search

close
2016-05-25

【四万温泉】都内からバス一本で行ける秘境!レトロな温泉旅館でまったり女子旅

群馬県・四万温泉へ

「仕事のことを忘れて、日頃の疲れを取る旅に出たい!」ということで、週末に親友と2人で、群馬県の秘境といわれる「四万温泉」へ行ってきました!

東京駅の八重洲口近くのバス乗り場から、秘境・四万温泉へ。一本で行けるバスが出ており便利です。 着いてまず驚くのが、川の色!!!

四万川はとっても綺麗な青色をしているんです!
「四万ブルー」と呼ばれているそう。時間や場所によって色合いが少し変わると聞きました。

宿泊先は、「柏屋旅館」

四万温泉は観光する場所はあまり多くありません。そのぶん、旅館でまったりするのを楽しみにしていました。
私たちが宿泊したのは、「柏屋旅館」。他の温泉旅館からは少し離れた場所にあります。

旅館に着いてすぐに、館内の貸切露天風呂へ。
たいていの旅館では、露天風呂を貸し切るには予約する必要があるかと思いますが、こちらの旅館では空いていれば誰でも好きな時間に貸し切ることができます!

早めの時間だったため全ての露天風呂が空いており、私たちは贅沢に一人一つの露天風呂を独占(笑)。
大自然の中にある落ち着いた雰囲気のお風呂で、とっても癒されました◎

こちらの旅館は、お風呂以外にも風情を感じる場所がありました。

素敵な空間、「湯上りライブラリ」。
レトロな小さい図書室のようになっており、PCで作業をしている方もいらっしゃいました。

お部屋は和モダンなかんじで、テラスからは四万川や壮大な山々が見えました。
ここでのんびりお茶を飲んでいるだけでも癒されます。

秋の味覚満載の夕食

旅館でのもう一つの楽しみは、やはり豪華なお食事!
柏屋旅館では、季節の食材がふんだんに使われた夕食をいただきました!
(※メニューは2015年11月に訪れたときのものです。)

まず最初にいただいた胡麻豆腐がとっても美味しくて、私史上最高の胡麻豆腐といっても過言ではありませんでした。

そして続々と運んでこられる秋の味覚たち。

味噌とゆずで味付けされた鮭や舞茸など。
葉っぱに乗せられて出てくるところがまた良いです。

栗ご飯。
シンプルだけどめちゃくちゃ美味しかった、、!

赤城牛のステーキ。
鉄板に乗せてジュージュー焼きます。

一緒に地酒も。

この上なく幸せな気分になれる夕食でした、、!
また違う季節のメニューも食べてみたいなと思います。

ちょこっと観光

翌日は、現存する日本最古の木造湯宿建築「積善館」へ。
千と千尋の神隠しに出てくる橋にそっくりだと話題になっている場所です!
夜のライトアップされた景色が美しいそうなので、次は夜に行きたいと思います。

バス乗り場近くのホテルの中に、ハローキティとコラボしたカフェがありました。
キティちゃんファンというほどではない私でも、この可愛いラテアートが出てきたときは思わず笑顔になりました!
キティちゃん好きの方はぜひ行ってみてください◎

この他に、温泉マークのアートが施されたドリンクが出てくる「柏屋カフェ」にも行ってみたかったのですが、混んでいたので断念。。
次回はリベンジしたいと思います!

箱根や熱海とはまた違い、ちょっぴり大人な落ち着いた雰囲気が楽しめる「四万温泉」。
お食事がとても美味しく、雰囲気も良い柏屋旅館さんには、是非また泊まりに行きたいと思います。

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり