search

close


ベネチア①:ブラーノ島

カラフルな街並みで人気を集めている「ブラーノ島」。霧が出やすいこの島に住んでいた漁師が、漁の帰りに自分の家をわかりやすくするために、家をカラフルな色に塗装したのが始まりと言われています。

ベネチア本島の北側にあるフォンダメンタ・ヌォーヴェ(Fondamente Nove)停留所発着の12番線からヴァポレット(水上バス)でおよそ40分。街はそこまで広くないのでのんびりしても2時間くらいでぐるりと周ることができます。


ベネチア②:リアルト橋

カナル・グランデが流れるベネチアで重要な役割を果たしている「リアルト橋」。リアルト橋の上から眺めるカナル・グランデの景観が、多くの人が想像するベネチアの景色。

ベネチア本島を観光していると何度も通ることになりますが、昼と夜で違う顔を見せてくれるので何度でも飽きることなく橋の上から景色を眺めてしまいます。


ベネチア③:サン・マルコ寺院

エジプトのアレクサンドリアから聖遺物(遺骸)を運んで来たことを記念し、聖マルコに捧げられた大聖堂である「サン・マルコ寺院」。“黄金の教会”と呼ばれている通り、内部はあらゆるところが黄金に煌めいています。

大聖堂内は大きなリュックなどは持ち込み禁止、また写真撮影禁止となっているので訪れる際は注意してください。金髪のおばちゃん集団がパシャパシャ撮影しており、周りの人から冷ややかな目で見られていました。(直接的な注意はされていませんでしたが...)


ベネチア④:サン・マルコ広場

サン・マルコ寺院の前に広がる「サン・マルコ広場」。世界で最も美しい広場とも言われており、ドゥカーレ宮殿など回廊がある建物に囲まれています。冬の時期は、天候などの影響でたまに広場が水没することも。

サン・マルコ広場には鐘楼があり、その上から眺めるベネチアの街並みは絶景。階段は一切なく、エレベーターで一気に上まで登れるので、疲れるのが苦手な人でも大丈夫ですよ。


ベネチア⑤:カフェ・フローリアン

ベネチアに現存する最古のカフェ「カフェ・フローリアン」。1720年創業のこのカフェは、カフェ・ラッテ発祥のお店として知られています。店内は、美術館や教会のような美しい装飾が施されており、その辺のカフェとは一線を画しています。

私はホットチョコレートを飲みましたが、甘すぎることなくとても美味しかったです。(好みに応じてシュガーを入れることも可)。ケーキやトーストなどの軽食も充実しているのでモーニングからティーブレイクまで幅広く利用することができます。




初めてのイタリア周遊旅行を最高の旅に!


以上、初めてのイタリア周遊旅行にぴったりの観光スポットをご紹介しました。

連休などで少し長めの休暇を取れた際は、ぜひ足を伸ばしてイタリア周遊旅行をしてみてはいかがでしょうか?

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり