search

close

今回はittaライターの旅のしおりから、例年4月ごろに見頃を迎える「花の絶景スポット」をピックアップ! 気になる場所があれば写真下のリンクから、実際にその地を訪れたittaライターの声もチェックしてみてください。


※新型コロナウイルスの影響により、イベントは内容変更や中止の可能性がございます。お出かけの際は公式サイト等で最新情報をご確認ください。



権現堂堤(埼玉)

写真:「穴場情報あり! 埼玉県のオススメお花見スポット7選」(ライター:YUKIKO TAKEI)より

埼玉県幸手市の「権現堂堤」は、県内でも特に人気の高いお花見スポット。約1km続く桜並木と広大な菜の花畑の、春らしいコラボレーションが楽しめます。例年の見頃は3月下旬~4月上旬。毎年この時期には「幸手桜まつり」が開催されています(※2021年は中止)。



あしかがフラワーパーク(栃木)

写真:「GWの日帰り旅行にぴったり!あしかがフラワーパークの『ふじのはな物語』を見に行こう」(ライター:かずのこ)

多種多様な花が咲き乱れる“花の楽園”、栃木県の「あしかがフラワーパーク」では、4月から5月にかけて「ふじのはな物語〜大藤まつり〜」が開催されます。淡い色の藤が垂れ下がるようすはとても幻想的で、CNNの “世界の夢の旅行先10カ所” に選出されたことも。園内の藤は、うす紅、紫、白、黄色、の順に花を咲かせ、約1ヶ月の間さまざまな色の藤棚を楽しむことができます。



わたらせ渓谷鐵道 神戸駅(群馬)

写真:「【群馬県】心躍る!春の『わ鐵』花の駅へ」(ライター:YUKIKO TAKEI)より

わたらせ渓谷鐵道の「神戸(ごうど)駅」は、約300本の花桃に囲まれた「花桃の名所」。例年4月上旬ごろに見頃を迎え、色鮮やかな花桃のトンネルが楽しめますよ。毎年、見頃に合わせて「神戸駅花桃まつり」が開催されています(※2021年は中止)。



昭和記念公園(東京)

写真:「今が見頃! 242品種22万球のチューリップが満開の『国営昭和記念公園』へ急ごう!」(ライター:Bremen)より

「国営昭和記念公園」では毎年3月〜5月ごろに「フラワーフェスティバル」が開催され、桜、チューリップ、シャーレーポピーなど、春の開花リレーが楽しめます。4月ごろに見頃を迎えるのはチューリップ。渓流沿いのチューリップガーデンがカラフルな花々で覆われ、ワクワクする光景が広がります。



塩船観音寺(東京)

写真:「つつじの絶景が楽しめる! 青梅『塩船観音つつじまつり』へ急ごう!」(ライター:Bremen)より

東京都青梅市の「塩船観音寺」は、東京屈指のつつじの名所。境内を見下ろす摺り鉢状のつつじ園に植えられた約15種2万本のつつじは、例年4月中旬〜5月上旬に見頃を迎えます。ぐるりと本堂を包み込むように、カラフルなつつじが咲く光景は圧巻!



ittaライターの旅のしおりから、例年4月ごろに見頃を迎える関東の「花の絶景スポット」をピックアップしました。春のお出かけの参考にしてみてください。

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり