search

close
2017-03-22

実は台湾が発祥の地!?世界初の猫カフェ、台北の「猫花園」に行ってみた

日本で大人気の猫カフェ。でも実は...?!

最近日本は空前の猫ブーム。人気アイドル猫や道端の猫たちまで写真集になっています。 そんな可愛い猫たちと触れ合える「猫カフェ」も、国内では大人気ですね。行ったことある方も多いのではないでしょうか?
しかし、知っていましたでしょうか。この大人気の猫カフェ、一説によると台湾が発祥の地だということを!私は猫好きの友人に教えてもらうまで知りませんでした。
そこで実際に台湾の猫カフェを訪れてみることにしました。


世界初?の猫カフェは夜遅くまで営業中

お目当ての猫カフェへは電車で。写真は台湾の電車の切符です(紙じゃない!!)
比較的夜遅くまで営業しているとのことだったので、夕飯を食べてから向かうことにしました。カフェは22時まで開店しているので、夜の余った時間やホテルに帰る前に気軽に寄ることも可能です。
様々な露店が軒を連ねる「士林夜市」で腹ごしらえをし、電車で2駅移動。MRT芝山駅で下車します。

 

いざ入店!広がるのは猫の世界

MRT芝山駅から出てすぐ、1分も歩かずにお店を発見。すぐ目の前です。こちらが猫カフェ発祥のお店、「猫花園」さんです。地元民の憩いの場でもあります。
創業は1998年とのこと。日本に猫カフェが上陸したのは2004年なので、やはり猫カフェの先駆店というのは間違ってはいないようです。


扉を開くとそこは猫、猫、猫の世界!15匹ほどの猫ちゃんたちが自由気ままに過ごしています。私が訪問したのは19時頃でしたが、店内には他のお客様もたくさんおり、にぎわっていました。

店内には猫グッズもたくさん!



ルールは守って愛でること!

席に通されると、ドリンク・フードメニューが渡されます。何か注文しないと猫たちとは遊べないようです。チャージ代100元+注文で代金が計算されます。夜市で夕飯を済ませてきたので、ここではケーキを注文。

その他にも、フラッシュ撮影の禁止や飲食物の持ち込み禁止など、禁止事項がいくつかあるのでご注意を。もちろん日本語でのメニュー、禁止事項表も用意されているので安心です。



猫たちが目の前に。猫用のおやつでコミュニケーションを!

席に座っていると、猫たちが次々に近づいてきます。足にからんできたり、椅子や机にも登ってきます。おすすめはお店奥のカウンターで猫用のおやつを買うこと。低価格で購入できるので必ず手に入れることをおすすめします。

なぜならおやつを手に入れた瞬間、猫たちがさらに寄ってくるからです!「こいつ美味しそうなものもってる、、」とじわじわ寄ってきます。


おやつを取り出すと、こんな近くで見つめあえるんです。


猫カフェなのに...(笑)

「猫花園」さんは猫カフェですが、なんと犬もいます。来店される場合は驚かないようにしてください。この犬がまた人懐っこくて可愛いのですが、犬が苦手、、という方はご注意ください。



猫と人、人と人をつなぐカフェ

猫カフェ発祥のお店では、動物を愛するオーナーさんとお客さんの温かい雰囲気でゆったりと時間が過ぎていきます。猫と人はもちろん、猫たちを通して、近くの席の人とも話が盛り上がったり、コミュニケーションがとることができました。
初めて「猫カフェ」というものにお邪魔しましたが、人気な理由が垣間見えた気がします。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり