search

close


「王子が岳(おうじがたけ)」は、岡山県の南部、児島半島にある絶景スポットです。
岡山駅から車で約1時間、倉敷市と玉野市の境に位置する「王子が岳」からは、瀬戸内海に浮かぶ島々や瀬戸大橋を見渡せるとのこと。
絶景好きのワタシ、到着前からウキウキです。





駐車場に到着した途端、絶景に出会える予感が・・・

王子が岳に近づくにつれ、辺りは何もなさそうな山道に突入。
ナビをセットしたにもかかわらず、駐車場に着くまでは「本当にこの道で合っているのか」と少々不安になりながら、曲がりくねった山道を運転しました。

やっと到着した広い駐車場からの景色が既に素晴らしく、絶景に出会える予感でいっぱいになります。





絶景を見るためには避けて通れない山道

さて、王子が岳の絶景スポットまでは、写真のような遊歩道を行きます。
上り坂が続きますが、絶景を見るためにはがんばって歩かなくては!
この先に広がる素晴らしい景色のことを想像しつつ、しばらくウォーキング。

途中、海が見渡せる広場に、休憩用のベンチが設置してありました。
ここでも十分素晴らしい景観なのですが、もう少し歩いた先の頂上では、巨石・奇石が織りなす絶景が見られるのです。

ベンチがあった場所から少しのぼると、目的地の山頂が見えてきました。





これがにこにこ岩!?

山頂に到着した途端、巨大な岩に目が釘付けになりました。
これが標識にあった「にこにこ岩」なのでしょうか?
笑っているように見えますか・・・?

とにもかくにも、運動が苦手なワタシ、がんばって登ってきたな~!と自分を褒めようとしたところ、王子が岳の一番の絶景スポットへ行くには更にもう少しがんばらないとならないことに気付きました。





ここが王子が岳イチの絶景スポット!

SNSでよく見かける王子が岳の「映え」スポットは、海に突き出しているように見える大きな岩の上なのです。

写真のような岩の間を抜けて行き、途中、もちろん手すりなどは付いていない岩をよじ登ったり、運動音痴なワタシは滑って転びそうになったりしつつ、やっとたどり着いたのが・・・

この絶景!
がんばってよかった~!
高所恐怖症ではないワタシでも、少し脚がプルプルします。

右も左も瀬戸内海と奇石の絶景!

そして足元はこのような断崖絶壁。
高所恐怖症の人は、ちょっと厳しいかもしれません。
足もとを見てしまうとアレですが、目の前には圧倒的な景色が広がり、右の方を見てみると遠くに瀬戸大橋も見えます。
万年体育2のワタシでもたどり着けたので、みなさんも是非トライしてみてくださいね。





絶景を堪能したあとのティータイム

岩場で思いがけず苦戦し、少し休憩したくなったので、駐車場近くの王子が岳パークセンターにあるカフェに入ってみることにしました。

窓の外は一面の瀬戸内海という素敵なロケーションのこちらのカフェは、内装もおしゃれ。
ピアノが置いてあったので、生演奏が聴ける時もあるのでしょうか?

がんばった自分へのご褒美は、美味しいリンゴジュースと蜂蜜トーストにしました。
至福・・・。





まとめ

平日の午前中に訪れたからかもしれませんが、王子が岳もカフェも混雑はなく、快適に楽しめました。
山頂の岩の上からの景色は、高所恐怖症の方も是非がんばって観賞していただきたい絶景です!





あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり