search

close


近年ブームが再燃している「タピオカドリンク」。海外のブランドも次々と日本に上陸しており、都心にはショッピングの休憩にもピッタリな、かわいくて美味しいお店がたくさん! 今回は、新宿エリアでタピオカドリンクが飲めるお店をご紹介します。



QQタピオカ

写真:「新宿で手作り台湾スイーツ! オープンしたばかりの『QQタピオカ』に行ってみた!」(ライター:オルカ)より

新宿御苑前駅から徒歩3分の位置にある、手作り台湾スイーツのお店「QQタピオカ」。こちらはテイクアウトと店内席の両方で、タピオカドリンクを楽しむことができるお店です。テイクアウトの際は、歩道沿いのカウンターからも注文できますよ。近くの新宿御苑でピクニックをするときにもおすすめ!


写真:「新宿で手作り台湾スイーツ! オープンしたばかりの『QQタピオカ』に行ってみた!」(ライター:オルカ)より

写真右は itta編集部いちおしドリンク、「タピオカ豆乳ティー(税込400円)」。豆乳ティー自体の甘さは控えめなため、大粒でモチモチの甘いタピオカと絶妙にマッチします。写真左は「三色豆花(税込500円)」。豆乳を固めて成形した、低カロリーでヘルシーな「豆花」の上に、甘いシロップと小豆・緑豆・ブラックタピオカが溢れんばかりにトッピングされているスイーツです。


「QQタピオカ」のしおり
>> 新宿で手作り台湾スイーツ! オープンしたばかりの「QQタピオカ」に行ってみた!(ライター:オルカ)






台湾甜商店(タイワンテンショウテン)

写真:「【8/24オープン】できたて生タピオカが味わえる『台湾甜商店』が東京初上陸!」 (ライター:ちゃんちか)より

2018年8月、JR新宿駅前にオープンした「台湾甜商店(タイワンテンショウテン)」は、大阪梅田に1号店がある台湾スイーツのカフェです。新宿店はJR新宿駅の東口もしくは東南口から歩いてすぐ。コスメやビューティーグッズを取り扱うショップ「AINZ & TULPE(アインズ&トルペ)」へ入り、エスカレーターで2階へ上がると目の前に入り口があります。赤い提灯や台湾音楽で旅行気分に浸れる店内は、40席ほどの広さ。


写真:「【8/24オープン】できたて生タピオカが味わえる『台湾甜商店』が東京初上陸!」 (ライター:ちゃんちか)より

こちらはシンプルな「テンミルクティー(460円)」。全商品にトッピングされている「生タピオカ」は、仕込みから1時間以内の一番美味しい状態で提供するために、1日10回以上仕込みをおこなっているんだとか! 大きすぎないサイズで甘くて柔らかい独自製法のタピオカは、+50円で量を2倍にすることもできますよ。


「台湾甜商店」のしおり
>>【8/24オープン】できたて生タピオカが味わえる「台湾甜商店」が東京初上陸! (ライター:ちゃんちか)






CoCo都可(ココトカ)

写真:「8/1オープン! 台湾発のタピオカミルクティー専門店『CoCo都可 新宿アルタ店』へ」(ライター:オルカ)より

台湾発の「CoCo都可」は、世界に3000店舗以上を展開しているタピオカミルクティー&フレッシュジュースの専門店。2018年8月にオープンした新宿アルタ店は、新宿アルタの地下2階、メガネ屋さんと地下通路の間にテイクアウト専門のカウンターがあります。地下通路を通れば駅から外に出ずにたどり着けるという、アクセスの良さも魅力的ですね。


写真:「8/1オープン! 台湾発のタピオカミルクティー専門店『CoCo都可 新宿アルタ店』へ」(ライター:オルカ)より

2018年8月時点で全43種類と、メニューの種類はかなり豊富。写真の「タピオカミルクティー(M・485円)」のほか、「チョコレート」「クリーム」「乳酸菌」「ティー」「フルーツ」「フレッシュミルク」といったシリーズがあり、それぞれオプションでタピオカ(65円)・プリン(65円)・塩クリーム(75円)をトッピングできます。たっぷり入った黒くて大きな粒のタピオカは、モチモチとした噛みやすい柔らかさ!


「CoCo都可」のしおり
>> 8/1オープン! 台湾発のタピオカミルクティー専門店「CoCo都可 新宿アルタ店」へ(ライター:オルカ)






Gong cha(ゴンチャ)

写真:itta編集部

「Gong cha」は台湾で誕生し、アジアを中心に世界で1,400店舗超を展開するティーブランドです。新宿西口ハルク店があるのは、小田急ハルクの1階。建物内からは入れず、駅から横断歩道を渡ってそのまま真っすぐ進むと、歩道橋の入口付近にテイクアウトカウンターがあります。店舗前にベンチがあるため、そこに座って飲むこともできますよ。


写真:itta編集部

「Gong cha」で味わうことができるのは、抽出時の湯温や抽出時間を茶葉ごとに変え、賞味期限は抽出後4時間以内と定められた本場の台湾ティー。ドリンクを選んだら、甘さ、氷の量、トッピングを注文します。写真は「ブラックミルクティー+パール(税込529円)」。香り高いスッキリとしたミルクティーに、優しい甘さで弾力のあるタピオカが入っています。




騒豆花(サオドウファ)

写真:「台湾で行列ができるスイーツ店、『騒豆花』が日本初上陸! オープン初日に行ってみた」(ライター:ちゃんちか)より

2018年7月に日本1号店がオープンした「騒豆花(Sao Dou Hua / サオドウファ)」は、台湾の伝統スイーツ「豆花」の専門店です。店舗があるのは新宿駅南口直結の、新宿ミロード7階。店内にはところどころに台湾らしい要素が散りばめられています。


写真:「台湾で行列ができるスイーツ店、『騒豆花』が日本初上陸! オープン初日に行ってみた」(ライター:ちゃんちか)より

豆花の専門店ですが、ご飯ものやビールに合うおつまみなどもありメニューは種類豊富。もちろん、定番の「タピオカミルクティ(税抜500)」も! ショッピングの合間の休憩だけでなく、ランチやサクッと飲みたいときにも利用できるカフェですよ。


「騒豆花」のしおり
>> 台湾で行列ができるスイーツ店、「騒豆花」が日本初上陸! オープン初日に行ってみた(ライター:ちゃんちか)






THE ALLEY LUJIAOXIANG(ジ・アレイ ルージャオシャン)

写真:「もう飲んだ? 台湾発のティースタンド『ジ・アレイ ルージャオシャン』から目が離せない!」(itta編集部)より

台湾発の「ジ・アレイ ルージャオシャン(THE ALLEY LUJIAOXIANG / 鹿角巷)」は、台湾全土で20店舗を超え、グローバルにも展開する話題のティースタンド。新宿には、サナギ新宿フードトラック、ルミネ新宿店の2店舗があります。新宿駅東南口の階段を下りてすぐ、高架下施設「サナギ新宿」のフードトラックでは、トラック前のレジで注文し、引換券の番号が呼ばれたらドリンクを受け取るシステム!


写真:「もう飲んだ? 台湾発のティースタンド『ジ・アレイ ルージャオシャン』から目が離せない!」(itta編集部)より

「ジ・アレイ ルージャオシャン」では、冷(Cold)・温(Mid Hot)・熱(Hot)の3つの飲み方でタピオカドリンクを楽しむことができます。ストローで飲めるくらいの温(Mid Hot)と、タピオカをすくって食べる用にスプーンが付いてくる熱(Hot)は寒い冬にもピッタリ。「ディリオカ」と呼ばれる ジ・アレイ特製の手作りタピオカは、もちもち感がたまりません!


「THE ALLEY LUJIAOXIANG」のしおり
>> もう飲んだ? 台湾発のティースタンド「ジ・アレイ ルージャオシャン」から目が離せない!(itta編集部)






ALFRED TEA ROOM(アルフレッド ティールーム)

写真:「【2店舗比較】“世界で最もインスタグラムされているティールーム” が東京にやってきた! L.A.発の『ALFRED TEA ROOM』」(ライター:ちゃんちか)より

2017年10月に東京へ上陸した「ALFRED TEA ROOM(アルフレッド ティールーム)」は、ロサンゼルス発・L.A.セレブにも大人気のティールーム。ルミネエスト新宿の1階にある店舗は、建物の内外から出入りできるオープンな作り。全42席の広々とした店内にはカウンター席もあり、ショッピングの休憩がてら1人でふらっと立ち寄るのにも最適です。


写真:「【2店舗比較】“世界で最もインスタグラムされているティールーム” が東京にやってきた! L.A.発の『ALFRED TEA ROOM』」(ライター:ちゃんちか)より

厳選茶葉を使用した美味しいティーメニューと、SNSにアップせずにはいられないフォトジェニックな空間で「世界中で最もインスタグラムされているティールーム」とも言われているほどの人気ブランドです。


「ALFRED TEA ROOM」のしおり
>>【2店舗比較】“世界で最もインスタグラムされているティールーム” が東京にやってきた! L.A.発の「ALFRED TEA ROOM」(ライター:ちゃんちか)






Pearl Lady(パールレディ)

写真:itta編集部

日本生まれのタピオカ専門店「パールレディ」は、2003年に誕生したお馴染みのブランド。新宿東口店は、ルミネエストの目の前、横断歩道を渡ってすぐの大通り沿いに位置するテイクアウト専門カウンターです。自家製のタピオカは、日本国内に初めてタピオカ専門の工場を作って丁寧に作られたもの。「出来立て生タピオカ」が毎日工場から直送されています。


写真は人気No.1の商品「パールミルクティー(290円)」。タピオカは、スタンダードなブラックのほか、カラー、チョコが入ったチョコたぴ(+30円)が選べます。ベースもミルクティー以外に、フルーツラッシーやフローズン、ティー、ミルクなど全9種類。寒い日はストローで飲める温かさのホットで注文するのもいいですね。




気になるお店はありましたか? 新宿でタピオカドリンクが飲みたくなったら、実際に訪れたittaライターのしおりと併せて参考にしてみてください。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり