search

close


Bremenです!
今年も川越氷川神社の「縁結び風鈴」に行ってきました。

昨年は午後四時頃からの夜景をメインに撮影しましたが、今年は早朝から昼間の風鈴の景色を撮ってきました。昨年の撮影とは撮り方やアングルを変え、風鈴の持つ本来の透明感(透け感)を感じてもらえたらうれしいです。




川越氷川神社「縁結び風鈴」とは

1500年もの歴史をもつ川越総鎮守、“縁結びの神様"として信仰を集めている川越氷川神社。2014年にスタートした「縁むすび風鈴」が今年で5回目。

シンボルエリア「縁むすび風鈴回廊」をはじめ、色とりどりの江戸風鈴に、参拝者の方の願いが書かれた木の短冊が下げられています。




鳥居後ろの風鈴棚

正面鳥居後ろに設置されている風鈴棚が、参拝者を迎えてくれます。この風鈴棚でしか撮れない風鈴写真が楽しめます。

3色並んで面白い構図を見付けました。
好きな風鈴に願い札を自由にぶら下げられますが、ピンクや赤色が大人気で、さらに綺麗な色のものには、ものすごい数の願い札が吊るされています。

※風鈴は、手作りの江戸風鈴のため、一つ一つ出来栄え(色や模様)が違います。




拝殿横の風鈴棚

一番手軽で多くの撮影が行われているのが、この風鈴棚。目の前の風鈴を、各々いろいろなアングルから狙っています。風鈴の風情を感じ取れる場所です。

ローアングルから空を入れて透けさせてみました。

今回は、手前に風鈴をアップにして背景をぼかす撮影をたくさんしてみました。




風鈴回廊

縁結び風鈴のメインがこの風鈴回廊。入口・出口側から、それぞれ趣の変わる景色を楽しめます。風が吹くと、心地よい風鈴の音色を楽しめます。
入口側では、混んでくると順番待ちの列が出来るスポットです。

早朝でなければ不可能に近い、人がいないショットです。

緑を入れて季節感を出してみました。




赤色だけの風鈴棚

手水舎横には、昨年はピンク一色でしたが、今年は赤色一色の風鈴棚が現れます。棚の前に立ったり、棚に座ったりの撮影スポットになっています。




透明色だけの風鈴棚

4ヶ所ある透明色の風鈴は、願い事の短冊を下げられない、とても高い位置に吊るされています。日光を浴びると、その透明感が爽やかさを運んできます。




さまざまなお守り

とても可愛らしい、縁結び風鈴で発売される限定お守りや御朱印など。女子に大人気です。




縁結び風鈴看板

鳥居の前の広場に、この縁結び風鈴の大きな看板が立てられています。※境内の中ではありません




縁結び風鈴限定お守りとカード

縁結び風鈴第一弾4種類のお守りのうち、このお守り500円(1番人気?)を購入しました。
名刺サイズの無料のカードは3種類あります。表面の風鈴の絵柄が可愛らしいです。




最後に・・・

2018年7月14日(土)早朝からの撮影でした。
9時を過ぎるころから多くの参拝者で境内はいっぱいになりました。それまでのんびり風鈴を撮影してましたが、もう無理になりました。昼間の風鈴撮影をご希望の場合、週末は9時以前に着いてください。幻想的な夕方の風鈴のライトアップは、20時以降がすいていてお勧めです。
また、蚊の対策はされていた方が無難です。

境内は圧倒的に女性でいっぱいでした。
女性受けする仕掛けがたくさんの川越氷川神社 縁結び風鈴の詳細は、下記サイトをご覧下さい。

>> 縁結び風鈴 ー 川越氷川神社【特設サイト】


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり