search

close


こんにちは!
島大好きライターのreinaです(*^^*)

さっそくですがみなさん、徳之島ってご存知ですか?
奄美群島のひとつで、観光開発されていない自然そのままの絶景が堪能できる超穴場!
今回はそんな徳之島の魅力をたっっぷりまとめてみました!




これぞ南国!ヨナマビーチ

南の島といえば外せないのが海!
ひとことで言っても、場所によっていろんな表情がありますよね。
徳之島で一番有名なビーチといえば、トライアスロンやボートレースの開催地ともなっているヨナマビーチ。
透き通る淡い水色と、徳之島ならではの遠浅の海がとても素敵です(*^^*)
サップやダイビングなどのマリンアクティビティが豊富に揃っているのも人気の理由!
近くにはキャンプ場もあったりと、アウトドア派にはたまらないスポットです♪
昼間は美しいビーチで思いっきり遊び、日が暮れる頃には浜辺でゆったりBBQでもしながら夕日を眺める...なんていかがでしょう?(*^^*)




圧巻の大自然!ムシロ瀬

さて、次に紹介するのは、奄美十景のひとつである、ムシロ瀬。
名前の通りムシロを敷き詰めたような巨大な花崗岩が連なる姿が圧巻です...!
ヨナマとはまたひと味違った、深い青の海と岩に激しく打ち付ける波がとても美しい場所でした。
自然のパワーを肌で感じるとはまさにこのこと...これは実際に行ってみないとできない経験です!

観光地ではあるものの、地元の人たちの間では釣りスポットとしても有名らしく、訪れた際に反り立つ岩の向こう側でおじさんたちがのんびり釣りをしてたのが印象的(笑)
観光客も少なくこういった飾らないローカル感も、徳之島の魅力です(*^^*)
ところで、どうやって釣り道具を持ってあんな岩の向こうに行ったんでしょう...?




知る人ぞ知る絶景スポット・金見集落

徳之島の北東、金見集落には、知る人ぞ知る絶景スポットが盛りだくさん...!
特にこのあたりの海水浴場は比較的観光客が少ないのがおすすめポイント!
淡い水色のヨナマに対し、美しく深い青が印象的で個人的にもとても気に入っているビーチです♪
青々とした自然と、海のコントラストはまさに絶景。
近くにはソテツトンネルもあり、南国らしい自然を感じられるポイントです♪

ちなみに金見にあるジビエカフェとうぐらさんでは、猪肉などを使ったジビエ料理が楽しめます!
ジビエ料理って癖があるんじゃないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、だまされたと思って食べてみてください!
金見のあまちゃん(島の言葉でお母さん)たちが作る料理にお腹も心も満たされます(*^^*)




自然の水族館と絶景の星空・シンデ浜

シンデ浜...ってなんだか響き怖いですよね(笑)
というのも、シンデは島の言葉で“滑る”という意味があり、シンデ浜の地形がそれを物語っています。
海と山が近い徳之島ならでは...なんと砂浜に続く道は気を抜いたら滑り落ちてしまいそうな坂道になっているんです。

そして、ぜひこの浜を訪れてほしいのが夜!
決して怖がらせるつもりはありませんよ(笑)
夜明かりがほとんどないまま木々に囲まれた坂道を下っていくと、急に目の前に広がるのは、吸い込まれそうな夜の海と満天の星...!

この感動を伝えられる語彙力がないのがとてももどかしいのですが、
波の音を聞きながら見上げる星空は絶景という言葉では表現しきれないほど...!
ちなみに昼間は地元の人いわく、水中を少し覗いてみるとまるで水族館のように生き物がたくさんいるんだとか♪
ぜひ見てみたい...!次に徳之島を訪れる際は昼間もリベンジに行くつもりです(*^^*)




徳之島といえば...?大迫力の闘牛・なくさみ館

さて、ここまで主に徳之島の自然に触れてきましたが、徳之島といえば忘れてはいけないのが闘牛!!
闘牛って筋肉むきむきでこっちに突進してきそうでちょっと怖いですよね...
でも実は意外と穏やかな普通の牛さん。

私が滞在中に出会ったこの子は、ものすごく甘えん坊で思わずギャップにやられてしまいました(笑)
散歩に疲れたらしく、これ以上歩きたくないご様子。(笑)
よく闘牛が散歩していたりする島の日常にもなんだかほっこりします(*^^*)

しかし、やはり大会となるとその迫力は抜群!
徳之島なくさみ館では、大迫力の闘牛が間近で楽しめます!!
荒い鼻息が聞こえるほどの牛の迫力はもちろん、会場の熱気やなんでもないコンクリートの段差にぎゅうぎゅうに詰めて座るローカル感も面白いので、ぜひ体感してみてください(*^^*)




雨の日でも楽しめちゃう穴場・徳田虎雄記念館

せっかくの旅行でも、雨に当たってしまうともったいないですよね。
そんなときにおすすめしたいのが、亀徳の市街地から車で5分ほどの場所にある徳田虎雄記念館!
旅行に来てわざわざ記念館?なんだか固い印象があるし、そもそも徳田虎雄って...?
と思う方も多いのではないでしょうか。実は私もここを訪れる前は同じことを思っていました(笑)
しかし!訪れてみると意外と面白い!

簡単に紹介すると、徳田虎雄さんは徳洲会という国内最大級の病院グループの創設者で、今でこそ当たり前の24時間365日の救急救命を確立した凄いお方。
ここでは、彼の人生を振り返りながら考えや生き方を学ぶことができるのですが、これが結構深くて、自分の人生についても考えさせられる良いきっかけになります。
西洋の別荘風の建物ではインスタ映え間違いなしのお茶タイムも過ごせちゃうので、雨の日は優雅な時ひとときを過ごしてみてはいかがでしょう(*^^*)




本当は誰にも教えたくない・島時間が流れる犬田布岬

さて、ここまでかなり長々と徳之島の魅力を語ってしまいましたが...(^_^;
犬田布岬は、私がなかでも一番おすすめしたいスポット!
本当は秘密にしておきたいぐらい素敵な場所なのですが、ここまで読んでくださった皆さんにもぜひ行ってみてもらいたい!

犬田布岬は、徳之島の南西に突き出た断崖絶壁にある岬で、ムシロ瀬と並ぶ奄美十景のひとつ。
奥に広がる海と草原のなかにそびえる戦艦大和の慰霊塔の姿は、絶景とひとことで表すにはもったいないような...まるで映画のなかのような景色です。
草原に寝転んで、ゆったりと夕日を眺める時間は今までにないほど穏やかでした(*^^*)
時間の流れを肌で感じるような、不思議な感覚です。
なんだか、忙しい日々が嘘のようなゆったりと平和な時間。
やっぱり島っていいなあと改めて感じました(*^^*)
夕日はもちろん、夜は星が綺麗に見えるんだろうなあ♪
ただぼーっと過ごすだけでも心が満たされる素敵な場所です(*^^*)
ぜひ一度訪れてみてください♪




陸のなかの海・ウンブキ

さて、まだまだ紹介したい徳之島の穴場スポットがたくさん...もう少しだけお付き合いください(笑)
徳之島の空港から車で2分ほどと、アクセス抜群の場所にあるのが、通称陸の海と呼ばれるウンブキ。
陸の海ってなんだか独特の表現ですよね。
でも、行ってみると納得。
駐車場をおりた先には、まるでジブリ映画の世界のような神秘的な空間が...!
水面下に広がるのは、日本最大級の水中鍾乳洞!
これが、400m先の海と繋がっていて、潮の満ち引きによって様々な表情を見せてくれます。まさに、陸の海、ですよね。
この独特の地形には、珍しい生き物もたくさん!
南国固有のアカヒゲの軽やかなさえずりがより一層神秘的な雰囲気を演出してくれます♪




徳之島を一望・前野展望台

2時間あれば車で一周できてしまう徳之島。
車でのんびりドライブも良いですが、ぜひおすすめしたいのが電動自転車で風を感じながらゆったりサイクリング(*^^*)

こちらは、前野展望台という地元の人おすすめの絶景ポイントです!
サイクリングをおすすめしたものの、実は結構山の上にあるのでちょっとしんどいのですが...登りきったあとの達成感は他では味わえません!!
徳之島を一望できる絶景は、自転車でコツコツ登った分感動も5倍です♪
帰りの下り道の爽快感も抜群!
この景色に向かって風を感じながら一気に下り降りる感覚、ぜひ現地で味わってみてください(*^^*)




どこを切り取っても写真映え間違いなし♪

この写真、かなり気に入っているのですが、実は観光地でもなんでもないただの道で撮影したもの(笑)
海に続くまっすぐの道に、さとうきびに水やりをするためのスプリンクラーの水がかかって虹が見えるんです♪

まだまだ紹介しきれていない観光スポットもたくさんあるのですが、なにが言いたいかというと、徳之島はどこを切り取っても素敵だということ!(笑)
ここではまとめきれませんでしたが、自然や観光スポットだけでなく、人のあたたかさや食べ物ももちろん徳之島の大きな魅力です!
道行く地元のおっちゃんが飲み物をおごってくれたり、軽トラで闘牛の散歩ならぬ犬の散歩をしている自由奔放なおばちゃんがいたり、鶏飯(けいはん)というお酒の〆にぴったりの絶品郷土料理があったり...とにかく島にあるものすべてが面白い!(笑)
今回紹介しきれなかった島の魅力も、また別の機会で紹介できればと思っています(*^^*)
ここまで長々と読んでいただきありがとうございました(^_^;
魅力たっぷりの徳之島、心からおすすめします。ぜひ一度訪れてみてください♪



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり