search

close
2017-05-23

香港のオープントップバスが楽しい!人力車観光バスに乗って、夜の香港を観光してみた

先日の香港旅行で、「人力車観光バス」に乗って観光してみました。人力車観光バスとは、香港島を拠点に営業しているバス会社が運営する、香港のオープントップバスです。

今回は、人力車観光バスの魅力をご紹介したいと思います。

1. 他のツアーバスより安い!

路線バスとして使うにはややお高めですが、ツアーバスとしては他の会社より断然安い!
Wan Chai(湾仔)やCauseWay Bay(銅鑼湾)を中心に片道大人一人33香港ドル(=約468円)、1日乗り放題だと一人あたり200香港ドル(=約2840円)で乗車でき、他のツアーバスよりお手頃価格です。※2017.05.15現在

区間内どこからでも乗ることができて、現金でもオクトパスカードでも乗車できます。現金の場合はお釣りが出ないのでご注意ください。

バスの2階席はこんな感じです。
この日は平日ということもあり、今回乗車している観光客は他に2組だけで空いていました。


2. 香港・九龍の主要観光スポットを巡ることができる

合計27箇所もの主要観光スポットを巡る人力車観光バスは、昼と夜で違うルートを通ります。
今回私は夜に乗車しました。乗り場はCentral(中環 スターフェリー)からCauseWay Bay(銅鑼湾)ショッピングエリア・百徳新街まで、どこからでも乗ることが可能。九龍島と香港島を結ぶ海底トンネルを走ってくれるので、水上船で渡る時とは違った景色が楽しめます。

気になった場所でバスを降りて観光しても良いですし、屋根が無いのでバスに乗ったまま景色を眺めるのも気持ち良いです!

夜は、混雑にうんざりすることなく香港の夜景も楽しむことができます。香港島はビジネス街なので、高層ビルが多く夜はネオンが綺麗です。

International Finance Centreの夜の顔。摩天楼のようでした。


3. スリル満点!?アトラクション感覚で楽しめる

発車時はゆっくりとしたスピードですが、しばらくするとバスはどんどんスピードを上げて走り、ちょっとしたアトラクション気分を味わえます。

海底トンネルへ入るところ。天井が結構近くて驚きました!
トンネルの中はガソリン臭がすごいのでマスクがあれば付けると良いかもしれません。

道路に飛び出した木々や看板の下を通ります。手を伸ばせばすぐに届きそうな距離なので、乗車時には注意が必要です。私は油断していたので、走行中にヤシの木の実が頭にぶつかりました(笑)

ジェットコースターのようなスリルを味わいたい方はぜひ、2階の前列に座ってみてください!


お手頃な値段でオープントップバスに乗れるので、観光気分を十分に楽しめました。
香港を訪れた際に利用してみてはいかがでしょうか?

>>人力車観光バス ホームページ

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり