search

close
2020-01-08

【アメリカ】最高気温56℃!? 死の谷デスバレー国立公園の魅力とキャリコ・ゴースト・タウン


ロサンゼルスから車でおよそ4時間~5時間、ラスベガスからだと車で2時間のところにあるデスバレー国立公園。
その名の通り夏は世界最高気温56.6℃も記録したことがある、最もアツイスポット!
標高はなんと −86mから3368m!!!
そんな死の谷デスバレーの魅力をご紹介します。

▲ 人気の国立公園の1つ




デスバレーのベストシーズンは冬!

デスバレーは一年中いつでも行くことが出来ますが、ベストシーズンは12月~3月。(3月には花が咲いてキレイみたいです。)
夏場は暑くて、暑くて、行くのに覚悟が必要です。
私は今回12月末に行って来ましたが、終日お天気も良く、夜は寒かったですが、日中は最高気温17℃くらいあり、過ごしやすかったです。
ただ風が強いので、防寒着は必須。
夜は真っ暗な空の中にたくさんのキレイな星と月を見ることが出来ました。

▲ 行く途中は標高が高く雪山




北アメリカで最も標高が低いポイント「バッドウォーター・ベイシン」

標高−86mのところにあるバッドウォーター・ベイシン。
塩が固まって出来たスポットです。駐車場から見えるので、近いのかな~と思って、まっすぐ一本道を歩くこと15分くらい。だんだん地面の色が白くなっていきました。
観光客もここが1番多かった人気スポットです。

▲ 一面に広がる塩のかたまり




カラフルな山が見える「Artist’s Palette」

マグマ活動により山の色が緑、ピンク、黄色、青色に見える「Artist’s Palette」。
車でぐねぐねと山を登って行きます。駐車場までも、ところどころカラフルな山が見えます。そして山の中を進んで行くと、最もカラフルに見えるポイントに遭遇!
写真ではなかなか上手く撮れませんでしたが、変色した山を見ることが出来ました。

▲ 写真ではなかなか伝わらない・・・




美しい地層を上から眺めることが出来る「ザブリスキー・ポイント」

駐車場から歩いて5分くらい登った場所から美しい地層を眺めることが出来る「ザブリスキー・ポイント」。地殻変動でデコボコした地層が出来上がったようです。
簡単に行けて、感動する景色を見ることが出来るので、デスバレーの中でも人気のスポットの1つです。

▲ スゴイところから写真を撮っている人がいる・・・




1番のオススメ「ナチュラル・ブリッジ・トレイル」

私が1番デスバレーで好きになったポイントは「ナチュラル・ブリッジ・トレイル」。
トレイルと書いてあったので、たくさん歩かないと行けないのかな~と覚悟していましたが、歩いて15分~20分くらいで赤土のブリッジを見ることが出来ました。(2歳の子を抱っこしながらでも行くことが出来ました)
自然の力は偉大です!!
帰りは下り道だったので、行きよりもすいすい帰ることが出来ました。

▲ ブリッジに見える岩




デコボコ地面の「デヴィルズ・ゴルフ・コース」

こちらも塩の影響によりデコボコした地面の「デヴィルズ・ゴルフ・コース」。
こちらはハイキングコースはありませんが、車で降りてすぐ見ることが出来ます。
当たり一面広々とした景色に感動するハズ!?

▲ ここでゴルフ出来る!????




子連れにオススメ「メスキートフラット砂丘」

これまでに紹介した場所はビジターセンターから南にあり比較的全て近くにあるのですが、こちらの砂丘だけ西側に存在します。
それでもビジターセンターから車でおよそ30分くらいで行ける砂丘。
2歳の娘は楽しそうに砂の丘を歩いていました。
段ボールとかあれば滑れるのかも!?
砂丘の近くには小さなお土産屋&ショップ、そしてモーテルもあります。

▲ 砂丘を色々歩いてみよう




デスバレーの中で快適に宿泊!

デスバレーはロサンゼルスやラスベガスからも日帰りツアーも出ていますが、全てゆっくり見ようとおもったら宿泊がオススメ!
公園内はほとんどホテルはありませんが、ビジターセンターのすぐ近くに同じ系列のホテルが2軒あります。今回私はその1つの「ザ・ランチ・アット・デスバレー」に宿泊しました。もう1つの「ザ・イン・アット・デスバレー」の方が高級ホテルでしたが、こちらのホテルでも十分キレイ!お土産コーナー、スーパーも充実しており、ホテルの中にはテイクアウト出来るお店とレストランも併設。また温水プールやプレイグランド、ゴルフコースなどもあり、ゆっくり楽しめるホテルでした。

▲ ザ・ランチ・アット・デスバレー


今回デスバレーが一望出来る「ダンツ・ビュー」は雪で道が閉鎖されていて行くことが出来ませんでしたが、また次行く機会があれば行ってみたいスポットです。





帰り道のおまけに「キャリコ・ゴースト・タウン」

デスバレーからロサンゼルスへ向かうちょうど間くらいにある「キャリコ・ゴースト・タウン」。
まるで西部劇の舞台にいるかのような町並みです。
こちら127年前に作られた町でかつては鉱山で栄えた町が、だんだんと人口が減り今では観光スポットとして人気の場所です。
クリスマス過ぎても、町はクリスマス仕様!

▲ クリスマス仕様が可愛かった


雑貨屋、お土産屋、レストラン、スイーツ屋、たくさんのお店が出ていました。
その中で娘はクラフトが出来るお店でネックレスを作りました。
また娘が1番楽しんでいたのはトレイン!別料金で乗ることが出来ます。
まるでディズニーランドのアトラクションに乗っているような雰囲気でした。

▲ 子どもに大人気のトレイン


ロサンゼルスから車でデスバレーに向かう方は帰り道にこのゴーストタウンに立ち寄るのもオススメです。

▲ 展望台から見た景色



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり