search

close
2017-06-28

東京23区で唯一の渓谷!都会のオアシス「等々力渓谷」で自然に癒されるプチトリップ

渋谷から電車で約20分。
東急大井町線の等々力駅すぐそばに、“都会のオアシス”と呼ばれる「等々力渓谷」があります。

等々力渓谷は、東京23区内唯一の渓谷。都会の中にあるとは思えないほど豊かな自然が広がっており、涼みたいときや街中の喧騒を離れてリフレッシュしたいときにぴったりの場所です。

少し汗ばむ陽気の休日、久しぶりに行ってきました!


等々力渓谷の入り口は、意外にも駅近!

等々力渓谷の入り口は、東急大井町線の等々力駅から徒歩約5分と駅近!

看板が無ければ気づかず通り過ぎてしまいそうな緑に囲まれた階段は、まるで秘密の世界への入り口のようです。

階段をおりると、本当に別世界かのような光景が!
ほんの少し涼しくなったのが肌で感じ取れます。


真っ赤な橋から散策スタート!

階段を下りた先でまず目に飛び込んでくるのが、この真っ赤な「ゴルフ橋」。昔この辺りが広いゴルフ場だったことから名付けられたそう。緑の木々に、真っ赤な橋がよく映えます。

ぐるっとまわって戻って来るのには、およそ1時間ほどかかります。

ここから続く緑の道を、一緒に歩いているような気分でご覧ください!

通路はこのように整備されていますが、ヒールでは歩きづらいのでスニーカー推奨。

道幅は狭く、向かいから歩いてきた方とすれ違うときに少しヒヤヒヤする場所もあります。(川へ落ちないよう注意!)

等々力渓谷では様々な植物を見ることができます。

お散歩のBGMは、流れる水の音。木々の隙間から差し込む光を浴びて水がキラキラと輝き、耳からも目からも癒されます。東京で生きる私たちに必要なのはまさにこういう場所...!

思わず童心に返ってしまうような橋も発見。ここを渡らずとも前に進めますが、つい渡りたくなってしまいますね。(※雨の日は急に水量が増えることがあるそうなので、こういった場所からは離れるようにしましょう。)

マイナスイオンを浴びながら遊歩道を歩いてリフレッシュ。室内でクーラーの風に当たっているより健康的に涼を感じることができます。普段着で大自然を満喫できるのも嬉しいですね。


古墳や滝も...!? 実は見どころ満載

遊歩道をお散歩するだけではもったいない!
等々力渓谷には、ワクワクするような見どころが沢山あるのです。

▲ 3号横穴

等々力渓谷の周辺には、7〜8世紀にかけて造られた古墳群・横穴群が存在しています。等々力渓谷横穴群は有力な農民の墓と見られ、この3号横穴は完全な形で残っているもの。3体の人骨と1対のイヤリング、土器が埋められていたそうです。


▲ 利剣の橋

この橋のあたりは神聖な空気が漂っています。

こちらの右手奥にあるのが、「不動の滝」。

▲ 不動の滝

これを滝と呼んでいいのか...?と思ってしまうような細い水の流れでしたが、昔は水量が多かったそうです。


▲ 日本庭園

利剣の橋の近くにある、日本庭園。無料で自由にお邪魔することができます。

日本庭園の中には竹林もあり、京都にいるような気分を味わうことができました。


一通りまわったところで、再びあの赤い橋を目指して戻ります。

1時間ほどで自然に癒され、良い運動にもなりました。時間がたっぷりあるならば、途中にあるお茶処で休憩したり、もっと時間をかけてのんびりしても良いですね。

自由が丘からたったの3駅でこんなに豊かな自然を楽しめる等々力渓谷は、ショッピングやカフェ巡りとセットでも楽しめます。

夏場は虫除けスプレーを忘れずに!ぜひ都内の渓谷へ涼みに行ってみてください。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり