豊富で、期間限定のメニューもあります。かき氷とラーメンの両方を注文した場合は、どちらを先に出してもらうか選ぶことができます。

私はかき氷を食べた後に「あっさり鶏白湯(850円+税)」を食べることにしました。鶏と和だしでとられた鶏白湯スープはとても優しい味で、かき氷を食べて少し冷えた体に染みる!

味玉の黄身は半熟でとろっとろ!一口で食べきらないと黄身が垂れてくるので、豪快に一口でパクッといただきました。柔らかい鶏のチャーシューは、脂身が少なくさっぱりです。




帰りに少し武蔵小山を散策!

1.武蔵小山温泉 清水湯

武蔵小山にある天然温泉「武蔵小山温泉 清水湯」は、綺麗に整備されていながらも、どこか昔懐かしい雰囲気も残しているスーパー銭湯です。清水湯には若い人も多く、カップルで訪れている人や家族連れで訪れている人もいました。観光客にも地元の人にも愛されている銭湯です。

入浴料は460円とかなり安い!(サウナは別途+400円)
手ぶらでも大丈夫ですが、備え付けのシャンプーやボディーソープはないので、手ぶらの場合はおふろセット(120円)を購入しましょう。

半露天風呂の天然温泉は「黄金の湯」と「黒湯温泉」の2種類。100%源泉かけ流しの「黄金の湯」は貴重な太古の海水温泉で、療養泉に認定されている名湯。東京に多い琥珀色の「黒湯温泉」はしっとりと肌にまとわりつくように滑らかでキメの細かい温泉で、“美肌の湯”とも言われています。



2.武蔵小山商店街PALM

単一の商店街のアーケードとして日本一の長さ(およそ800m)を誇る「武蔵小山商店街PALM」。 ショッピングセンターなどの増加に伴い、衰退した商店街も少なくないですが、武蔵小山商店街は依然として活気のある商店街のひとつです。

特に目的も決めずにふらふらウィンドウショッピングして、お腹が空いたら気になった飲食店に入ってみる、そんな楽しみ方ができる商店街です。




人気の「はいむる珈琲店」に行こう!

ちょっとしたおでかけにぴったりの武蔵小山。
武蔵小山を訪れたらぜひ「はいむる珈琲店」に立ち寄ってみてくださいね!




store紹介した場所

はいむる珈琲店

place
142-0062
東京都品川区小山2丁目16−1
(GoogleMapで見るopen_in_new)
access_time
平日 11:30〜18:45
土日祝 11:30〜17:00
月曜日

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり