search

close
2017-02-28

【群馬】冬の草津温泉の楽しみ方5つ!今の季節限定のイベントも

日本三名泉の一つとして有名な草津温泉。温泉街のシンボルである「湯畑」からは大量の温泉が湧き出ており、冬の寒さを和らげてくれそうな湯けむりがもくもくと舞い上がっています。
今回は、そんな草津温泉の寒い季節ならではの楽しみ方をご紹介します。 期間限定のライトアップ情報もお見逃しなく!

 

1. あったか〜いグルメ食べ歩き

草津温泉の湯畑周辺には、出来立てを提供している食べ歩きグルメのお店がたくさん並んでいます。
冬はかなり冷え込む草津。ほかほかグルメで体を温めましょう!

◎あげまんじゅう・あげぽてすいーと

草津温泉名物!「山びこ温泉まんじゅう」のあげまんじゅう(150円)と、あげぽてすいーと(200円)。湯畑の横に建つお店で、大きな看板が目立つのですぐに分かるかと思います。

私はあげぽてすいーと(スイートポテトを揚げたもの)を注文しました。
コチラの旅のしおりを見てからずっと食べてみたかった一品...!

注文してからサッと揚げてくれます!
外はサクサク、中はとろとろ柔らかくて絶品。ほかほかの出来立てスイーツを食べて、冷えた体が少し回復してきました。

 

◎焼き鳥(と、ビール)

お次は湯畑横の「焼肉吾妻」へ。焼肉屋さんですが、店頭で焼き鳥やビールをテイクアウトできます。

こちらのお店では、注文してから焼くスタイル。そのため提供まで時間が少しかかりますが、熱々の焼き鳥が食べられるのは嬉しいですね。
近くには無料の足湯があるので、焼き鳥とビール片手に足湯に浸かるのもおすすめ!

 

◎温泉まんじゅう

温泉街での食べ歩きといえば、ほかほかの温泉まんじゅう。ここ草津では、温泉まんじゅうをまるごと1個試食させてくれるお店がいくつかあります。
特に活気があるお店が、西の河原通りにある「長寿店」。なんと、あったかいお茶までいただいてしまいました。

車で通る方にまで、「ドライブスルーもできるよ〜」と試食の温泉まんじゅうを1個渡してあげる太っ腹すぎるおっちゃん。ドライバーさんも窓から手を伸ばしてしっかり受け取っていました。なんとも不思議な光景です。笑
長寿店の温泉まんじゅうは大きめサイズで餡がたっぷり。とっても美味しかったです!

 

2. 冬ならではの美しい景色を楽しもう!

せっかく冬の草津温泉へ行くなら、美しい雪景色にも注目してみてください。特に綺麗なのが、白と赤のコントラスト。

◎草津穴守稲荷神社

西の河原公園にある「草津穴守稲荷神社」は鮮やかな鳥居が連なっており、雪が積もるとより一層幻想的。
この日は階段が凍っており、上まで登るのは困難でした...。

 

◎光泉寺

湯畑のすぐそばにある光泉寺。
運が良ければ、「湯畑キャンドル」で石段がライトアップされた美しい景色を見られるかもしれません。(イベントスケジュールは、草津温泉温泉観光協会サイトのイベントカレンダーをチェック!)

 

3. 湯もみで体ぽっかぽか!

草津温泉といえば「湯もみ」が有名。
草津温泉の源泉は非常に温度が高く、熱いところでは95度以上もあるそうで、そのまま入浴することはできません。水を入れて温度を下げる方法では温泉の効能が薄れてしまうため、考え出されたのが「湯もみ」という方法。

「熱乃湯」では湯もみと踊りのショーを観ることができ、ショーの中ではお客さんが湯もみを体験できる時間もあります。写真は「湯もみくん」の特別ショーです。
近くの席で観たところ、舞い上がる湯気のおかげで少し温かく感じました。湯もみ体験もすれば体がぽかぽかすること間違いなし!

 

ちなみに、湯もみショーの会場では毎晩20:00から落語を観ることができます。ずっと外を歩いていると体が冷えてしまいますし、夜は室内で落語を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

4. 湯めぐりで体の芯から温まろう!

草津温泉には日帰り入浴できる温泉施設が数多くあります。中には無料で入ることのできる温泉も。草津温泉のお湯は湯あたりしやすい泉質なので入りすぎはNG(※)ですが、せっかくなので宿泊する旅館以外の温泉にも行ってみましょう!

※1日の入浴回数は3回くらいを限度とするのが無難だそうです。(草津温泉観光協会サイト参照)

 

今回私は、湯畑近くの「御座之湯」へ行ってみました。

木のぬくもりを感じる非常に綺麗な温泉施設です。
入浴料は大人600円、子ども300円。
3〜5分お湯に浸かるだけでも充分なくらい体が温まります。湯あたりを起こさないよう、普段お風呂に入る時間より短めの入浴を心がけてくださいね。

また、入浴料よりタオル代の方が高い温泉施設もあります。草津温泉へ行くときは、バスタオルと足湯用の小さめのタオルを持参するのがおすすめ!

寒い冬だからこそ、温泉の有り難みが一層感じられました。

 

5. 期間限定!かまくらいと(2017年は3月5日まで)

湯畑近くの湯路広場に、光輝く小さなかまくらが登場!2017年は2/11〜3/5の期間、毎日17:00〜22:00にあかりが灯されます。
ライトの色は時間とともに変わるようです。

個人的には、夕暮れ時の淡いピンク色のライトが一番好きでした。寒くてもこんな可愛らしいかまくらを見れば心が温まりますね。

 

また、夜は近くの湯畑もライトアップされ、湯けむりと見事に合わさって幻想的な姿を見せてくれます。

湯畑のライトアップは毎日行われていますが、2017年3月9日〜3月12日には特別ライトアップが行われるそうです。
寒い日でも、夜はぜひ出かけてみてくださいね。

 

冬の草津は厳しい寒さですが、それでも行きたくなる、むしろ冬だからこそ行きたくなるような魅力がたっぷり詰まっていました。今しか見られない景色も楽しんで、冬の草津温泉を満喫してください!

 

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり