search

close
2018-03-23

【横浜】世界三大珍獣・オカピに会える、丸一日楽しめる動物園「ズーラシア」。春はお花見も!


最近ぽかぽかしてきて、やっとお散歩に行きたくなる季節になったので、一度行ってみたかった動物園「ズーラシア」に行ってきました。



とにかく広大!

ズーラシアへは、横浜線中山駅よりバスが15分おきに出ているとのことだったので、こちらを利用して向かいました。他にも、本数は少ないようですが、横浜駅からもシャトルバスが出ているようです。

バスに揺られて到着。

入園券を購入します。
こんなに安くていいのかと思う料金です!

大人 800円
高校生・中人 300円
中・小学生 200円
小学生未満 無料

この料金ということもあり、家族や小学生グループが多く来ていました。

土曜日に行ったためお客さんはかなり多いはずなのですが、ズーラシアが広大すぎて混んでいる感じがしませんでした。
どのくらい広大かというと、、、

敷地面積53.3ha。東京ドーム約11個分で、ディズニーランドよりも大きい! ズーラシアは開園以来少しずつエリアを広げ、現在では日本最大級の動物園だそうです。

ここまで広いとは!!




ゲートをくぐって動物に会いに行こう!

ゲートや装飾が、ちょっとしたディズニーリゾートのような作りになっていてワクワクします。

まずは、アジアの熱帯林ゾーンから。

こちらはインド象!
飼育員さんの帽子を取ったりしてじゃれている姿がかわいかったです!

ちなみに、動物の生態やちょっとした豆知識が書かれたプレートが近くに設置されているため、動物を見るだけでなく学べる動物園でもあります!

次は、トラ!
目をつぶっている姿が、ネコっぽくてかわいい!

アジアの熱帯林ゾーンには他に、サルやバクもいます。


次は、亜寒帯の森ゾーンのホッキョクグマ!
サービス精神旺盛なのか、首を振ってダンスしているような動きをしていました。

お気に入りは、中央アジアの高地ゾーンのチベットモンキー。
もさもさ感がとても気に入りました。


アフリカの熱帯雨林ゾーンには、世界三大珍獣に挙げられる動物「オカピ」がいます。

シマウマのような、キリンのような不思議な動物。

国内でオカピを見ることができる動物園は、ズーラシア、横浜市立金沢動物園、上野動物園の3か所。日本で初めてオカピが飼育されたのは、ここズーラシアなんです。


そして、今回最も癒された動物は、・・・

2015年に新しくオープンした「アフリカのサバンナ」ゾーンのミーアキャットです。肌寒い日だったせいか、みんなおなかを出して日向ぼっこしていました。


正門への帰り道には、ラクダや鳥、モルモットとのふれあいゾーンもあります。

また、園内のところどころにレストランや出店があるため、1日でも居られます。なお今回、ご飯時間を除いて園内を1周するのにかかった時間は、なんと2時間半!! かなりのお散歩になりました。




春はお花見もできる

もう咲き始めていましたが、春にはたくさんの桜が咲くそうです。

シートを広げてお弁当を食べられる場所もたくさんあるため、お花見がてら動物園も楽しめます!



広大でたくさんの動物がいる「よこはま動物園ズーラシア」。
ぜひお花見の季節に、お弁当を持って出かけてみてはいかがですか?


store紹介した場所

よこはま動物園ズーラシア

place

神奈川県横浜市旭区上白根町1175−1
(GoogleMapで見るopen_in_new)
access_time
9:30~16:30(入園は16:00まで)
毎週火曜日休園(祝日の場合は開園し、翌日休園)、12/29~1/1 ※臨時開園あり(公式サイトでご確認ください)

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり