search

close


おいしくお酒を飲んだあとは、ラーメンでシメ!
…ではなく、
道民は、パフェでシメる。
今回は札幌独自のシメの文化、シメパフェをご紹介します。



もはや芸術品!シメパフェ

先程お伝えしたように、ワイワイ楽しく飲んだあとは、パフェでシメるのが札幌流。

そんなシメパフェの専門店が札幌には数多くあります。特に多いのがすすきの付近。飲み屋街のすすきのは、パフェの専門店もたくさんあるんです。

「お酒飲んだあとに甘いパフェなんて…」と思っている方!シメパフェは、大人のパフェ。甘いだけじゃないんです。苦味や酸味まで全て計算され尽くされていて、見た目もまるでフレンチの一皿のよう。
今回紹介するお店は、シメパフェ歴5年の道民が厳選するお店です。




『パフェ、珈琲、酒、佐藤』

シメパフェの代表格と言えるこちらのお店。定番のパフェは四種類あり、中でも一番おすすめの人気パフェは、こちらの『塩キャラメルとピスタチオ』。

カクテルグラスに乗る二種類のソルベと、ピンク色のカシスムースがなんともおしゃれ。もちろん、味も◎。キャラメルの苦味や、カシスの酸味が大人向けのパフェに仕上がっています。


実は姉妹店、『パフェ、珈琲、酒、佐々木』や『DIP & MERRY』もあるんです。上の写真はDIP & MERRYのほうじ茶と黒胡麻のパフェ。どのお店もすすきのから徒歩10分ほど、狸小路からなら徒歩5分ほどです。超人気店ですので、20時ごろからだんだん行列ができますが、並んででも食べて欲しいシメパフェです。




『パフェテリア ミル』

続いてご紹介するのは、かわいいシマエナガが目印のお店。季節によって色々なパフェが楽しめるので、定期的に通ってしまいます。写真は夏に食べたメロンのパフェ。どうやって食べるの?と思ってしまうほどの美しさに驚くこと間違いなし!


こちらの写真は秋に食べたパフェです。パフェのてっぺんにはお花が咲いていたり、ガラスに付いているゼリーは、水玉模様になっていたりと、とにかく女ゴゴロをくすぐる可愛さにきゅんとします。

お店の本店は、もともと『リゾット専門店のGAKU』というお店だったんです。そこから『ミル』や、『ななかま堂』など様々なシメパフェ専門店を生み出し、今では東京にも進出しています!そんな人気店の味を一度は食べてみてくださいね。




『スイーツバー・Melty』

こちらのお店では、シメパフェを自分でカスタマイズできるんです。メニューからアイスの味や、シロップの味、トッピングなどを選び、紙に記入していきます。自分の好きな味を選んだり、組み合わせを考えたりできるなんて、わくわくしてしまいますよね!

アイスやクッキーに描かれた顔や、ハート型の苺など可愛さ満点です。お店には常連の方がたくさんいるらしく、お店の方と仲良くおしゃべりしています。そこに混ざって、わいわい楽しく食べられます。行くたびに新しい出会いがあり、フレンドリーでアットホームな雰囲気がとても素敵なお店です。


すすきのから徒歩約1分というアクセスの良さ。すすきので楽しく飲んで、まだ帰りたくない!という時は、ぜひここで楽しい時間の続きを過ごしてください。




『SAPPORO SARYO ASAMI ABO』

珍しいモンブラン専門の夜パフェ専門店です。賞味期限15分の絶品モンブランが食べられます。お店は夜のカフェらしく、モダンで落ち着いた雰囲気です。メニューは予約必須のモンブランのコースと、予約なしでも食べられるパフェがあります。

モンブランに使われているのは京都産の丹波栗。モンブランクリームはふわふわで口に入れると、とろけていきます。モンブラン自体、そんなに好きではない私もこれはおいしい!と驚いた一皿です。


こちらは『苺のSAPPORO Mont-Blanc』というパフェ。美しい見た目はもちろん、味も絶品。やさしい甘さと香り高い栗、蜜のように甘い苺、升の中のあっさりとしたミルク味のアイス…全てが絶妙にマッチしていました。
20時開店ですが、すぐに満席になるので、終電など時間に余裕がある時に足を運んでみてください。




『夜GELABO』

最後にご紹介するのは、私が一番好きなお店です。ぜひぜひ行ってほしい!…ところなんですが、こちらは期間限定のお店なんです。2年前から始まり、10月〜12月までのたった3ヶ月。しかし、人気すぎて、入れなかった方がいたようで、2年連続で1月までの営業に延長しています(笑) そのくらい、大人気なんです。

写真はあまおうのパフェです。苺のパフェはアイスが甘すぎて、シメパフェには重たいことがあるんですが、こちらのパフェは甘いのにあっさりしています。ジェラートは3つの味が入っています。そのうち一つは自分で好きな味を選べるんですよ。


おいしさの秘密は、ジェラートにあります。実は、このお店、ジェラート屋さんなんです。豊平区の福住というところにある、『GELATERIA GELABO』というお店。約30種類のジェラートがあり、お店で丁寧に手作りされています。
パフェのお店は今はやっていないので、ぜひジェラートだけでも食べに行ってください。




いかがでしたか?
札幌のシメパフェ文化をぜひ一度体験して幸せを味わってみてくださいね。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり