search

close

東京国立博物館の裏手にあるお寺。
博物館を見てから裏手にぐるりと回っていくと大きな霊園があります。途中には立派な門があり、それを過ぎていくと着きます。


通り過ぎて行った門は代々の徳川将軍の墓の入り口の門です。しかし一般の立ち入りはできないので、その入り口を眺めるのみです。昔は廟所がそれぞれ建っていたそうですが、空襲により燃えてなくなってしまったそうです。

堂内は時間内でしたら入ることができます。静かな堂内でゆっくり仏像を鑑賞していくことができます。国立博物館で得た仏像の知識があると見方が変わるので、博物館の後に行くと面白いです。



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり