search

close


こんにちは!
今回ご紹介するのは、この時期ならではの北海道の楽しみ方です。極寒の北海道だからこその魅力あふれるトマムのアイスヴィレッジ。ぜひ、冬の旅行の参考にしてみてください。



アイスヴィレッジとは

星野リゾートトマムに冬限定で登場する、屋外のアイスヴィレッジ。
ここは幻想的な氷の街で、-30°Cにもなる極寒の世界です。

ブースは全部で 12 つ。(ベーカリーカフェ、カウンターバー、スイーツショップ、楽器屋、アトリエ、雑貨屋、クリスタルパーク、教会、露天風呂、アイスリンク、滑り台です。)どれもこれも、氷でできているんです。

今年は 12 月 10 日から順次オープンしています。

ここが入り口です。宿泊者以外だと入場料 500 円を払います。

営業時間は 17 時から 22 時(最終入場 21 時 30 分)までです。

星野リゾートトマムには、アイスヴィレッジの他にもスキー場や温水プールなどの施設もあります。アイスヴィレッジの営業時間前にも時間を持てあますことなく遊べるのも、さすが星野リゾートトマムですね。




いざ、-30°Cの世界へ。

入り口からアイスヴィレッジまでの歩いて数分の道も工夫がいっぱい。ライトアップされた道を歩いていると、どんどんわくわくが膨れていきます。途中、プロジェクションマッピングもありました。

まずは、アイスヴィレッジを一望できる展望台にでます。

その幻想的な景色がこちら。

突然現れるそれはなんとも美しく、息を呑みます。
青く輝く街がただ幻想的で、絵を見ているかのようでした。

手前に見える広場は、アイススケート場です。人が滑っているのがわかります。




下に降りて行くと...

ひとつひとつは、こんなふうになっていました。ホテルからここに到着するまで、約 10 分ほど。たったそれだけでもう身体は芯まで冷え切っています...

ということで、大人気だったのはカフェでのチーズフォンデュやホットドリンク。
一回ここで身体を温めましょう!

わたしはホットドリンクと焼きマシュマロを頼みました。

焼マシュマロは、こぶしくらいのビッグサイズ!
焚火の炎でじっくり焼いたら、ほかほかの甘〜いマシュマロの完成です♪

他には、極寒の中で食べるジェラートや氷のグラスで飲むお酒などもありました。
氷のバーでは、カウンターやイスまでもちろん氷。

マイナス 30 度なんて寒くない!という、高機能の皮膚をお持ちの方はぜひ!!

お土産には、こんなかわいらしいクッキーもおすすめです。
雑貨屋さんには蝋燭やコップなどが売っていました。




アイスヴィレッジで体験

展望台からアイスヴィレッジにかけて滑れるこちらの滑り台。そして下に降りるとすぐ隣にあるのがスケートリンクです。

滑り台ももちろん氷でできています。
私はスキーウェアだったので濡れる心配もなく楽しく滑れましたが、洋服だと濡れてしまうので注意してくださいね!

ちなみに、ジーパンで滑った友達よりもスキーウェアで滑った私のほうが滑りが早かったので、やっぱりスキーウェアがおすすめです。

こちらはクリスタルパークというブースの一部です。写真は氷でできたチェアーベッドです。
こんな氷のチェアーベッドに寝っ転がって撮る一枚も、インスタ映えしそうな予感ですね。

氷の中で鮮やかに咲くお花たちも飾られていました。

椅子やテーブル、ライトなども全て氷でできていて、触れたり座ったりと本当に部屋全てが氷です。




まるでアナ雪の世界!? 氷の教会

アイスヴィレッジの 1 番奥にあるのは、メインの氷の教会。教会への入り口もライトアップされていて、なんだか神秘的です。

階段を上り、美しい橋を渡ります。
中に入ると、こんな感じ。

ドーム状になっています。
青白い光で照らされている十字架に氷のバージンロード。
アナと雪の女王の氷の世界を思わせます。

氷の教会は今年は 1 月 18 日から 2 月 14 日までの期間限定です。

写真は去年行った時のもので、今年はまた少し違った雰囲気になるかもしれません。

こちらの教会では実際に挙式をあげることができます。見学だけでも時間が決まっているので、レアです!必見です!

ぜひ、星野リゾートトマムのアイスヴィレッジに行くことがあれば、この教会だけは見逃さないようにしてくださいね。




氷の世界はいかがでしたか?

トマムではアイスヴィレッジの他に、1 日 1 組限定で、氷の露天風呂と泊まれる氷のホテルの体験もできます。ぜひ一度、氷の世界を楽しんでみてくださいね。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり