search

close

鳥取県にある「白兎神社(はくとじんじゃ)」は、その名の通り、“白うさぎ” が祀られている神社。最近は縁結びのパワースポットとしても注目を集めているのだとか!
鳥取砂丘へドライブしたついでに参拝してきました。




神話『因幡の白兎』の舞台!

「白兎神社」で祀られているのは、神話『因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)』の白兎神。

『因幡の白兎』といえば、ワニザメを騙して毛を剥ぎ取られたうさぎが、大国主命によって助けられる、日本神話の中でも特に有名なお話です。「白兎神社」の前に広がる「白兎海岸」がこの神話の舞台だと言われており、神社の参道沿いには白うさぎが傷口を洗ったとされる池があります。

▲ 神話『因幡の白兎』で うさぎが傷口を洗ったとされる「御身洗池(みたらしいけ)」

助けられたうさぎは “八上姫は大国主命と結婚することを望むだろう” と予言し、その通りになります。この神話から、「白兎神社」は縁結びの神様としても信仰されているのだそうです。

▲ 大国主命と八上姫の砂像




謎の白い石

鳥居をくぐって振り返ると、日本海と鳥居の美しい風景が。
鳥居の上にはなぜか、白い石がたくさんのっています。

参道に並ぶうさぎの像にも、白い石がたくさん。

よく見ると、石には「縁」の文字が!

実はこれ、「白兎神社」の社務所で販売されている「結び石」というもの。

もともとは “鳥居の上へ投げてうまくのれば良いことがある” と言われる石だそうですが、投げずに御守りとして持ち帰ったり、願いを込めてうさぎの像へ置いたりする方が多いようです。(石を投げて人に当たってしまうと危ないですし、そのほうが良いのかも。)




うさぎの御守りやおみくじが可愛い!

結び石の他にも、うさぎの形の「白うさぎみくじ」や「縁結び御守り」、使うとうさぎが現れる「あぶらとり紙」など、可愛らしいグッズがたくさん!

▲ 白うさぎが描かれた絵馬

▲ 御朱印にも、うさぎのスタンプが添えられていました

▲ 珍しいピンク色のポストも!

縁起物もうさぎだらけで、うさぎ好きにはたまらないスポット! 鳥居のそばにあるピンク色のポストは、フォトスポットとしても人気があるようでした。




道の駅「神話の里 白うさぎ」にもぜひ寄ってみて!

「白兎神社」へ参拝したら、神社のすぐ前にある道の駅「神話の里 白うさぎ」にもぜひ寄ってみてください。白うさぎにちなんだグッズや鳥取土産が豊富に揃っていますよ。

タイミングが良ければ、白うさぎの駅長・命(みこと)くんに会えるかも。

道の駅内には、あの「すなば珈琲」も!

「すなば珈琲」とは、鳥取県が全国で唯一スターバックスコーヒーの無い県だった2014年、“スタバはないけど日本一のスナバ(砂場)はある” という県知事の発言をヒントに誕生した喫茶店。鳥取砂丘の砂で焙煎したコーヒーなどが楽しめます。鳥取に来た記念にぜひ!




「白兎神社」は小さな神社でありながら、この日も多くの参拝客が訪れており人気の高さが伺えました。
子どものころに読んだ日本神話の舞台へ、足を運んでみてはいかがですか? 鳥取砂丘から車で15分ほどと近いので、セットでの観光もおすすめです。



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり