search

close
2017-06-26

タイで絶対に外せない場所、それは「セブンイレブン」!観光客をも魅了する理由とは?

これまでタイの観光スポットの記事をいくつか書いてきましたが、今回は少し趣向を変えて、タイで圧倒的な店舗数を誇るコンビニについて書きたいと思います。

そう、日本人にもお馴染みのコンビニ「セブンイレブン」です!

タイのセブンイレブンは、観光客にも魅力的な場所。その魅力を少しでもお伝えできたらと思います。


航空券の支払いもできる!タイのセブンイレブンがすごい

タイ国内で圧倒的に店舗数が多いコンビニがセブンイレブン。その数なんと9,788店舗(2017年3月末時点)で、日本に次いで世界第2位となっています。

空港内でも、ホテル周辺でも、どこを歩いていても目に入ってくるセブンイレブンでは、 実は航空券の支払いまでできるんです!(※航空会社によって異なります。)

私はチェンマイへ行くことを直前に決め、バンコクに着いてからチェンマイ行きのチケットを購入したのですが、タイのLCC「Thai Lion Air」ではタイ国内のセブンイレブンで現金支払いが可能でした!スマホの画面を店員さんに見せるだけでスムーズに購入できます。

他に「Air Asia」や「Nokair」などもセブンイレブンで航空券を購入することが可能。使用できるクレジットカードが限られていること、手数料がお高めということを考慮すると、現金で支払いができるのはありがたいですね。



セブンイレブンのガパオライスが絶品!

タイのセブンイレブンのお惣菜コーナーには、タイ料理のお弁当がずらりと並びます。

1つ30バーツ(=約96円)程度のものもあり、屋台で買うのと変わらない値段!日本と同じように電子レンジで温めてもらえるので、そのままホテルに帰って食べることができます。

私のお気に入りはガパオライスです。日本で食べるものと比べると辛いですが、やみつきになる美味しさ!

ガパオライスってどこで食べても美味しいじゃん!と言われそうですが、タイのセブンイレブンのガパオライスは本当に美味しいのでぜひ食べてみてください!



節約旅の助っ人!飲み物とあんパンが激安

タイでは節約旅をするバックパッカーも多いかと思いますが、いくら節約旅と言えど、暑いタイでは充分な水分補給が欠かせません。

そんなときに頼りになるのがセブンイレブン。
ペットボトルの水が7バーツ(=約23円)、上の写真のジュースでも20バーツ(=約64円)で手に入ります。セルフ式のドリンクサーバーもお得です!

また、あんパンが10バーツ(=約32円)と激安!
他の種類のパンはそれほど安くはありませんでしたが、何故かあんパンだけは驚くほど安い...。朝食無しの宿に泊まるときに良いですね。



お土産購入にもおすすめ◎

お土産を買う時間が無かった!というときには、ホテル近くや空港内のセブンイレブンで買うのがおすすめ。

例えば、タイの嗅ぎ薬「ヤードム」や、タイビール、タイのお菓子、トムヤムクン風味のインスタントヌードルなど、配りやすいタイ土産を手っ取り早く購入することができます。

時間が限られている短期旅行者の味方!



以上、タイのセブンイレブンの魅力を語ってみました。

日本で見慣れているコンビニですが、売っているものやサービス、値段が全く違い、覗いてみるだけでも面白いかと思います。現地の方の生活に欠かせない存在となっているセブンイレブン、タイへ行ったらぜひ足を運んでみてください!


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり