search

close


2017年頃に火が付き、まだまだ続いている「タピオカブーム」。大都市を中心に続々と新店舗がオープンし、どこも順番待ちの列ができています。

今回私が訪れたのは、2018年10月、新宿御苑近くにオープンした「糖水堂(とうすいどう)」。さっぱりミルクティーとモチモチのタピオカが味わえる穴場スポットだったので、ご紹介したいと思います!





すぐにタピオカドリンクが買える穴場スポット!

「糖水堂」があるのは、新宿御苑前駅1番出口から、大通り沿いを新宿三丁目方面に歩いてすぐの位置。

平日16時頃に訪れると、常にお客さんが出入りしているものの、2組ほど待てば注文できる混み具合でした。JR新宿駅からは少し離れているため、あまり並ばずにタピオカドリンクがゲットできる穴場スポット!


落ち着いた雰囲気の綺麗な店内には、紅茶の香りが漂っています。手前に注文カウンター、奥にイートインスペースがありますが、席数は少なめ。お店の前で飲んでいる人も多かったです。





健康と美容を意識したメニュー!日本では珍しい食材も

お店の前には、こんな看板がありました。店名に入っている「糖水」とは、広東と香港の、健康と美容に気を使った食後デザートの総称だそう。甘さ控えめな大人向けということで、実食するのが楽しみです!


メニューは店外から見える位置にも貼ってあります。ドリンクのベースは大きく分けて、ストレートティー・ミルクティー・ミルクフォームティー・フルーツティー・スムージーの5パターン。

基本的にサイズはレギュラーかラージの2種類から選ぶことができ、甘さ、氷の量、トッピングをカスタマイズできます。ホットにしたり、テイクアウトしたりもOK!


ちなみに人気メニューの「黒糖タピオカミルク」以外を注文する場合は、+70円でタピオカをトッピングしないと、ドリンクのみなので気をつけて!ただし、フルーツティーとスムージーは、カスタマイズができません。


健康と美容にいいフードメニューもあるようです。白きくらげを使った「貴妃糖水」、滋養作用のある「竜眼棗(りゅうがんなつめ)」、亀の甲羅の裏のコラーゲン入り「亀ゼリー」と、日本では珍しいものばかり…!





インスタでも人気!「黒糖タピオカミルク」「ブラックミルクティー」

今回注文したドリンクは、この2種類。              

写真左は「黒糖タピオカミルク R / 税抜550円」(レギュラーサイズのみ・カスタマイズ不可)。あま~い黒糖ソース入りですが、ミルクティーの味がさっぱりしているため、最後まで飲んでもしつこくないのがポイント!

写真右は「ブラックミルクティー R / 税抜 420円」に、「タピオカ /税抜70円」をトッピングしたもの。冷えるとタピオカの弾力が強くなるので、柔らかめが好きな方は氷少なめにするか、その場ですぐ飲むかしたほうがよさそうです。

ドリンクはレギュラーサイズでも大きめなので、かなりお得感がありますよ。ホットの飲み口についている、ハートのキャプがかわいい~!カップのデザインもオシャレで、思わず写真に撮りたくなっちゃいます。

噛むたび甘い黒糖味のタピオカは、できたてで温かく、お餅のようにムニュムニュなのが美味しい!しっかり量も入っており、お腹いっぱいになりました。

店員さんにお願いすれば、持ち帰り用の袋をもらうこともできます。中に仕切りがあり、2個のカップが入るので便利です!





「糖水堂」があるのは、ちょうど新宿御苑のそば。これからの季節はちょっとしたピクニックのお供に、タピオカドリンクをテイクアウトするのもいいですね!

ちなみに近くには「QQタピオカ」というお店もあるので、飲み比べをしてみても楽しいかもしれません!


*関連記事
>> 新宿で手作り台湾スイーツ! オープンしたばかりの「QQタピオカ」に行ってみた!




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり