search

close

都心から日帰りや1泊2日で楽しむことのできる人気観光地・箱根。車で行くのも良いけれど、たまには冷えたビールを飲みながら観光したくなりませんか?

今回は、鉄道・ロープウェイ・海賊船・バスに乗って、大涌谷や箱根神社などの定番スポットをまわるプランをご紹介します!

Google Map

ちなみに、私は前日に「星の王子さまミュージアム」など箱根の美術館巡りを楽しんで、強羅駅近くの温泉旅館で1泊しました。朝から温泉で心も体も癒し、箱根観光2日目スタートです!

 

火山活動の跡!大涌谷

箱根登山ケーブルカーの早雲山駅から桃源台行きのロープウェイに乗り、大涌谷で途中下車。早雲山駅ではロープウェイのチケット売り場に大行列ができていました。事前に「箱根フリーパス」を購入しておくと便利です。

大涌谷へ着くと、目の前に広がる壮大な景色と、強烈な硫黄の臭いに圧倒されます...!

大涌谷は、約3千年前の火山活動の跡。今なお白い煙が至る所で昇り続けており、不思議な光景を間近で見ることが可能。絶景を前にして、人間がいかに小さな存在なのかを知らしめられた気がします。

2015年に起こった火山活動の影響で大涌谷周辺は立ち入りが規制されていましたが、今ではロープウェイも全線運行を再開し、再び多くの観光客が足を運ぶようになりました。(※大涌谷へのハイキングコースは現在も立ち入りが規制されています。)

名物・黒たまごも一時は販売を中止していましたが、2016年夏には販売を再開。

黒たまごは1つ食べると7年寿命が延びるという謎の言い伝えがあります。また、うまみ成分が高いため通常のゆで卵より美味しいんだとか。この日も多くの観光客が黒たまごを食べているのを見かけ、名物の復活に何だか私も嬉しくなりました。

 

ロープウェイで芦ノ湖へ

再びロープウェイに乗り、大涌谷を後にします。お天気に恵まれればとても眺めが良く、芦ノ湖が目の前に現れた瞬間はちょっとした感動を覚えました。

ロープウェイの終点・桃源台へ着くと、キラキラと輝く芦ノ湖が見渡せます。ここには眺めの良い「桃源台ビューレストラン」もあるので、芦ノ湖を眺めながら食事をするのも良いかもしれません。

 

海賊船へ乗り込む!

芦ノ湖名物、海賊船!
それぞれの船に名前が付いており、内装も異なるようです。私が今回乗ったのは、トリックアートが船内の至る所にあったり、ゴージャスな特別船室が用意されている「ロワイヤルⅡ」。

この日はまだ2月だったので、デッキは冷たい風がビュンビュン吹いて耐えられず...

売店でビールとおつまみを手に入れ、船内でのんびり過ごしました。移動手段として海賊船に乗りましたが、やっぱり船旅はわくわくします。あっという間に、芦ノ湖の反対側にある港・元箱根港へ到着!

 

関東屈指のパワースポット、箱根神社へ

元箱根港から10〜15分ほど歩き、パワースポットとして有名な箱根神社へ。

箱根神社はコケに覆われた木々に囲まれ、空気がひんやりとしています。神聖な雰囲気に、パワーをもらえました。

こちらの鳥居も見逃せません。宮島の厳島神社を彷彿とさせる、芦ノ湖に面した大きな鳥居。最近では外国人観光客からも注目を集め、大人気のフォトスポットとなっています。

箱根神社にお参りしたら、再び先ほどの港の方へ戻ります。車が走る道路ではなく、芦ノ湖沿いの自然いっぱいの小道を通るのがおすすめ。港近くには足湯付きのカフェ「ベーカリー&テーブル箱根」もあるので、ここでちょっと休憩しても良いかもしれません。

 

箱根湯本で食べ歩き!

元箱根港からバスに乗って箱根湯本駅へ。
箱根温泉の玄関口である箱根湯本駅前は、美味しい食べ歩きグルメの宝庫!揚げたての玉ねぎかまぼこは、思わずおかわりしてしまいました。ビールと一緒にいただくと最高です。

箱根湯本の食べ歩きグルメについては、こちらの記事でおすすめをまとめています。
>> 箱根湯本は食べ歩き天国!絶品食べ歩きグルメ3選

箱根湯本駅周辺はお土産屋さんも充実しているので、お土産選びも兼ねてぐるっと歩いてみてください。

 

これにて、箱根の定番スポットを巡る旅は終了。

箱根には何度も車で行ったことがありますが、ロープウェイや海賊船に乗って移動するととても新鮮で、初めて箱根に来たときのような新鮮さを味わえました。旅先でお酒を飲めるのも大きなポイント!箱根旅行のプランに迷ったら、ぜひ候補に入れてみてください。

今度の週末は、自然いっぱいの箱根でパワーチャージしませんか?

 

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり