search

close

皆さんお久しぶりです。

今年もあと1か月をきりました。
時が経つのは早いですね。
さーっと何十年も経つんでしょうね。

何十年か後には、世界の人口はすごく増えるらしいですよ。
そうなるとどうなると思います?
食糧難です!!!
そう!今から昆虫たべておきましょ!!
ということで、渋谷パルコに昆虫とジビエを食べに行ってきました。




「米とサーカス 渋谷PARCO店」

向かった先は、2019年11月22日にオープンした新生「渋谷パルコ」の地下1階、「米とサーカス」です。

ネオンの入り口を抜けてお店に入ると、まず目に飛び込んでくるこの謎の瓶詰たち。

滋養強壮酒たちだそうで、ハブ酒や、スッポン酒、ゴキブリ酒ってのもありました。


ひとまず注文!
目当ては、「MUSHIだんご」!
名前ダイレクトすぎるだろ!


あと、ジビエも食べたくなり、5種盛りを注文しました。


さらにわがままを言って、カモ肉をラクダに変更していただきました。
※別途お金支払いました。わがまま言ってすみません。いつでもやってくれるのかはわかりません。


あ、飲み物は、普通のレモンサワーにしました。

ドキドキしながら料理を待っていると、
「お通しでーす」
の声とともに運ばれてきたこちら

ひえっ。

「すずめです。くちばしは硬いので食べるときお気を付けください。」

えー。硬いとかどうとかの前に整理しきれません。これ、頼んでないですよ感。

以前、この形状ではないものを焼き鳥屋さんで食べたことがありますが、レバーのような味が苦手で。。。

一緒に行った友人は、さくさくと食べていました。脳みそがおいしいらしいです。。。




カンガルー、ラクダ、ダチョウの肉も!

お通しからぶっ飛ばしてきたなと思っていると、

先ほどよりは見た目はよろしいジビエが登場。
鹿、猪はまぁ、メジャー?ですけど、

カンガルー


ラクダ


ダチョウ

いや、漢字むずっ。。。
じゃなくて、希少ですね。

素直に言いましょう。
想像していたより、全然おいしかったです。

ただ、独特な獣感がありました。一言に臭いというわけではなく、硬い肉といいますか、内臓系の風味といいますか、表現しがたいですが、独特でした。
苦手な人は苦手そうだなと思ったので、食べられる量を心して頼みましょう。




そして、デザートのように登場したのが 「MUSHIだんご」

左から順に イナゴ、蜂の子、コオロギ。

団子の上のカラフルな餡はそれぞれ味が違って、とても食べやすかったです。
ビジュアルはなかなかですよね。
THE 虫。

ただ私、田舎の関係で、イナゴは食べられるんですよ笑
そこまで抵抗なくて。

佃煮のように甘辛くしてあって、カリカリしていて、まぁ虫感は見た目だけです。
ただ、蜂の子、コオロギは、なかなか食べないので、
ね。

小さかったからよかったけども。
ね。

味は、淡白な味でまずくはなかったです。
見た目にかまされるので、集中して食べましょう。




はい。
そんなわけで、
食糧難に向けて、今注目を集めている昆虫食とジビエが味わえるお店でした。

奇抜!不思議!ごめんなさい!
以上感想となります笑

昆虫食と紹介しつつ、今回は昆虫団子しか食べませんでしたが。
昆虫の盛り合わせなどほかのメニューもありました。

セミとかタガメとかバラエティの罰ゲームがいつか、みなさんの通常の食卓に並ぶ日がくるかもしれません。

信じるか信じないかはあなた次第です。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり