search

close

マーライオン・パークは、シンガポールの伝説の動物マーライオンの像が設置されているシンガポール川の河口にある公園です。像は1972年に作られました。フレーザー・ブルーナーのデザインを基に、彫刻家リム・ナン・センが制作しました。高さ約8メートル、重さ約70トンで、上半身はライオン、下半身は魚というユニークな容姿をしています。


真白な像の口からは海に向かって水を勢いよく噴き出ています。湾の先に見える55階建ての統合型リゾート、マリーナベイ・サンズと魅力的な構図を作り出しています。波打ち際に沿って長い桟橋があり、いつも記念撮影する人々で賑わっています。



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり