search

close


気分が落ち込みがちな外出自粛期間、可愛い動物の写真で癒されたい...!

そこで今回は ittaライターの旅のしおりの中から、可愛い動物に出会える旅先をピックアップしてみました! 気になる場所があれば写真下のリンクから、実際にその地を訪れたライターの旅のしおりをご覧ください。




ケープペンギン / 南アフリカ

写真:「【南アフリカ】可愛さ神レベル!野生のケープペンギンに会いに行こう!」(ライター:BLUE)より

南アフリカの「ボルダーズビーチ」は、野生のケープペンギン(アフリカペンギン)を間近で観察することができるスポット。このような都会近くのビーチにコロニーを形成するのは非常に珍しいそうです。よちよち歩きをしたり、集団で泳いだり。ペンギンたちの動作一つ一つがたまらなく可愛い・・・!




リス / アイルランド

写真:「リスを間近で見たい人必見!? アイルランドの楽園、国立植物園」(ライター:poppo)より

アイルランドの首都ダブリンにある「ナショナル・ボタニックガーデン」(国立植物園)は、まるでオアシスのような、手軽に自然に触れられるスポット。入場無料で散策できます。広大な敷地には多くのリスが生息しており、可愛らしい姿を間近で見ることができますよ。




ネコ / キプロス

写真:「キプロス島へ行ってみたら、そこはネコの楽園だった! 10の見どころをご紹介」(ライター:BLUE)より

地中海に浮かぶ「キプロス島」は、美しいビーチや歴史的価値の高い遺跡が点在するリゾーチ地。観光を楽しみながら島のあちこちで猫に遭遇することのできる“猫の島”としても知られています。日本旅行業協会の「ヨーロッパの美しい村30選」に選ばれたレフカラ村では、絵本に出てきそうな石畳の路地で、のんびりとした猫に出会えるかも。




アルパカ / ペルー

写真:「【ペルー】神秘の絶景! 天空都市『マチュピチュ』に登ってみた」(ライター:YURI)より

愛らしい見た目で人気のアルパカは、南米ペルーの高原地帯に多く生息する動物。世界遺産「マチュピチュ」でも見ることができます。可愛いアルパカたちが遺跡をバックに草をはむ姿は、マチュピチュならではの光景!




アシカ / アメリカ

写真:「【サンディエゴ】アシカとアザラシの住む美しいビーチへ☆おおきみかアメリカ横断中19」(ライター:おおき みか)より

アメリカ・カリフォルニア州の「ラホヤコーブ」には、野生のアシカやアザラシが多数生息しています。彼らは人間がすぐそばにいてもお構いなし! 気持ち良さそうに日光浴する姿を間近で見ることができる、珍しいスポットです。




ターシャ / フィリピン

写真:「メガネザルにチョコレートヒルズ!人気の『ボホール島』観光でアクティブに楽しもう!」(ライター:巻町アカネ)より

フィリピンの「ボホール島」には、体長わずか10cmほどの世界最小のメガネザル「ターシャ」が生息。保護施設にて見ることができます。夜行性で、くりっとした大きな目が愛らしい! 非常に繊細でストレスを感じやすい動物であるため、静かに見学しましょう。




キツネ / 宮城県

写真:「【宮城】モフモフ天国!『蔵王キツネ村』の可愛いキツネたちに会いに行こう」(ライター:ちゃんちか)より

宮城県白石市の「蔵王キツネ村」は、大自然の中で100頭以上ものキツネが放し飼いにされている、世界でも珍しい施設。寒い季節にはモフモフの冬毛に身を包んだキツネたちに会うことができます。放し飼いのキツネを触ることは禁止されていますが、決まった時間に開催される“抱っこ体験”でキツネと触れ合うことができますよ。




ニホンザル / 長野県

写真:「【地獄谷温泉】お猿と混浴? 世界で唯一、野猿が温泉に入る場所」(ライター:BLUE)より

長野県の「地獄谷温泉」は、世界で唯一、温泉に入るニホンザルの姿を見ることができる場所。野生のニホンザルたちが暖を求めて温泉に入るのは、特に寒さの厳しい12月~3月ごろ。時期を合わせて訪れれば、猿が温泉に浸かっている様子を写真に撮ったり、同じ湯で混浴したりすることができますよ。




可愛い動物たちに会える国内外の旅先をご紹介しました。 いつか、実際に会いに行ってみてくださいね。

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり