search

close


2月22日は猫の日! 鳴き声の「にゃん」と「2」の読みが似ていることにちなんで、猫に関するイベントやキャンペーンが行われる日です。

今日は猫の日に合わせて、国内外の「猫に出会えるスポット」の旅のしおりをご紹介! 猫好きの方は特に必見です!





【宮城】猫好き必見! 石巻にある小さな猫の島「田代島」でのんびり癒されよう

最初にご紹介するのは、人に慣れたたくさんの猫たちに会える、宮城県石巻市の離島「田代島」。昔からネズミの駆除をしてくれる猫がとても大事にされてきたこの島には、「猫神社」が建っており、島民の方の猫に対する愛情が感じられます。

島自体は半日もあれば一周できる大きさですが、のんびり猫や島の自然に癒されて過ごすなら、泊りがけで訪れるのもおすすめ。旅のしおりの中では、「マンガアイランド」という名のキャンプ場なども紹介されているので、チェックしてみてください。

>>【宮城】猫好き必見! 石巻にある小さな猫の島「田代島」でのんびり癒されよう(ライター:侑大)






【福井】常連多数!猫愛好家が通う日本最大の猫寺、御誕生寺

福井県越前市にある「御誕生寺」は、他県からも猫愛好家が訪れる、日本最大の猫寺。ここでは捨て猫などを数十匹以上保護しており、毎年里親への譲渡会も行われているんだそうです。

見た目も性格も多様な猫たちには、それぞれ名前もついているんだとか。日中は気ままに境内を徘徊しているので、いたる所でくつろいでいる猫の姿を目にすることができます。こちらでは猫への餌代や治療費の寄付もできるようなので、気になった方は旅のしおりで予習しておくといいかもしれません。

>>【福井】常連多数!猫愛好家が通う日本最大の猫寺、御誕生寺(ライター:侑大)






【三重】猫と太平洋を一望できる絵描きの町、大王崎へ

続いてご紹介するのは、古くから絵描きの町としても知られている、三重県志摩市大王町。画家の方たちが描きに訪れる「大王崎灯台」への道のりは石坂になっていて、その一帯にたくさんの猫たちが暮らしています。

ここの猫たちは美人が多く、少し警戒しながらも甘えにきてくれるのが特徴だそう。石坂には土産店がずらりと並んでおり、お店の入口や中でも、猫たちにじっと見つめられます。三重旅行の際はこちらの旅のしおりを参考に、大王崎灯台からの絶景と、猫たちの日常を見に行ってみてはいかがでしょう。

>>【三重】猫と太平洋を一望できる絵描きの町、大王崎へ(ライター:侑大)






「キプロス島」へ行ってみたら、そこはネコの楽園だった! 10の見どころをご紹介

お次は、地中海の東端に浮かぶキプロス島。古代遺跡やレオナルド・ダ・ヴィンチゆかりの村など、歴史ロマン溢れるこの島は、NHK BSプレミアムの人気シリーズ『岩合光昭の世界ネコ歩き』の舞台となったことで、『ネコの楽園』としても知名度が上がってきているんだそう。

島は南キプロスと北キプロスに分断されていますが、パスポートチェックを受ければ徒歩で国境を越えることができます。こちらの旅のしおりで、イスラム教の巡礼地や地中海ブルーの広がる海辺、美しい石畳の村など、あらゆる観光スポットと、そこで出会った猫たちの写真をご覧ください。

>>「キプロス島」へ行ってみたら、そこはネコの楽園だった! 10の見どころをご紹介(ライター:BLUE)






実は台湾が発祥の地!? 世界初の猫カフェ、台北の「猫花園」に行ってみた

現在は日本でもよく見かける「猫カフェ」ですが、一説によるとその発祥は、1998年に創業した、台湾の「猫花園」というお店なんだとか。22時まで営業している店内は、夜でも多くのお客さんと15匹ほどの猫たちで賑わっています。

お店のメニューや注意事項には、日本語のものも用意されているのでご心配なく。台湾最大級の夜市「士林夜市」から電車で2駅の距離にあるので、台湾旅行のプランに取り入れたいという方は、ぜひこちらの旅のしおりを読んでみてください。

>>実は台湾が発祥の地!? 世界初の猫カフェ、台北の「猫花園」に行ってみた(ライター:うばた)






どの猫たちも、のんびりとした空気が写真から伝わってきて、とってもかわいらしいですよね! 気になった方はぜひ、「猫」をテーマに旅行をしてみてはいかがでしょう。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり