search

close

スタダイスは、マレーシアのマラッカの旧市街中心部にオランダ人が建造した建物です。スタダイスは、オランダ語で議事堂、市役所を意味しています。1641年にポルトガルからマラッカの支配権を奪いとったオランダが1650年に建築し、18世紀まで行政を指揮する役所、統括責任者の官邸として利用されていました。

赤色で分厚い壁、重厚な梁、大きな扉や窓に加え、地下に張り巡らされた下水道設備などは、当時のオランダの建築技術のレベルを立証しているかのようです。


現在は博物館として一般公開されており、マレーシアの歴史を物語る様々な資料が展示されています。スタダイスを中心とした広場は、スタダイス広場あるいはオランダ広場と呼ばれ、マラッカを代表する観光スポットとなっています。



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり