search

close

10月は気温が落ち込む日がありましたが、11月は暖かい日が続き、紅葉の色づきは平年よりも遅めの傾向と言われています。
取り急ぎ11月2週目の様子をレポートしたいと思います。



瑠璃光院

写経机にリフレクションする紅葉の絶景が有名な浄土真宗の寺院。


まだまだ色づきはこれからですが艶やかな緑の世界にうっとり。


四方八方、どこの部屋からの眺めも美しく、毎度ため息が漏れます。


瑠璃光院は事前予約が必要です!(ネット予約可)



圓光寺

徳川家康によって開基された臨済宗南禅寺派の寺院。


京都でも随一と言われている水琴窟。

竹筒から響く音は、心のもやもやをはじいてくれそう、そんな清い音色でした。

境内奥の高台には家康公の東照宮(歯が埋葬されている)があります。



二尊院

「釈迦如来」と「阿弥陀如来」の二尊を祀る天台宗の寺院。


青空が味方して木々の色々がより鮮やかに浮かび上がります。


カラフルな花手水が印象的でした。



西芳寺

別名「苔寺」として知られる臨済宗の寺院。


庭園は二段構成となっており、下段は“穏やかな心”を表現した黄金池を巡る池泉式回遊庭園、上段は“厳しい修行”をごつごつとした岩で表現した枯山水庭園です。


蒼蒼とした苔で覆われた庭園を見ると静かに時を刻んできた歴史を感じます。


西芳寺は事前予約が必要です!(往復はがきでの予約)
開門、閉門の時間が決まっているので時間厳守で参拝に臨みましょう。



全体の感想としては色づき60%くらいかな?といったところです。赤々とした紅葉はもう少し先、月末くらいが見頃かもしれません。しかし段々色づいて行っている過程を楽しむには最適な時期でした。


緑、黄色、赤、そして空の青とのコントラストが楽しめた紅葉狩りin京都でした!


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり