search

close


今年のGWは10連休!この長期休みを利用して遠方のヨーロッパに行く人も多いのではないのでしょうか。そんなヨーロッパの中でも特に人気の国「イタリア」。料理も美味しく、観光名所も多い国ですが、もちろん日本とは違う文化や習慣もあります!

そこで今回はイタリア、特にフィレンツェに行くなら知っておきたい情報をいくつかご紹介します!




1.アルノ川沿いは少し注意!

フィレンツェの中心街から少し離れた場所にある有名観光スポット「ミケランジェロ広場」に行くときは少し注意!ミケランジェロ広場近くのアルノ川沿いにはたくさんの車が路上駐車してあります。私はそこで手にバールのような物を持って車を物色している、車上荒らしと思われる人物と遭遇しました。

逃げてもずっと追いかけてきて少し怖かったです...。中心街に近づくとようやく諦めたのか、姿が見えなくなったので一安心。知らない土地で交番などの位置を把握しておくのは難しいと思うので、危険だと感じたらとりあえず人の多い場所に逃げ込みましょう!




2.ローカル感を味わいたいなら「フィレンツェ中央市場」へ!

ローカル感を感じたい!という方は「フィレンツェ中央市場」へ足を運んでみてください。1階は食材市場、2階は大きなフードコートになっており、他の場所に比べると現地の人も多い印象でした!
フードコートには、定番の料理からB級グルメのようなものまで幅広い料理が揃っています。

フードコートで料理を注文すると番号の書かれた整理券が渡されます。料理が出来上がるとお店の方が大きな声で整理券の番号を読み上げてくれるので料理を取りに行きましょう。
もちろん番号はイタリア語で読み上げられるので、イタリア語の数字を少し覚えておくとスムーズに受け渡しができますよ。(あまりに受け取りに来ないと英語で読み上げてくれる場合もありました)




3.公衆トイレはお金がかかる!

フィレンツェだけでなく、イタリアのほとんどの公衆トイレが有料です!使用料はおよそ50セント〜1ユーロほど。お金がかかるだけあってトイレはとても清潔に保たれています!
トイレにお金をかけるのはなんだかもったいない気がするので、なるべくホテルや食事をとったレストランなどでトイレを済ましておくようにするのが◎。

フィレンツェ中央市場の公衆トイレは、トイレの入り口にいる人にお金を払って使用します。また、フィレンツェの中央駅サンタ・マリア・ノベッラ駅の公衆トイレは自動改札機のような仕組みで、1ユーロをいれると中に入れるようになっています。




4.ディナーの時間帯が少し遅め!

フィレンツェに限ったことではないですが、イタリアは比較的ディナーの時間帯が遅いように思いました。18時くらいに早めのディナーをとろうと思っても、お店が開いていない場合があります。

19時オープンのレストランにオープン直後に訪れたところ、まだ誰もおらず、店員さんにも早いね〜と言われました!もちろんこのレストランが不人気というわけではなく、21時前にはディナーを楽しむ人で店内はいっぱいになっていました。




以上、イタリアやフィレンツェの知っておきたい情報をご紹介しました。
気をつけるべきところもありますが、イタリア・フィレンツェはとっても素敵なところです。事前に情報を知って楽しい旅にしてくださいね!

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり