search

close
2017-01-28

女子の間で今、広尾がアツい!フォトジェニックなカフェ4選

おしゃれなカフェや週末のお出かけ先・旅先などをリサーチするとき、ググらずにInstagramで調べる人が増えたと言われていますが、私もそのうちの一人。

Instagramを見ていると、最近毎日のように目に飛び込んでくるのが、広尾のカフェの写真。
そう、女子の間では今、広尾がアツいのです!!
広尾といえば、恵比寿・渋谷・六本木に囲まれた高級感溢れるおしゃれな街というイメージがありますが、これほどまでに女子たちを魅了しているのは何故なのでしょうか。
さっそく、確かめに行ってきました!

 

意外にも下町っぽさのある広尾

東京メトロ日比谷線・広尾駅の2番出口を出て、広尾散歩通りへ。おしゃれなカフェが並んでいたり、外国人の男の子がローラースケートをしていたりと、華やかな印象の商店街です。

 

少し歩くと、以外な建物が!

 

思わず二度見してしまいました。

広尾駅近にレトロな銭湯があるなんて予想外!
外国人の多い街・高級感溢れるおしゃれな街を勝手にイメージしていましたが、こんな下町っぽさもあるんですね。

ちなみにこちらの広尾湯は、入浴料460円・タオルやシャンプーなどの入浴セットが130円と、手ぶらでも気軽に入れるようです。気になる方はぜひ!

 

もう少し歩くと、Instagramでよく見かけるお店が見えてきます。

 

1.「AND THE FRIET」

1店目はこちら! 水色の外観がとっても可愛い、フライドポテトのお店「AND THE FRIET」。ラフォーレ原宿の中にも店舗があるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。ポテトの種類が豊富で、他ではなかなか見かけないソースもあります。

 

こんな洒落たボックスに入れてくれます。食べ歩きにもぴったりですね!ポテトやソースの種類を選んでカスタマイズできるのも楽しいです。

今回は本場ベルギーのポテトに、アンチョビソースをチョイスしてみました。ケチャップを付けて食べるよりも、なんだか上品なお味!ボックスを抱えて歩きながら、アツアツのうちに美味しくいただきました。

 

2.「Homework’s」

ポテトを食べた後は “広尾バーガー” の看板に誘われ、こちらのお店に入ってみました。
洋風の外観の「Homework’s」広尾店。
お客さんは海外の方が多いようで、店内は英語が飛び交っています。

さっそく、「広尾バーガー」を注文!

 

この「広尾バーガー」というメニュー、お肉・チーズ・ベーコンが パンケーキ で挟まれているんです!パンケーキにはメープルシロップがたっぷりとしみ込んでおり、甘くて美味しい。
マクドナルドのマックグリドルが好きな方はきっと気に入ると思いますよ!

 

3.「MELTING IN THE MOUTH」

続いてご紹介するお店はこちら、可愛いソフトクリームが有名なお店「MELTING IN THE MOUTH」。“ご紹介する”と言っても、お店の前を通りかかっただけなので外観の写真のみです...すみません(小声)。私が広尾散歩をしたこの日は、数年に一度の大寒波の日。痛いほどの寒さにも関わらず、お店の外にも行列ができていました。恐るべしインスタパワー...!

 

人気の理由は、おもちゃのような見た目のソフトクリーム。
店内には電源・Wi-Fiも完備されているそうなので、空いているときにまた来てみます!

 

4.「CANVAS TOKYO」

最後はこちらのお店へ!
外国かと思ってしまうような外観がひときわ目立つ、コーヒーとドーナツのお店「CANVAS TOKYO」。

 

大好きなフラットホワイトがあったので迷わず注文。
あったまる〜。。。

店内を見渡してみると、JK・JDの間ではピンクのドーナツとピンクのドリンクが人気のようです。
そして、ストローをドーナツの輪っかに通し、ドリンクの上にドーナツを乗せるのが今の流行り!数年に一度の大寒波の日でも冷たいドリンクを飲んでいる方が多かったのはそのためでしょうか。ここでも偉大なるインスタパワーを垣間見たような気がします。

 

 

まだまだ気になるお店がたくさん!

今回は入ることができなかったものの、ピンクの壁が可愛いキューバ料理店「CAFE LA VIDA」や和スイーツのお店「船橋屋こよみ」など気になるお店をたくさん発見し、広尾はまた必ず来たい街となりました。

 

女子が広尾に魅了される理由、それは「フォトジェニック」「美味しい」が詰まった街だから。
お天気の良い休日は、のんびり広尾散歩してみてはいかがでしょうか。

 

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり