search

close


フィレンツェ①:サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

フィレンツェの中心である「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」。白大理石を基調としており、イタリアのゴシック様式を取り入れたその外観は、訪れた者の目と心を奪うほどの美しさ。「花の聖母」という意味も納得です。

多くの教会が入場料をとるのに対して、この大聖堂は無料で入れます。しかし、お昼過ぎだと30分〜1時間程度並ぶので時間を有意義に使いたい場合は、早い時間に訪れるのがオススメ。


フィレンツェ②:ミケランジェロ広場

フィレンツェが生んだ天才・ミケランジェロの名を冠した「ミケランジェロ広場」。フィレンツェの中心から少し離れた場所にあり、入り口から広場までは少し急な階段が続きますが、広場からの景色は圧巻。

オススメの時間帯は、夕方〜夜にかけて。夕方訪れると、夕日を浴びてオレンジ色に染まったフィレンツェの街並みを眺められ、夜に訪れると、美しい夜景を一望することができます。


フィレンツェ③:メディチ家礼拝堂

大理石や半貴石で建てられた豪華な建築である「メディチ家礼拝堂」。このバロック様式の礼拝堂は、雰囲気、色使いなど様々な点で他の礼拝堂とは一線を画しています。中でも見所はミケランジェロ設計の新聖具室。

建設された当時、衰退の一途を辿っていたメディチ家が、市民に富と名声を認識させるために建造したと言われています。


フィレンツェ④:ジョットの鐘楼

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のすぐ近くにある「ジョットの鐘楼」。頂上からはフィレンツェの美しい街並みを一望することができます。ここからの景色を眺めると「あぁ、フィレンツェに来たな」と実感することができます。

エレベーターはなく、ひたすら階段を登ります。階段の幅が狭いので、降りてくる人と譲り合いながら登ります。狭いですが、「サンキュー」「グラッチェ」などの暖かい言葉が飛び交う素敵な場所です。


フィレンツェ⑤:ヴェッキオ橋

フィレンツェ最古の橋である「ヴェッキオ橋」。戦火を生き延びたフィレンツェ唯一の橋であり、橋の上には宝飾品や金装飾などのお店が立ち並んでいます。

ヴェッキオ橋はなんだか可愛らしい外観をしているので、少し離れた位置から見るのもオススメ。夜になるとライトアップされ、川の水面にライトアップされたヴェッキオ橋が映ります。


フィレンツェ⑥:ウッフィツィ美術館

イタリア国内にある美術館の中でも収蔵品の質、量共に最高水準の「ウッフィツィ美術館」。「プリマヴェーラ(春)」や「ヴィーナスの誕生」、「受胎告知」など日本でも有名な作品が展示されています。

バチカン美術館とは異なり、全展示をサラッと鑑賞するなら3時間程度で周ることができます。フィレンツェの人気観光スポットなので、時間指定のチケットを事前にネットで予約してから訪れるとスムーズに入場することができます。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり