search

close


宮城県石巻市の沖合に浮かぶ離島「網地島(あじしま)」は、子どもの頃に家族で何度か遊びに行ったことのある思い出の島です。
思い出の島といっても、覚えていることと言えば「海が綺麗だったなぁ」ということくらい。
今回は、仙台での用事を済ませたあと、帰宅を一日延期して網地島へ行ってみることにしました。





石巻の門脇港から出航

網地島へのアクセスは、石巻の中央港か門脇港からフェリーで約45分。
今回は門脇港から乗船します。
フェリーチケットを購入しているのは大半が地元の方のようです。
シーズンオフのこの時期、旅行者は少ないのかもしれません。

フェリー「網地島ライン」は、石巻を出発したあと、田代島、網地島の順に寄港します。
網地島のお隣「田代島」は、ネコの島として、女性に人気の離島なのだそうです。

フェリーに乗り込みいざ出航!
船の一階部分は広々とした客席で、座席指定はされていません。
乗客も多くはないので、好きな席に座れます。
二階にはデッキがあるようなので、のぼってみました。

デッキで優雅に海を眺めるぞ、と思っていたのですが、予想以上に潮風と揺れが激しく、一瞬で髪も服もバサバサになってしまいました。
揺れるデッキのベンチには、作業服姿で寝転んでいる地元の方々が・・・。

ノコノコとデッキに上がってきて、一瞬でバサバサになって揺れに足をとられつつ、ヨロヨロと退散するヨソモノのワタシを、チラリと横目で確認し無言で見送る地元の方々・・・。

船の揺れに慣れない旅行者は、網地島ラインのデッキに出る際には気を付けましょう。





網地島上陸

予定通り、45分ほどの航海で網地島に到着。
さて、これからどこへ行ってみようかな。
島にはレンタカーもないし、バスも一日に数本です。
島の案内図を見てみたら、どうやら島内にはメインの道路と数本の山道しかないようなので、歩いて島巡りをしてみることにしました。

島内をしばらく歩いていると、・・・あれ?
ネコがたくさんいますね。
よく見てみると、あちこちにネコがいます。

人の姿はほとんど見かけないかわりに、可愛いネコたちがお出迎えしてくれています。
みんな人懐こく、島の人々に大切にされている様子。
網地島もネコの島なのか~。





島の中心部へ

先ほど地図で確認しておいた山の方へ向かってみます。
そういえばここ網地島は、3.11の震源地からとても近いのだということを思い出しました。
津波の時、この小さな島にどれだけの被害が出たのでしょうか。

ピーク時には3,300人ほどいた島民が、今では300人くらいに減っているそうです。

それにしても本当に人の気配がありません。
フェリーを降りてから出会った人は、島のおばあちゃん一人だけ。
コンビニはもちろんのこと、小売店的なものも見当たりません。

道端に大きなカラスの羽を発見。
この辺りは島のメイン通りのはずですが、未だ誰ともすれ違いません。





島の楽校

しばらく歩くと、「島の楽校」が見えてきました。
廃校となった中学校の教室を、宿泊できるようにリノベーションしてある施設のようです。

ここで、網地島に移住してきたという方と出会い、島のことについて色々お話を聞くことができました。

14年前に網地島に移住してきたその方は、3.11の地震や津波の際もここ網地島にいたとのこと。
さぞ大変だったのだろうと思いきや、なんとこの島では地震や津波による被害者は一人も出なかったのだそうです。

その方いわく、
「網地島は震源地の金華山沖に近いが、島の標高が少し高いためか、手前で津波が二つに割れて島を避けていった。」
とのこと!

地震直後には海水が地底の溝に全て流れ込んで、島の周りの海の水は一旦なくなり、海底が丸見えになったのだそうです。

そんな光景、想像するのが難しいですよね。

震源の至近距離にありながら被害者の出なかった網地島は、島の人々の間では「奇跡の島」と言われているのだそうです。

島の住民が減っているのは3.11のせいではなく、過疎化の影響だったのですね。

思いがけずとても貴重なお話を聞けたことに感謝。

ちなみに網地島では、月に12万円ほどあれば夫婦二人、余裕で暮らせるらしいですよ。
離島、いいな・・・。

中学校をリノベーションした宿泊施設の他、島には小学校をリノベーションして造られた病院もありました。





旅の締めくくりは思い出の海へ

そろそろ帰りのフェリーの時間が近付いてきました。
もと来た道を戻り、浜を見てから帰ることにします。

帰り道、大きめの蛇に出会ったり、ローカルなバス停を見つけたり、ツリーハウスを発見したりしながら山を下っていくと、

民家の先に海が見えてきました。
遠くにフェリー乗り場も見えます。
フェリー乗り場の横にある浜が、思い出の浜「白浜」です。

こちらが網地島のビーチ、白浜です。
少し曇っていますが、海の水は透き通り、とても綺麗です。
青空だったらさぞかし綺麗なんだろうなぁ。
海水浴シーズンになったらまた来てみたいな。





まとめ

今回は行けなかったのですが、網地島には素敵な灯台もあるみたいです。
そして網地島は、ウニが美味しいことでも有名です。
島には民宿が数件あり、宿泊すれば絶品のウニを食べられますよ。
網地島をゆっくりとまわりたいなら、泊りがけで行くことをおすすめします。





あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり