search

close

以前から行きたいな~と思っていた、ビールづくり体験。水曜と土曜にしか開催されていないこともあり、抽選の倍率が7倍とのことで、ダメもとで応募したところ、なんと!当選!!
ということで、キリンビール横浜工場のビールづくり体験教室へ行ってきました。

生麦駅から徒歩10分!

生麦駅?とあまり耳にしたことがない駅名ですが、京浜急行線上の駅です。
駅からはちょっと歩きますが、10分ほどで着きます。
KIRINの大きな看板と、広い敷地。

レストランもあり、工場見学ツアーもできます。
なお、工場見学ツアーは予約が必要ですが、無料!なのに、ビールが3杯も試飲できます!後ほど紹介もしますが、かなり楽しめます!

 

まずは、作るビール選びとお勉強。

会場に入り、受付をします。
ビールづくり体験教室は、4〜6人で参加可能で、費用は¥20,000です。私たちは4人で参加したため、¥5,000/人でした。受付が済むと、5種類からビールを選択します。

講師の方?がどのビールがどういった味わいかを丁寧に説明してくれます。私たちは、隣のチームの方がおいしいよ!と勧めてくれた「ボックタイプ」にしました。そのあとは、ビールがどうやって作られているか、どういった種類があるのかをお勉強します。

きました!ビールづくり!

休憩をはさみ、移動してビールづくり開始です。まずは、用意されているエプロンを身に着けます。なので、基本的に汚れることはないですし、持ち物は特にありません。

各グループに担当者がついてくれます。私たちのグループを担当してくれた方は、とても面白い方でしたw
基本的に混ぜる作業が多いため、混ぜている間にビールの歴史やビールの工程の説明、担当者の方がどのような仕事をされているかを話してくれます。

 

お湯に麦芽を入れて、混ぜて、混ぜて、煮て、味見!
味見、ちょくちょくしますw

最初のうちは苦みがなく、甘いんです。なんと糖度21度越えの、メロンをはるかに上回る甘さ。

作るビールの種類によって、工程や麦芽のブレンド方法が違うそうなのですが、全種の麦芽を1粒ずつ味見できます。お菓子みたいな味でした。

 

最後の煮る工程で、ホップ添加式があります。ホップは、錠剤のような形になっているものを現在は使用しているそうですが、アロマな香りがします。

そのあとは時間をかけてろ過作業なので、ここでランチタイムです。

ボリューミーなランチと工場見学ツアー

ランチもすべて体験教室の費用に含まれています。
お肉かお魚、パンかライスか選べます。飲み物も選べる上、食後のコーヒー、デザートもいただけます。

ボリューミーで、しかもおいしい!
そして、デザートがすごくうれしいw

ランチタイムは、ちょっと短めの50分ほどですが、この後は、工場見学ツアーです。プロジェクションマッピングなどを使った歴史の説明や、ビールの作られ方の実際の工場を使った映像説明。

子供たちがたくさん見学ツアーに参加されるそうですが、これは、飽きないだろうなという仕掛けがいっぱいあります。

手をしずく型にするとできる酵母たちを使って、ビールを作る過程でどのようなことがおきているのかなど、楽しく学べるので、工場見学ツアーだけでも、また行きたいと思いました。

 

さて、ビールづくりに戻ります

戻ると、担当者の方が少し進めてくれています。
ろ過したビールをまた、煮詰めて、糖度を測り、ちょうどいい糖度になるように調整します。
これは、ビールを少量冷たくしてみて糖度を測っているところ。

調整が終わったら、あとは、ひたすら冷やす!

冷やしたビールに酵母を加えて、ビールづくりは終了です。このときには甘さは少なく、まさにビールの味でした。あとの工程は、担当者の方が発送されるまでの間、丁寧に行ってくれるそうなので、期待して待つのみ。

乾杯と認定書授与式!

ビールづくり体験のあとも、ビールが無料で3杯試飲できます!一番搾り、一番搾りSTOUT、横浜づくりの3種類がありますが、飲めない方はソフトドリンクもあります。

あとは、認定書授与式!
グループを担当してくれた方からはがきサイズの写真入り認定書をいただきました!!すごくうれしかったので、家で写真立てに入れて、飾りましたw

作ったビールはオリジナルラベルが貼られて、瓶20本が6週間後に届きます。グループで20本なので、みんなでBBQするときなど持っていったら盛り上がりそうです!

ビールづくりは抽選ですが、毎年来られている方もいるようなので、当たる可能性大です!ビールづくりの抽選に漏れてしまっても、工場見学ツアーだけでもかなり楽しいので、ぜひキリンビール横浜工場へ行ってみてください!

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり