search

close


Bremenです!
桜の次はつつじですね。
今見頃のつつじですが、その中でも東京で名所中の名所、青梅市にある塩船観音寺のつつじのご紹介です。2019年は5月12日まで、つつじまつり開催中です。



塩船観音寺のつつじとは

「花と歴史の寺」として有名な塩船観音寺は、特につつじが有名で約15種2万本のつつじが植栽されています。5月上旬に境内一面がカラフルなつつじで彩られる景色は圧巻です。



山門から本堂へ

目の前に本堂とつつじ園がぱっと広がります。
見たことのない景色に圧倒されます。




本堂とつつじ

本堂の周りから後ろの丘にかけて、つつじ園の見事なつつじが本堂を包んでいるようです。

ゆっくりつつじを堪能できるように、ベンチがあり多くの参拝者で賑わいます。

本堂左側の斜面からが一番のビュースポットのようです。




塩船平和観音像を見上げて

本堂先の休憩スペースから見上げる景色も人気のビュースポットです。池に映り込むつつじもきれいです。




観音像からの眺望

一番高い場所にある塩船観音像からは、つつじ園全体と境内を見下ろす眺望で、つつじ園の広大さと見事な彩色に目を奪われます。ここまで頑張って上がってきて欲しいです。




丘からの景観

丘の斜面に植えられた見事なつつじが、一望できます。大切に育てられているつつじが可愛らしくも思えます。




色鮮やかな遊歩道

丘の斜面には舗装された遊歩道があります。
高い位置から眺めると、色鮮やかなつつじの中を歩け、つつじを堪能できます。




カラフルなつつじ

もこもこした可愛らしくカラフルなつつじが、斜面により表情を変えています。下から上からと、とても楽しめるロケーションです。




起伏あるロケーション

舗装路の遊歩道以外に、背丈以上のつつじに囲まれた山道もあり、散策する楽しみもあります。




つつじ園のつつじ

約20種類のつつじが、園内に咲き誇っています。目の前でつつじの観賞ができ、つつじの奥深さや色鮮やかさを実感できるのがつつじ園です。




最後に

毎年行われている塩船観音つつじまつり。今年は4月8日(月)〜5月12日(日)に行われます。 ※青梅市観光協会発表
お祭り期間中は入場料300円が必要となります。

東京には他にもつつじの名所がありますが、ここ塩船観音寺のあるロケーションに植えられたつつじの多さと色鮮やかな景観は、ほかでは味わえない圧倒的な景観となっています。
ぜひお急ぎ、今年の塩船観音で咲き誇るつつじをご観賞にお出かけください。



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり