search

close

台南の魅力にすっかりはまってしまい週末1泊2日で決行した今年3度目となる台南旅。初台南の友人が一緒だったので観光も盛り込みつつ、並行して台南小吃の食べ歩きも楽しみました。

そこで今回は2日間でクリアした 10のミッション をご紹介いたします!

※羽田発LCC早朝便/桃園発LCC深夜便利用




移動編


ミッション1: 入国審査をスムーズに通過する

外国人用窓口は常に長蛇の列ができています。飛行機から降りたらなるべく早歩きで進み早めに列に並ぶのがポイント。通過時間は20分~1時間。常客証(1年以内に訪台歴3回)があれば3分で通過できます。機内で配られる入国カードはオンライン申請が可能なので出発前に済ませておけば機内でゆっくりできますよ。






ミッション2: 1本でも早い列車に乗る

桃園から台南までは台湾高速鉄道で約1時間半。外国人旅行者は20%オフで利用できます。あらかじめ日本で購入しておき、高鉄窓口でバウチャーを提示するとチケットと交換してくれます。復路は乗る列車も読めるので桃園で往復分交換しておくと良いでしょう。(私はいつも現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRAさんを利用しています)






ミッション3: 快適な新幹線を楽しむ

往路)足元が広く清潔な車内。早朝便のためちょうど小腹が空く頃なので、駅のコンビニで台湾らしい軽食を入手しておき軽く朝食を。少し仮眠してこれからの行動のために体力を温存しましょう。


復路)深夜便のためちょうど夕食の時間帯に乗車することになります。おかずが豊富でしかも安い、台湾式便當(弁当)を食べながら旅の思い出に浸っては。






グルメ編


ミッション4: 4大小吃を制覇する

台南の4大小吃(注:あくまでも筆者個人の見解です!)、担仔麺、蝦捲、肉圓、碗粿は台南だからこそ是が非でも食べておかなければなりません。

▲ 担仔麺、度小月にて

▲ 碗粿、老古石碗粿にて

関連記事→【台湾】台湾一のグルメスポット台南で押さえておきたい小吃10選





ミッション5: 台湾グルメの代表格、小龍包は外せない!

台湾に来たら小龍包は食べておかないと。ということで、台南市内でも美味しいと評判の「上海好味道小籠湯包」へ。


小龍包の他にこのお店に来たら必ず食べるもの、それは冷蔵庫に並ぶ小菜(小皿に盛った簡単な料理)のひとつ、ピリ辛ナス(正式名称は分かりません)です。ほぼ100%、他のテーブルでもこれを食べています。






ミッション6: 旬のモノをいただく

この時期旬で得に美味しい食材はタケノコです。日本は春ですが台湾では夏。エグミやクセがなくみずみずしい、そして梨のような、コーンのような甘みもあります。甘めのマヨネーズにつけて食べるのが台湾流。

▲ 涼筍沙拉




ミッション7: 定番スイーツで癒される

ヘルシー豆花は安定の美味しさ。台南では布丁(プリン)も必須です!

▲ 冰郷にて

旬に比べたら甘みは落ちていますが、まだマンゴー間に合いました。

▲ 榮興水果店にて

関連記事→【台湾】今が旬! マンゴーの聖地「玉井」へ行ってみた!


行列が出来る程の人気店「名東現烤蛋糕」のシフォンケーキはふわふわしっとり、そして味が濃厚!特にかぼちゃがオススメです。サイズが大きいので現地では食べきれないかもしれませんがその場合はお持ち帰りで。(売り切れ次第終了、箱代は有料)






観光編


ミッション8: 台湾最古の街に行く

ラピュタの世界「安平樹屋」がある安平地区はオランダが築いた「安平古堡」や台湾で最初に誕生した通り「安平老街」などの史蹟や古い街並みを楽しめるエリア。


関連記事→【台湾】台南のアマゾン「四草緑色隧道」と、ラピュタの世界「安平樹屋」で樹木のパワーをもらおう!

迷路のような住宅街に入り込めば歴史を感じる古い家屋が並び雰囲気抜群。塀や玄関上部に飾られている「剣獅」探しも安平ならではの楽しみ方。中国福建省から伝わった「剣獅」には魔よけの効果があり、一つとして同じものはなく表札代わりに用いられていたそうです。






ミッション9: 台湾最古の〇〇廟を巡る

街を歩けば大小様々な廟を目にし、神様がいかに生活に密着しているかが分かります。だいぶ神様の種類も理解できるようになりましたが、まだまだ知らない神様がたくさん。廟が多すぎてどれも同じに見えてきてしまいますが、今回は「最古」というキーワードでピックアックしてみました。

〇祀典武廟
台湾における関帝廟の総本山で三国志の関羽、関聖帝君(商売の神様)が祀られている。


〇北極殿
台湾で最初に玄天上帝(中国北方の守護神)が祀られた廟。


〇孔子廟
鄭成功の息子鄭経によって創設された台湾最古の孔子廟(学問所)。つまりここが台湾における儒教の発祥地。現在は孔子と16人の弟子が祀られている。






ミッション10: お買い物も楽しみたい!

ハイセンスでオシャレなMITグッツが揃っているのは何と言っても林百貨ではないでしょうか。


昭和レトロな雰囲気漂うビルの内外装や屋上の神社など、お買い物以外にも見所満載。どこか懐かしい、でも新しい、そんなオリジナル商品を探してみては。





以上、2日間で達成したあれこれをご紹介しました!
意外と色々できたなぁというのが感想。上記の合間に度々ホテルで休憩もしましたよ。短期間であればなおさら、テーマを絞っておくこと、そして疲れたらすぐに休める位置にホテルを確保しておくのがポイントです。
歴史にグルメにお買い物、台南弾丸プランのご参考になれば幸いです!


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり