search

close
2019-02-05

【早稲田】1日20食限定のレアスイーツ!「大とろ牛乳」のゴロゴロいちごトッピングが絶品だった


群馬発祥で、東京でもじわじわと人気を集めている新感覚スイーツ「大とろ牛乳」。
わざわざ群馬まで行かなくても、早稲田にある洋菓子店で購入できるようなのですが、1日に販売される個数がかなり少ないんだそう!

そんなレアなスイーツ「大とろ牛乳」を求めて、早稲田に行ってきました!




早稲田の杜の洋菓子店「D-style TOKYO」

東西線「早稲田駅」から徒歩3分ほどの場所にある「D-style TOKYO」。
すぐ近くに早稲田大学がある、この小さな洋菓子店で大とろ牛乳が販売されているんです!

洋菓子店ですが、店内にはカフェスペースもあり、買った洋菓子をここで食べることもできます!洋菓子に合うコーヒーなどのドリンクメニューもしっかり揃っています。




群馬発のスイーツ「大とろ牛乳」って?

群馬発の「大とろ牛乳」とは、牛乳とコラーゲンを混ぜたものを少し凍らせたシャーベット状の新感覚スイーツです。シャリシャリとした食感、牛乳の濃厚な味わいが癖になります!




1日20食限定の「大とろ牛乳」がこちら!

D-style TOKYOの「大とろ牛乳」は、1日20食限定とかなりレアなスイーツ!店員さんによると、大とろ牛乳は50分ほどで溶けてしまい、また冷蔵・冷凍保存もできないとのことなので購入後はすぐにいただきましょう!

私は、プレーンの大とろ牛乳(550円)に「ゴロゴロいちご」を +250円でトッピング!かなり甘そうだなと思ったのですが、甘さ控えめでさっぱりしており、とても食べやすいです。

ザク切りのいちごがたっぷりとのっています。やっぱりいちごと牛乳の相性は抜群です!
黒いストローで大とろ牛乳を吸い、白いスプーンでいちごをいただきます。

見た目は少し悪くなりますが、途中からは大とろ牛乳といちごをかき混ぜてスプーンでいただきました。ストローでいちごを少し潰すと果汁が出て、いちご牛乳のようになります。邪道の食べ方かもしれませんが、これもまた美味しい!

「ゴロゴロいちご」以外にも「罪なチョコクッキー(+200円)」「焙煎コーヒーゼリー(+200円)」のトッピングがあります。数人で訪れて、全種類を皆でシェアするのもいいかもしれません!




その他の洋菓子もおすすめ!

ショーケースの中には、美味しそうなケーキがたくさん並んでいます!

美味しそうな洋菓子が並んでいる中、特に目を引いたのが「阿波黒糖プリン」!普通のプリンとは違い、カラメルではなく、上品な甘さが特徴の高級砂糖・和三盆を使った黒蜜をかけて食べるプリンなんです。




大とろ牛乳のゴロゴロいちごトッピングは、日本全国のいちご好きにはぜひ食べて欲しいスイーツです!群馬までなかなか行けない方はぜひ早稲田でご賞味あれ!




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり