search

close
2017-11-06

【横須賀】3,000円でどれだけ楽しめる?「よこすか満喫きっぷ」で半日観光プラン

米軍基地があり、ドルが使えるお店も多数存在する街「横須賀」。スカジャン、海軍カレー、ネイビーバーガーは有名ですが、他に何があるのか、どんな街なのかは実はあまり知らなかったり・・・。

そこで今回は 京急のお得な切符を使って、半日横須賀観光を楽しんできました!



まずは、「よこすか満喫きっぷ」をゲットしよう!

今回は、京急のお得な切符「よこすか満喫きっぷ」を使って旅したいと思います。(※「よこすかグルメきっぷ」が2017年7月にリニューアルされ、さらに内容が充実した「よこすか満喫きっぷ」として発売されています。)

京急のお得な切符といえば、「みさきまぐろきっぷ」や「葉山女子旅きっぷ」が有名ですよね。それらと同じように、

・京急線フリー区間乗車券
・発売駅からフリー区間までの往復割引乗車券
・京急バス指定区間フリー乗車券
・食べる券(食事券)
・遊ぶ券(施設利用またはお土産引換券)

がセットになったものが、横浜駅発なら2,950円、品川駅発なら3,050円で購入できるんです! 購入方法は、京急線の自動券売機で切符購入画面を選択。「お得なきっぷ」から「よこすか満喫きっぷ」を選んで購入します。



横須賀中央駅からスタート!「三笠」を見に行こう

目的地1:世界三大記念艦「三笠」
アクセス:横須賀中央駅から徒歩約15分。または、横須賀中央駅から京浜急行バス「三笠公園」下車すぐ。

横浜駅から京急線で、横須賀中央駅へやってきました! お昼には到着している予定でしたが、人身事故で電車がとまるハプニングがあり、昼過ぎのスタートに・・・。急ぎ足で向かったのは、

世界三大記念艦「三笠」のある三笠公園です。
「日本遺産」にも指定されている三笠の中へは、実際に入ることも可能。(写真に行列が写っていますが、こちらは猿島行きのボートの列。三笠へはほとんど並ばずに入ることができると思います。)

三笠は、日露戦争で活躍した戦艦。長官室などもほぼ当時の姿のまま保存されており、艦橋では東郷平八郎と同じ位置に立って東京湾を一望できたり、CGやVRなどを使ったデジタル展示も楽しめます。

よこすか満喫きっぷの 選べる「遊ぶ券」をここで使うと、三笠への入艦が無料になり、三笠グッズのお土産ももらえますよ!

また、今回は行程から外してしまいましたが、こちらの三笠公園からボートで無人島「猿島」へ行くこともできます。時間がたっぷりある方はぜひ足を運んでみてください。

▲ 猿島



横須賀といえばここ!スカジャンを着て歩きたい「ドブ板通り」

目的地2:ドブ板通り
アクセス:汐入駅から徒歩約3分。

続いて向かったのは、横須賀を代表するスポット「ドブ板通り」。今回は三笠公園から歩いて向かいました!

日本とアメリカのカルチャーが混在する「ドブ板通り」では、休日は昼間からバーでダーツや音楽を楽しむ人々の姿が見られます。私が訪れた土曜日はフリーマーケットが開催されており、お祭りのように賑わっていました。

ネイビーの集まる外国風のバーやレストランが立ち並び、歩いているだけでも楽しい!

よこすか満喫きっぷの 選べる「遊ぶ券」では、11月〜3月限定でスカジャンをレンタルすることができます。横須賀名物のお土産付きなのが嬉しい! スカジャンを着てドブ板通りで写真を撮れば、SNS映え間違いなしですね◎



まさに隠れ家! 海辺のお洒落カフェでまったり

目的地3:かねよ食堂
アクセス:京浜急行バス「伊勢町」下車、徒歩約5分。

ドブ板通り散策の後は、汐入駅から電車で馬堀海岸駅へ。そこからバスに乗り、海沿いの「伊勢町」というバス停で下車。迷路のように細い道が続く住宅街をGoogleMap片手に歩くと、桟橋に辿り着きました。

桟橋の脇に、お目当てのカフェを発見!!
まさに隠れ家のようなカフェです。


よこすか満喫きっぷの公式サイトで知った、一軒家カフェ「かねよ食堂」。桟橋へ続く道の脇に、入って良いのかどうか分からないような道があり、そこを奥へ進むと入り口が見つかりました。

店内は想像以上にお洒落!
木の温もりを感じる店内席と、海の見えるテラス席があります。

今回は、テラス席の中でも一番海に近いカウンター席を利用させていただきました。訪れたのは16:00前で、ちょうど陽が沈み始めた時間帯。窓の外にはオレンジ色に輝く海と桟橋が見えます。

ここで、よこすか満喫きっぷの 選べる「食べる券」を利用。
しようと思っていたのですが、よこすか満喫きっぷ向けのランチセットは、ランチタイムのみ提供されているとのこと! 代わりに、夕方の通常メニューの中から一品無料でいただきました。

こんな景色を眺めながらいただくキーマカレーは絶品! よこすか満喫きっぷが無ければ知ることがなかったカフェですが、また必ず来たいと思える素敵なお店でした。



「観音崎公園」から海沿い散歩

目的地4:観音崎公園、観音崎ボードウォーク
アクセス:京浜急行バス 終点「観音崎」下車すぐ。

岬の先端に位置する「観音崎公園」には緑豊かな海岸線が広がり、軍事遺構や日本初の洋式灯台「観音崎灯台」などを見学しながら散策できます。

17時頃にはもうすっかり暗くなっており、冬が近づいていることを実感。今回は公園内をほとんど見て回ることができませんでした・・・。

海沿いの遊歩道「観音崎ボードウォーク」をのんびり歩いて、最後の目的地へ向かいます。



お風呂でほっこり。旅の疲れを癒して帰ろう!

目的地5:SPASSO(スパッソ)
アクセス:京浜急行バス「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」下車すぐ。

観音崎京急ホテルのビューティー&リラクゼーションスパ「SPASSO」。観音崎公園からは徒歩7分ほどで行けます。日帰り旅の締めに、ゆっくりお風呂に入って体を温めましょう!

よこすか満喫きっぷの 選べる「遊ぶ券」を使うと、入浴無料でバスタオル・フェイスタオルのレンタル付き! シャンプーなどは入浴場にあるので、手ぶらでふらっと行けるのが嬉しいですね。

こちらは温泉ではないのですが、地元・走水の湧き水を使用しているとのこと。露天風呂以外にも数種類のお風呂があって楽しめました。



3,000円で横須賀満喫プラン、いかがでしたか?

3,000円以下の切符で、半日でこれだけ楽しめました! 「よこすか満喫きっぷ」の公式サイトを見てみると、食べる券・遊ぶ券の使い道が豊富で、何度も横須賀へ足を運びたくなります。

朝早くから行動すれば、「猿島」「叶神社」などへも行くことができますよ。半日だとやはり物足りないかなと思いますので、ぜひ朝からたっぷり横須賀を満喫してください!


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり