search

close

2月も半ばを過ぎると、空気の中に少しずつ春の気配が漂ってくるのを感じます。

梅の花が咲き始めると、春がすぐそこまでやってきている感じがしてウキウキしませんか?

群馬県の「秋間梅林」では、まだ肌寒い3月上旬に梅の花が見頃を迎えます。

紅白の梅の花を観賞して、一足早く春気分を満喫しちゃいましょう!



秋間梅林って?

「秋間梅林」は、群馬県南西部の安中市にあります。

高崎市の榛名(はるな)梅林・箕郷(みさと)梅林と共に「ぐんま三大梅林」のひとつとして知られる秋間梅林には、50ヘクタール(東京ドーム約11個分)の丘陵地に約3万5000本もの梅の木があり、2月下旬から3月下旬にかけて紅白の梅の花が咲き誇ります。

例年、梅の花が咲く時期には「秋間梅林祭り」が開催され、たくさんの観光客で賑わいます。



遊歩道を散策しつつ山頂広場へ

駐車場から山頂広場までは歩きやすい遊歩道が完備されています。

遊歩道わきにも梅の花がきれいに咲いていて、春めいた景色を楽しみつつ散策できますよ。

山頂といっても標高390mほどの丘陵地なので、軽いハイキング気分でのんびりと歩けます。



梅の花が一面に咲く山頂広場

秋間梅林の山頂広場には、圧巻の梅林が広がっています。

梅林の奥には日本三大奇勝の妙義山や浅間山をはじめとする山々も見渡すことができ、青空と山の緑、そして梅の花のピンク色の、3色のコラボレーションを楽しめます。


梅の花は控えめな風情で和風な魅力を感じます。
わびさび感。

秋間梅林には紅白の梅の花の他、濃いピンクの花を咲かせる種類や八重咲の花など様々な品種がそろい、見飽きることがありません。



秋間梅林祭りの見どころ

例年2月下旬から3月下旬にかけて開催される「秋間梅林祭り」では、週末を中心にいも煮会や地元の物産展が開かれ、梅の花と共に美味しい食事も楽しめます。


今年2021年は、新型コロナウイルスの影響で開花祭もお祭りも残念ながら全て中止となってしまいました。

来年以降、また開催されることを楽しみに待ちたいですね!

催事は中止となりますが、秋間梅林は3月下旬まで開園しているとのことです。



アクセス

最後に、秋間梅林へのアクセス方法をご紹介します。

公共交通機関をご利用の場合は、信越本線の安中駅からバスで約20分、「恵宝沢」バス停より徒歩約7分となります。

お車をご利用の場合は、上信越道松井田妙義ICより約15分、駐車場も完備されています。



まとめ

梅の花が咲くと周囲にフワッと甘い香りが漂い、なんとなく幸せな気分になります。

ワタシが訪れたのは昨年の3月半ばで、梅の花は全盛期を少し過ぎたかんじでした。

秋間梅林は敷地が広く、観光客が多くてもそれほど密にならないところもおすすめポイントです。

なかなかお出かけしづらい世の中ですが、早春の訪れを告げる梅の花を観賞し、リフレッシュしてみてはいかがでしょうか。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり