search

close
2017-10-02

【日光】日帰りで楽しめる!絶景と古民家カフェを巡る 日光満喫モデルプラン

栃木県の日光は、東京都内から日帰りでも行ける人気観光地。「日光東照宮」を始めとする世界遺産巡りや、「戦場ヶ原」などの自然スポット、さらには「中禅寺湖」でSUPなどのアクティビティもでき、見所が多いので何度行っても楽しめます。

今回は、古民家カフェと絶景スポットを中心に巡る、フォトジェニックな日帰り日光プランをご紹介!



7:30 特急で東武日光駅へ

東京都内から日光へ行くには、東武鉄道が安くて便利。特急の場合、浅草駅から2,800円で所要時間は1時間50分。7:30浅草駅発の特急に乗れば、9:20に東武日光駅へ着きます。

とにかく交通費を抑えたいという方は、特急でなく普通列車を使うのも一つの手です。3時間近くかかってしまいますが、片道1,360円で行くことができます。

東武日光駅へ着いたら、駅でバスのフリーパスを購入。フリーパスは数種類あるので、行きたい場所に合わせて選びましょう。今回ご紹介するプランでは「戦場ガ原フリーパス」(大人2,650円)があると便利です。

>> 日光の各種フリー券



9:30 駅前で「揚げゆばまんじゅう」を食べよう

日光の名産品といえば、湯葉が有名。東武日光駅すぐ近くの「さかえや」では、「揚げゆばまんじゅう」をテイクアウトすることができます。塩が効いていて美味しく、日光を訪れたら必ず食べたい一品です。


「さかえや」
アクセス:東武日光駅から歩いてすぐ。
営業時間:9:30〜18:30



10:00 世界遺産・日光の社寺の玄関口!「神橋」へ

世界遺産「日光の社寺」の玄関口とも言える、朱塗りの美しい橋「神橋(しんきょう)」。日本三大奇矯の一つでもあり、通りかかる多くの人が足を止めて写真を撮るスポットです。

「神橋」
アクセス:東武日光駅から徒歩20分ほど。バスの場合は、バス停「神橋」で下車。



10:15 江戸時代の古民家を改装して作られた「本宮カフェ」

神橋から歩いて数分、本宮神社の参道沿いにある「本宮カフェ」へ。築330年の旧神職用住宅を改装して作られた、素敵な古民家カフェです。

「本宮カフェ」については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
>>【日光】こんなところに!? 世界遺産・日光山内にある古民家カフェ「本宮カフェ」


「本宮カフェ」
アクセス:東武日光駅から徒歩20分ほど。神橋から歩いてすぐ。
営業時間:10:00~18:00(変更される可能性もありますので、公式サイトで最新情報をご確認ください。)



11:30 ド定番!「日光東照宮」を見学

世界遺産「日光の社寺」の中でも最も有名な「日光東照宮」。
「本宮カフェ」から歩いてすぐですので、未だ行ったことのない方はぜひ寄ってみてください。

なお、日光東照宮はかなり混雑していることが予想されますので、じっくり見てまわるには2〜3時間は必要かと思います。日光東照宮の見学時間をしっかり確保したい方は、本記事で紹介している他の場所をどこか省略するなどしてプランを立ててみてください。

「日光東照宮」
拝観時間:4月1日~10月31日... 8:00〜17:00
     11月1日~3月31日... 8:00〜16:00
     ※各期間とも受付は閉門30分前に終了



12:30 「日光珈琲」で、デザートにかき氷を

日光東照宮から徒歩圏内の古民家カフェ、2件目は「日光珈琲 御用邸通」。観光客が少ない閑静な通りにある、落ち着いた雰囲気のカフェです。

こちらのカフェでぜひ食べていただきたいのが、日光の天然氷を使ったかき氷。一口食べて、ふわっと溶ける軽やかさに驚きます。レトロな空間でいただけるのもまた良いですね。

「日光珈琲 御用邸通」
アクセス:日光東照宮から徒歩約10分。最寄りバス停:「西参道入口」「西参道」
営業時間:10:00〜18:00(L.O.17:00)



14:30 日本三大名瀑の一つ!「華厳の滝」を見に行こう

滝の多い日光で、最も有名なのがこの「華厳の滝」でしょう。97メートルの高さから勢い良く水が落下する、壮大な絶景を楽しむことができます。

「華厳の滝」がある奥日光へバスで行く際には、48箇所もの急カーブがある「いろは坂」を通ります。乗り物酔いしやすい方はご注意を!(私はいろは坂を思い出しただけで気分が悪くなります。)紅葉シーズンのいろは坂は絶景ですので、ぜひ窓からの景色もお見逃しなく。

「華厳の滝」
アクセス:日光珈琲最寄りのバス停「西参道入口」から約35分乗車。「中禅寺温泉」で下車し、徒歩約5分。
営業時間:8:00〜17:00(※季節・気象状況によって時間変更あり)



15:30 庭園のように美しい「竜頭ノ滝」へ

華厳の滝からバスでおよそ15分、「竜頭ノ滝」へ。華厳の滝ほどの豪快さはありませんが、まるで日本庭園のような優雅で美しい景観が楽しめます。

竜頭ノ滝の茶屋には、こんな絶景を楽しみながら一服できる特等席が! 日本の美しさを感じながらリラックスできる空間です。

「竜頭ノ滝」
アクセス:バス停「竜頭の滝」下車徒歩2分。華厳の滝最寄りバス停「中禅寺温泉」からは約15分乗車。
茶屋営業時間:8:00〜17:00(12月〜3月は9:30〜16:00)



17:30 バスで東武日光駅へ戻り、帰宅。

「竜頭ノ滝」から東武日光駅まではバスで1時間ほど。渋滞している場合はさらに時間がかかりますのでご注意ください。

以上、古民家カフェと絶景を中心に巡るモデルプランをご紹介しました。「カフェ巡り」「滝巡り」「世界遺産巡り」など、さらにテーマを絞ってプランを立ててみるのも面白いかもしれません。自分好みにプランをアレンジして、ふらっと日帰りで日光へお出かけしてみてはいかがでしょうか。

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり