search

close


ハネムーンの旅行先として人気の高いメキシコ・カンクン。
ハネムーン以外にも、子連れでもゆっくり楽しめるリゾート地。
今回はそんなカンクンの魅力をご紹介します。

▲ 海と空がキレイすぎる




カンクンの基本知識!オススメは11月~4月。11月2日は死者の日!

カンクンはメキシコの東側の端、カリブ海沿岸に位置するリゾート地。
5月~10月は雨期になるので、オススメは乾季にあたる11月~4月。

私が行ったのは11月2日からで、この日はメキシコでは死者の日にあたり、カラフルな祭壇や装飾がホテルや街中にしてありました。
日本で言うお盆のような習慣だと思うのですが、もっと明るく楽しく死者の方を迎えようとするお祭りみたいです。
私もホテルで骸骨メイクをしてもらいました。
映画「リメンバー・ミー」でも登場し、知名度もアップしているので、死者の日にメキシコを訪れる人が増えているみたいです。

▲ 死者の日をテーマにしたステージも




全て無料!?オールインクルーシブホテルで大満喫

カンクンは数字の7のような形をしたところがホテルゾーン。
その多くがオールインクルーシブホテルなんです。
オールインクルーシブとは、代金にホテルの宿泊代だけでなく、レストラン代、ドリンク代などが含まれているホテルなのです。

ホテルにあるレストランを自由に行き来して、何を食べても(レストランによっては追加料金のメニューもあるところがありますが)、いつBarでお酒やジュースを飲もうと全てフリー!!!太ること間違いなしの贅沢ホテルプランです。
もちろんルームサービスも無料。お部屋でゆっくりご飯を楽しむのもアリ!

▲ プールも海も両方楽しめる

私の泊まったホテルでは定期的にアクティビティがあって、私は無料でヨガのレッスンを受けました。
また今回は2歳の娘がいるので、プレイグラウンドそしてプレイエリアがあるホテルを選びましたが、もちろん全て無料!
1日中ホテルでゆっくり過ごすことが出来るのがオールインクルーシブの醍醐味なんです。

▲ プレイエリア。この他プレイグラウンドや子供用プールも。




観光も楽しみたい!SNSで話題のピンクレイク

カンクンで1番人気の観光スポットはマヤ文明の最大の遺跡「チチェン・イツァ遺跡」。
ホテルゾーンから車で2時間半のところにあります。
今回は子連れでウロウロしたくなかったので、チチェン・イツァを諦め、今話題のピンクレイク(ピンクラグーン)に行きました。

ピンクレイクは世界各地にあるらしいのですが、中でもカンクンのピンクレイクはキレイに見えることで有名なのだとか。
ホテルゾーンから車で3時間。塩工場の中にあるピンクレイクは、名前の通り湖が一面ピンク色。塩工場の塩とバクテリアなどの影響でピンク色になっているのだとか。
ガイドさんの話では、工場の関係で年に何回かピンクじゃない時もあるみたいですが、この日はとてもキレイにピンクレイクを見ることが出来ました。

▲ とてもキレイなピンクレイク




神秘的な泉セノーテに行ってみよう!

カンクンにはいくつかセノーテと呼ばれる地下水が溜まった泉が存在します。
泳げるので泳いでいる人も多数!
有名なものが「グラン・セノーテ」ですが、今回私は「スイトゥン・セノーテ」に行って来ました。こちらはマイナーなのかそんな人も多くなくて、1組ずつ真ん中で写真を撮ることが出来ました。

ガイドさんの話によると、イッテQでみやぞんが「スイトゥン・セノーテ」で絶景写真を撮る放送がされて以来、こちらのセノーテも人気が急上昇をしているそうです。

▲ カメラマンさん撮影。プロの写真は違う!




カワイイ街並みの「バジャドリ」を歩こう!

「スイトゥン・セノーテ」の近くにある「バジャドリ」という小さな町。
この日は日曜日で、広場はマーケットで賑わっていました。
この広場の向かいのレストランも美味しかった~!!

カラフルなおうちやお店が並ぶカワイイ小道。
スペインの文化が残っていて、写真撮影をしながらゆっくりお散歩するのにとてもオススメな街並みです。

▲ カラフルな小道が撮影スポット




今回お願いしたオススメツアー会社

今回、ピンクレイク、スイトゥン・セノーテ、パジャドリを観光するにあたり色々ツアー会社を検索しましたが、私たちがお願いしたのは「Sakura Style」さん。今年立ち上げたばかりらしいのですが、とてもオススメ!!
ツアーに同行して下さる方がプロのカメラマンの方で、いろんなところでお写真をたくさん撮って下さいました。(ピンクレイクは、カメラの持ち込みがNGなので携帯で撮影)。

私は「バジャドリ」も行ってみたかったので、そもそもバジャドリを寄るツアーが他で見つけることが出来ませんでした。フォト撮影だけも行っているので、ぜひオススメです。

>>SAKURASTYLE




美しいビーチアイランド「イスラ・ムヘーレス」

ホテルゾーンから船で20分の所にある「イスラ・ムヘーレス」。
乗り場はいくつかありますが、1番便が多く出ているのが「プラヤ・トルトゥガス」。
大人1人$21で1時間に1本のペースで出ています。(9時から1時間おきです。)
フェリーは2階建てで、2階ではおじさんが歌を歌って乗客を楽しませてくれました。

▲ みんなで歌っていました

島自体は小さな島なので日帰りで満喫出来ます。
港に着いたらすぐにレンタゴルフカートがあるので、1日レンタルをして、島中をゴルフカートでウロウロしました。 ($40くらいでした)

▲ ゴルフカートに乗るのも楽しい。

港近くのビーチでは、波がとても穏やかなのでたくさんの方が泳いでいました。
また子連れでマリンスポーツは出来ませんでしたが、マリンスポーツやイルカに乗ったり、ジップラインも出来たりします。
もちろんお土産屋さんもたくさんありましたよ。

▲ この日は少し雨が降っていたけど、晴れていたらもっとキレイなのかな




カンクンの交通手段

カンクンのホテルゾーンやスーパー、港までバスで1本で行けました。
バス停は結構細かくあって、バスも10分も待つことなくどんどん来ます。
料金は一律$1。とても便利でした。(バスによっては運転が激しくて、ビックリしましたが・・・)

人気のカンクンの記念撮影スポット「ドルフィンビーチ」もバスで簡単に行けちゃいます。

▲ カンクンの撮影スポットと言えばココ

また今回ツアーにお願いするか、レンタカーを頼むか悩みましたが、レンタカーは多数のメキシコ人から反対されてツアーにしました。
運転がとても激しいのと、有料道路はとても高いみたいです。
ツアーはとても便利だったので、ツアーにして正解でした。(場所が分からないから、レンタカーにしていたらかなり迷っていたかも・・・)

▲ お土産はスーパーがオススメ




最後に

子連れだったのでナイトクラブなどは行くことが出来ませんでしたが、オールインクルーシブのホテルでは、子供向けのショーがあったり映画などもあったりして、ゆっくり大満喫出来ました。
日本からだと直行便がないので、少しフライト時間が長いですが、ぜひ長期休み等で1度は訪れて欲しいです。

▲ カンクンオススメです。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり